ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】2人きり!銭湯の仕舞い風呂でシャワ浣からの失神ファック

【ゲイ】2人きり!銭湯の仕舞い風呂でシャワ浣からの失神ファック

中出し痙攣失神

都内の大学に通っていたというオナペットさんからの投稿。女の子のようなルックスの投稿者が銭湯に行った時のこと、バブル風呂でイケメン社会人さんにナンパされて・・・・・
発展銭湯
コウちゃんは私の手を握ってシャワーブースに連れて行こうとした時に、番台に座っていたオジサンが『浩一君、もう鍵掛けたから後は浴室の明かりと、泡風呂だけだからよろしくな‥‥その子は?』と。

『僕の弟です』って言われて「こんばんは」と返しました。

『そうかい、お兄ちゃんには孫の勉強見てもらってるんだよ。 浩一君、後はよろしくね』そう言って番台の明かりを消して非常灯だけになりました。浴室は壁の丸い電灯が二つだけで、泡風呂はまだ出ています。

オジサンが居なくなって私達二人っきりに‥‥

少し薄暗くなったシャワーブースの中に入って、コウちゃんはひざまづいて、私のオチンポを握って皮をゆっくり剥いたんです。ゆっくり剥いては戻してまた剥いて‥‥

そしてもう片手でタマタマを持ち上げて撫で廻しながら『ミヤビちゃんの金玉‥‥大きいね~まだまだたっぷり溜まってるんだねッほらぁ妖しく上下に蠢いてるよ~』

ゆっくり私のオチンポの皮を剥き戻しを繰り返していると、先汁が溢れ出て亀頭がヌルヌルになっネチャッネチャ‥‥ってエッチな音がしています。

「はぁはぁはぁはぁはぁはぁッ‥‥コウちゃん‥‥エッチねッもう、もう立ってられないのッ‥‥はぁはぁはぁぁぁぁぁ~ッ」

『ミヤビちゃん‥‥もうヌチャヌチャだよッ‥‥エッチだなぁ~』そう言ってコウちゃんは私のオチンポに唇を当てて、ゆっくりと亀頭を口の中に含んで行きました。

チュボッチュボッチュボッ‥‥チャプッチャプッチャプッハ‥‥チュパッチュパッチュパッ‥‥「はあはあはあはあはあはあはあはあ‥‥あぁぁぁ~コウちゃんッ」コウちゃんのオチンポもフル勃起しちゃって亀頭がビンビンになってオヘソの上の両乳首の間の少し下にまで達して、先汁が溢れ出てヌルヌルになっています。

「はあはあはあはあ‥‥あぁぁぁッあぁぁッ‥‥コウちゃん、コウちゃんのオチンポも凄~い」するとコウちゃんは立ち上がって、私の亀頭にコウちゃんの亀頭を当てて擦り合わせているんです。お互いに溢れ出ている先汁がヌチャヌチャヌチャってエッチな音を立てて、少し離すと糸を引いていますなんてワイセツなんでしょう。

するとコウちゃんは私の顔を見つめて『ミヤビちゃん‥‥キレイだよッ‥‥キスして良いかい‥‥』そう言ってザーメンのツブツブがたくさんお互いに付着している身体を抱きしめて、私の唇にコウちゃんの唇が合わせられて、舌が私の口の中に入って来て‥‥その間もコウちゃんは私のオチンポの亀頭にコウちゃんの亀頭を擦り合わせているんです。

そして亀頭の裏筋をぴったり合わせて、コウちゃんの大きな手のひらで合わさった亀頭二つを握ってシゴキ始めたんです。

私の口の中にコウちゃんの舌が入って、私の舌を舐め廻しています。そしてコウちゃんは私の舌を舐めシャブリ吸いまくっているんです。

「うぐぐぐぅぅぅ~んうぐぐぐぅぅぅ~ん、ふぐぅぅぅぅッふぅふぅふぅふぅふぅふぅ‥‥ふぐぅぅぅぅッふぅふぅふぅふぅふぅッ‥‥ふぐぅぅぅぅッふぐぅぅぅぅッふぅぅぅぅぅ~ッ」

ビュルルルルルッビュルルルルルッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ‥‥

『ふぅッふぅッふぐぅぅぅぅッふぐぅぅぅぅッふぐぅぅぅぅッ‥‥ふぅぅぅぅぅぅ~ッ』

ビュビュビュビュビュッビュビュビュビュビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッビュルルルルルッビュルルルルルッビュルルルルルッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ‥‥

