ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】メガネのハゲ上司に背後から抱きつかれた僕の末路

【ゲイ】メガネのハゲ上司に背後から抱きつかれた僕の末路

首筋舐めながら扱かれて・・・

鳥取県在住のふさんからの投稿。ある日、会社に居残り仕事をしていたという投稿者。そしてトイレに行ったところ、社内でも性格が悪いと評判の上司と一緒になったらしく・・・・・
背後からチンポ弄りされるリーマン
仕事場に好きな男の上司がいました。ハゲててメガネかけてガッチリしてました。口が臭かったです。その上司は性格が悪くて有名でした。

ある時にトイレで二人きりで小便をしていて、手を洗いに洗面台に行こうとしたら、その上司が「ここ入って」と大をするトイレにいきなり入らされました。

この時、時間が遅くて会社には人があまり居なかったです。

トイレの個室に入るやいなや上司が後ろから抱きついてきて、ズボンに手を入れてチンコを触ってきました。

耳元で「気持ちよくしてやるから、声出すなよ」と言ってきて、首筋なめながらチンコをシゴいてきました。

おかしくなりそうでした。

そして洋式トイレだったので、上司がそこに座って「舐めてみるか?」と言われて、チンコを出さたので舐めてしまいました。すごいイカ臭くて変な臭いがして余計に興奮しました。

そして上司の膝の上に乗り、チンコシゴかれながら耳を舐められてました。

そして自分が便座に座り、上司がお尻にツバをつけた二本指を入れてきました、すごいグリグリして来て「気持ちいいか?」と言われておかしくなりそうでした。

そして僕は上司にお尻向けて上司がお尻にチンコを入れてきました。

上司が「あー、気持ちいいっ」といい、はじめはゆっくり、段々腰を激しく振るようになりました。お尻の奥まで衝撃がきてヤラれてると思って興奮しました。その時はすごいエロい臭いが漂ってました。

そして1時間くらいバコバコされてたら上司が、「イク〜」と言ってお尻の中に精子を出してきました、そしてお尻に指を入れて来て精子を掻き出してきました。

「今度はお前の番な」と言って、上司の膝の上に乗りツバをつけた手でチンコをシゴいてこられて、乳首舐めてきました。

あまりにも気持ちよくてすぐにイッてしまいました。

そして上司が「また気持ちよくしてやるからな」と行ってトイレから出て行かれました。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。