ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】絶倫おじさんたちと!初めての新宿24で精液塗れになった俺

【ゲイ】絶倫おじさんたちと!初めての新宿24で精液塗れになった俺

ケツマン、クチマンに何発も

埼玉県在住のレオさんからの投稿。ある日、出会い系で知り合ったタチの方と会う約束をしていたが、ドタキャンされてしまったという投稿者。ムラムラした気分のまま帰れるはずもなく近くの新宿24に行ってみたんだとか・・・・・・
ゲイの乱交パーティー
東京寄りの埼玉に住んでいる大学生です。

その日はタチの人と会う約束をしていたのですが、急用が入ったとの事で、お流れになってしまいました。

かなり溜まっていたのと近くだったこともあり、初めて新宿の24に行きました。平日の夕方にも関わらずそこそこ人が居て、興奮しっぱなしでした。

最初にサウナに行くと、すぐに数人のおじさんに身体中を触られはじめました。最初は緊張したいたのですが、おじさん達に乳首をつねられ、チンポをしゃぶっているうちに興奮が勝りました。

それに気づいたのか、一人のおじさんが俺のケツ穴を指で責めだし、「アッ ソコッ アッ」と喘いでしまいました。

そのまま挿入してくれるかと思ったのですが、おじさん達にドマゾの変態大学生だと見抜かれてしまい、デカケツをいやらしく振りながら挿入許可を求めるよう命令されました。

俺が躊躇すると、おじさんは俺のケツを思いっきり叩きはじめ、俺はそれで完全にスイッチが入ってしまいました。

「俺はケツマンをデカチンでガン掘りしてもらうのが大好きな変態ドマゾ大学生です。どうか俺のデカケツにチンポをぶち込んでください」と宣言しました。

すると最初にケツマンをいじってくれたおじさんがチンポを入れて下さり、ガン掘りされながら他のおじさんのチンポをしゃぶったり、乳首を責められつづけました。おじさん達の性欲は凄まじく、何度も口とケツマンに漢らしい精液を出してくれました。

しばらくしておじさん達は満足したのか、精液まみれの俺を残して出ていきました。俺はしばらく余韻に浸ったあとサウナを出ました。

その後は暗い部屋で寝るなどしたのですが、何人かの人にチンポをいじられるだけで終わってしまいました。

今もあの時の快感が忘れられず、ケツマンをほじっています。今週辺り、また行こうかと思っています。

 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。