私達はほぼ同時に2発目のザーメンを噴き出して顎の所までもザーメンが飛び散って、身体中はもちろんお互いの亀頭がザーメンまみれになってドロッドロでした。

『はぁはぁはぁはぁはぁ‥‥ミヤビちゃん凄いよッ‥‥堪らなくエッチだよッ‥‥はぁはぁはぁはぁはぁ‥‥』

「こ、コウちゃん‥‥はぁはぁはぁはぁはぁはぁッ‥‥あぁぁぁ~堪らないわ~‥‥私、コウちゃんのオチンポ‥‥しゃぶらせて~」

私は膝立ちになって、まだビクンッビクンッってしなっているコウちゃんのザーメンまみれのオチンポを、ゆっくり私の唇で挟んで亀頭をしゃぶり始めたんです。まるでソフトクリームのようにザーメンがコーティングされた亀頭を、ゆっくりねっとりチュパッチュパッチュパッ‥‥って舐めシャブリ吸いまくって味わっていました。

コウちゃんのオチンポはまったく萎えずに、再びビンビンに固くなって行きました。そして私の口の中には物凄くネバネバのザーメンが、糸を引いて上顎や喉や舌に絡み付いているんです。

私のお掃除フェラチオが終わると、今度はコウちゃんが私のオチンポのザーメンを舐めシャブリ吸って、お掃除フェラチオをしてくれて、そのあまりにも凄いフェラチオテクニックから私は3発目をザーメンを「はあはあはあはあはあはあ‥‥あぁぁッ‥‥はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁぁ~ッコウちゃんッコウちゃんッまた、またイッちゃうの~イッちゃうイッちゃうイッちゃう~はぁぁぁぁッ出ちゃう~はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁ~ッ出る出る出る出る出る~あぁぁッ」

ドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッ‥‥

「はぅッはぅッ‥‥はぁはぁはぁはぁぁぁぁぁ~ッ‥‥コウちゃん」

そしてようやくザーメン射精で火照った身体をシャワーで洗い流して、身体中の付着しているザーメンもボディSOAPで洗い流したんです。

するとコウちゃんは、シャワーのヘッドを何やら回して調整して、お湯がウォシュレットのように一本に絞られて、圧力を調整して本当にウォシュレットのようになったんです。その温水をコウちゃんは肛門を開いて自分で肛門の周りや中を洗っているんです。

「コウちゃん‥‥もしかして‥‥」

『そうだよッ‥‥ミヤビちゃんだけなら‥‥ダメかなぁ?ッ‥‥本当はミヤビちゃんの中にも挿入したいけど、僕のはちょっと大き過ぎて痛いよねッ‥‥だからさ~』

「コウちゃん‥‥私は大丈夫よッ‥‥私、アナルは軟らかくて凄く拡がるから~‥‥コウちゃんのオチンポ私の中に入れて欲しいのよッ」

『ミヤビちゃん‥‥良いのかいッ』

「お願いよッ」

コウちゃんからシャワーを受け取って、私のアナルの中を洗浄しちゃったんです。そしてコウちゃんが持っていたスキンミルクローションを、私のアナルの中に指で塗り込んで肛門をコウちゃんから揉み解してもらったんです。

コウちゃんの亀頭や竿にもスキンミルクローションをたっぷり塗って、ゆっくり私のアナルに亀頭を当てて滑り込ませるように、コウちゃんの大きな亀頭が挿入されて行ったんです。

私の前立腺にコウちゃんの亀頭が当たるのを感じて、少し押し込んでもらうとカリ首が前立腺を擦り当てて‥‥

「はぁぁぁッあぁあぁあぁぁぁぁ~ッいいわ~」

『ミヤビちゃんッここ、ここが良いんだね~』

「はぁはぁはぁぁぁぁッそ、そうよ~ここよッ‥‥あぁあぁあぁあぁぁぁぁ~ッ」

コウちゃんはゆっくり前後に腰を動かして、私の前立腺にカリ首が当たりまくって撫で擦りまくられていました。

ビュビュビュビュビュッビュビュビュビュビュッ‥‥ザーメンがトコロテンのように私の亀頭から滴り垂れています。

そして‥‥

『はあはあはあはあはあはあ‥‥あぁぁッあぁあぁあぁぁぁぁ~ッミヤビちゃん‥‥イッちゃうよッ‥‥はぁはぁはぁはぁッ‥‥あぁぁぁ~イッちゃうイッちゃうイッちゃう~イクイクイクイクイクイク~‥‥あぁぁッ』

ビュルルルルルッビュルルルルルッビュルルルルルッ‥‥私の腸内にコウちゃんの温かいザーメンが噴き出しているのを感じながら、私は身体中を痙攣させて失神しちゃっていました。

しばらくして私はコウちゃんの太腿に膝枕されていました。私のアナルからは物凄く大量のザーメンが溢れ出ていたんです。

そしてコウちゃんの亀頭にも射精されたザーメンが溢れ出て滴り垂れていました。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントは4件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    あぁあぁあぁあぁぁぁぁぁ~ッ💕‥‥イッちゃうイッちゃうイッちゃう~❤️イクイクイクイクイクイク~❤️はぁはぁはぁぁぁぁ~ッ💕‥‥‥‥‥‥‥‥あぁぁぁぁぁ~❤️イッちゃったぁ~❤️こんな時間に読んじゃって、妄想オナニーしちゃったよ~❤️
    あぁぁぁぁぁ~ッ💕掘られたいわ~❤️

    • ゲイの名無しさん より:

      凄い❗️大きなチンポを挿入されて、前立腺擦られまくったら、トコロテンしちゃうわよね❗️
      突き込まれながら、チンポからダラダラ精液を垂れ流しにされて、中出し射精でアナルの中に精液を出される感覚を知ってしまうと、もう後戻りできない体になってしまいますよね。
      私もチンポが欲しい、アナルに精液を注ぎ込まれながら、トコロテンしたい❗️

      • ゲイの名無しさん より:

        ペニクリオチンポで掘ってあげたい❤️
        トコロテン射精するオチンポを、もう何年も生見してないわ。
        私はお相手を仰向けにして、正常位でケツマンコファックしちゃうのよねッ💕
        私のペニクリオチンポは、少し上向きに反っているのよッ💕 だから前立腺に私の亀頭ちゃんのカリ首がモロ擦りしちゃうのよッ💕
        以前の可愛いお相手の美少年君は●校生だったから、ザーメンの量も凄くてロングタイムのトコロテン噴水射精をしちゃっていたわッ💕
        今は淋しいオナホと乳首オナニーマシンUFOで慰めてるわッ💕
        セフレだった美少年君が大学進学でお別れしちゃって‥‥淋しさをまぎらす為に行ったサウナで、私は狙われて7人の男達から輪姦されちゃったのよッ💕 それ以来サウナは怖くて行けないわ❗ 誰かに優しく癒されたいのッ💕 私のペニクリザーメンも溜まりまくっているのよッ💕
        私のケツマンコも掘って欲しいわ~❤️

  2. ラガーマン好き より:

    私が高1の時でした。深夜電力温水器のモーターが故障して、お湯が出なくなって私は塾の帰り道に、夜9時半迄の銭湯に行く事になったんです。番台のお爺さんが『ボク、今は三人の大学生が入ってるけど、看板の電気とこっち半分消すから、大学生の兄ちゃん達より先に出るなら、ドアのボタンを押してから閉めてくれよ。ボクが後から出るなら、同じようにして、この内側のブザーを押してから帰ってくれよ。頼んだよ』そう言ってお爺さんは番台から居なくなりました。
    風呂場に入ると大学生の三人組がシャワーブースの中ではしゃいでいました。私は急いで頭から身体中を洗って薬湯に入ったんです♨️。なぜ急いだかというと、私は仮性包茎のオチンポだったからです。ちょっと女の子っぽい体つきだった事もあって、学校でもからかわれて体育の時間前に着替えていると、無理やりキスされたり乳首を舐めシャブリ吸われたり、体操シャツを被る時にトランクスを下げられ、オチンポを握り搾られたりしていました。
    大学生の三人組がシャワーブースから出て来て、バブル風呂に並んで入っていると私の方を見て、なにやらひそひそ話をしていました。大学生の三人のオチンポは亀頭が露になっていて、それなりに大きなオチンポで、みんな体格が良くて腹筋が割れていました。ひときわイケメンでガッチリしたマッチョな大学生が『ボク、何で薬湯なんかに入ってるんだよ。お爺さんかい?‥‥バブル風呂に一緒に入ろうよ🎵』何か私から行かないと、こちらに来そうだったので、私は薬湯からあがって、女の子のような体つきを晒しながらバブル風呂に入ったんです❤️ すると大学生の三人組は私を囲むように入って尻を底に付けています。私はバブルの真ん中にいて、タマタマや竿が泡でブクブク‥‥って湧き上がるからブルブル揺れているんです❤️私の女の子のように膨らみのある乳輪を、チラッって見た大学生の一人が私の傍にピッタリくっついて、私のオチンポと金玉がブルブル揺れているの見ながら、視線は私の乳輪と乳首に釘付けになっていました❤️『青年💕‥‥いや青少年かな‥‥見かけない顔だけど、銭湯は初めてかな?‥‥』「は、はい。‥‥家のお風呂が故障して‥‥」『そうかぁ。たまには銭湯も良いだろう❗俺達は大学のラグビー部なんだよッ💕君は何かスポーツやってるのかな?』「いいえ‥‥特に何も‥‥」『ダメだよッ💕若い内に鍛えなきゃ🎵ほらぁ、俺の腹筋と胸と腕‥‥触ってみてよ🎵』私が傍の大学生の腕を触って胸の筋肉の凄さに驚いて、大学生のお兄さんに私の手を腹筋に誘われると、本当に6パックに割れていました。その時でした‥‥私の手にお兄さんのフル勃起していたオチンポがビクッビクッビクッ‥‥って当たって来たんです❤️私は手で払い退けようとすると、他の二人から羽交い締めにされて、一人のお兄さんが浴槽の淵に私を太腿に乗せて、他の二人が私の乳輪と乳首とを舐めシャブリ吸いまくって来たんです❤️私を太腿に乗せているお兄さんのオチンポが私の金玉に、お兄さんの亀頭がピッタリ当たっていました❤️そして私の仮性包茎のオチンポの皮を剥かれて、他の二人のお兄さんが代わる代わるに私の剥かれた亀頭をフェラチオしちゃっているんです❤️羽交い締めしたお兄さんが今度は私の乳輪と乳首を指で撫で擦りまくっていました❤️私は今まで経験した事のない恍惚感と快感で、オチンポがフル勃起しちゃって先汁が溢れ出て、二人のお兄さんから舐めシャブリ吸われています❤️乳輪と乳首を撫で擦りまくられて、包茎オチンポの剥かれた敏感過ぎる亀頭を二人からフェラチオされて、もう私は物凄い絶頂に向かっていました❤️『はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁ~ッ💕ダメ~❤️ダメよ~ッ💕イッちゃう~❤️イッちゃうイッちゃう~❤️イクイクイクイクイクイク~❤️‥‥あぁぁぁッ💕あぁあぁあぁあぁぁぁぁッ💕‥‥はぅッ💕』ビュビュビュビュビュッ💕ビュビュビュビュビュッ💕ビュルルルルルッ💕ビュルルルルルッ💕‥‥ドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ💕‥‥ドロッドロッドロッドロッドロッ💕‥‥❤️物凄く大量なザーメンが二人のお兄さんの顔中に飛び散りながら、バブル風呂の中に射精されちゃって‥‥❤️粉雪のように💕糸ミミズのように💕‥‥舞い散っていました❤️そして二人のお兄さんは自らオチンポをシゴキまくって、私のオチンポや身体中にぶっかけちゃったんです❤️ 私を羽交い締めにしていたお兄さんは、私を抱え出して風呂場の床に寝かせて、お兄さんのオチンポと私のオチンポとの亀頭の裏筋を合わせ握って、ヌチャヌチャヌチャ💕ネチョネチョネチョ💕‥‥って二つの亀頭を握って兜合わせをしちゃって、私はお兄さんのオチンポから物凄い勢いで射精されたザーメンが、顔中から身体中にぶっかけられてドロッドロになっていました❤️そしてそのお兄さんは私のオチンポの亀頭をフェラチオしてバキュームしちゃって、2発目のザーメンを吸い搾り抜いたんです❤️ 仕舞い湯は若いゲイの男性が多いって、後から聞いたんです❤️【諸説あります❤️】

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。