ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】ゲイ掲示板で知り合った大柄なデブ坊主さんとHした結果

【ゲイ】ゲイ掲示板で知り合った大柄なデブ坊主さんとHした結果

何か違和感を感じてて・・・

都内在住の匠さんからの投稿。ある日、無性に抜きたくなり某ゲイ掲示板でサクッとフェラ抜きしてくれる方を募集したという投稿者。そしてスーパーのトイレで30代の大柄な坊主さんと会うことになったのだが・・・・・
乳首責め+手コキ
自分はバイの既婚者です。

場違いな投稿ならすいません。

先月の話なのですが、仕事中に無性に抜きたくてたまらなくなり某ゲイ掲示板で
「溜まってます!サクッとクチ抜きしてくれる方いませんか?」と募集したところ
直ぐにメールがきて、、」近くのスーパーのトイレでならしゃぶりますよ。」と返事がきました。

時間もあり全然問題ないので二つ返事でお願いしました。

トイレに着き、指定の個室で待っていたら「コンコン」とノックが。

ゆっくりと開けるとサッと30後半位の大柄なデブっとした坊主頭の方が入ってきました。

大柄な人は大好きなので、「自分でも大丈夫ですか?」と尋ねると「めっちゃタイプです!時間あるなら場所変えてゆっくりとしゃぶりたいです!」

またもや二つ返事で近くのラブホと言うか昔で言う連れ込み部屋のような所に案内されました。

部屋に入るなり私は先に狭い共同風呂でシャワーを浴び、部屋に戻り素っ裸になり布団の上で彼がシャワーから帰るのを待ってました。

彼はTシャツとパンツで戻ってきました。かなりデブってて、一昔前の山下清を若くした感じでした。

横になった私の乳首を丁寧に舐め始めます!乳首はモロすぎるモロ感なので、すぐにスイッチが入り、悶えてしまいました。

時間をかけて乳首や全身を舐めてきます!そして私のペニを掴み、飲み込む様に咥えてきます。無茶苦茶上手くて、とろけそうな程舌やクチ全体がヌラヌラと絡みついてきます!最高のフェラです!頭を回転させながらヌラヌラと絡みつけズリズリとストロークしてます!

この時は気づかなかったのですが、私は何か違和感を感じてました。凄く柔らかくソフトなのに刺激が凄いんです。もうたまらなくなり、「気持ちいい!無理だ!イッていい?」返事も待たずに口の中にびゅるびゅると発射しました。

彼は何も言わず精液を全て受け止めて飲み込みました。

私は彼を寝かせて「今度は僕がしていい?」と聞くと「いいよ」と。

彼のTシャツを捲り上げると豊かな胸が!胸毛が多少生えてるが、乳首もデカくてめっちゃ好み!むしゃぶりつきました。

彼が低い声で喘ぎます。「乳首デカいね〜乳首感じるの?」と聞くと「凄く感じます!まれにイケる位」と。しかも丸くて無茶苦茶オッパイも柔らかい!乳首といい、柔らかさといいホルモンやってるのかなーと思いながら、もう無我夢中でしゃぶりました!

しゃぶりたくなってきて徐々に下がっていきパンツを少し下げてチンポだけをだしました。

毛が剛毛で太った方に良くある肉に入り込んでチンポが頭だけしか見えなくて、本当人差し指位の頭だけでした。少し残念に思いながらも咥えましたが、咥えると言うより、チュッパチャプスを唇だけでチュパチュパする感じでしかできません!でも何だか可愛くてチュパチュパしてました。

彼も「気持ちいい!あぁ!気持ちいい!」と喘ぎ、しばらく繰り返していると「ああ!イキそう!イッてもいいですか?!!」と言うので口に付けたまま「いいよ!」と言い強めに吸い上げました!

彼は軽く叫びながら、ガクガクとイキました!しかしチンポは何の変化もなくあれ?精液が出ない?

彼に「ドライイキした?ドライでイケるんだ!」と言うと「はい…いつもほとんどドライです」と。

「じゃあ何回でもイケるね!」と笑いかけると彼も照れくさそうにニコニコしながら「ハイ」と言ってました。

彼が「今度はまたボクが責める!」と言い私のチンポにしゃぶりつきました!またもやヌラヌラと柔らかいフェラが始まりました。

本当に凄く気持ちよく柔らかいなりにも、刺激は強く完全にツボでした!

ふと彼が「うわ〜またビンビン!長くてたまらない!僕はウケなんだけど入れていい?上で勝手に動くから!」と言い上に跨ってきました。かなり重量はあります!

「じゃあ勝手に乗って勝手に腰使ってごらん?チンポ貸したげるから」と言い彼のオッパイを掴み、感触を味わいながら揉んでいました。

彼が私のチンポを握り穴に当てがうと、ぬるん!と入りました。私のチンポをズルズルと飲み込んでいきます!柔らかくめちゃくちゃ気持ちいい!

彼は起き上がり腰を前後に揺らし始めます。かなりの重量です(笑

彼がかなり激しく腰を振り、私もあまりの気持ち良さに腰が動き始めます!

彼は「ヤバイ!いいっ!気持ちいい!当たる!当たる!」と喘ぎ出し、更に腰を打ちつけてきます。

彼が「あぁ!ダメだ!イクっ!またイクっ!」と腰の速度をあげガクガクとまたイキました。

だが私は腰を動かして突き上げます!「待って!待って!ああ!またイクっ!イグッーー!」と激しくガクガクとなり倒れこんできます!私に抱きついてビクビクとなってました。

股の方に違和感を感じて彼を起こすと腰の方までビッシャビシャで潮吹きをしてました!!

「あららオシッコもらしちゃったねw」と言うと「久しぶりだし、長いので突き上げるもんだから我慢出来なくて漏らしちゃった」とハァハァと言いながら照れ笑いしてました。

またゆっくりと亀頭を擦り付けるように腰を動かしてくる彼、そこで私はまたふとチンポに違和感を感じました。あまりにも中が絡みつく様に柔らかすぎるんです!

まさか!と思い彼に抱きつき押し倒す様に今度は私が上になり彼の股に顔を埋めました!

「ちょっ!待って!いや!待って!」彼が激しく抵抗します!私は無理矢理彼の股に入って顔を埋めていきます!!

何と!!目の前に毛むくじゃらではありますが、女性器があるではありませんか!!!

私はもう混乱です!えっ?なに?え?なんだ?

頭の整理がつかず「?」ばかりよぎります!え?オナベさんなのか!!?

やっと頭の整理がつき、彼に「オナベさんだったの?全然わからなかった!!」

彼が座り直して「ごめんなさい!ごめんなさい!」と繰り返します!

オナベなんですが、どうしてもチンポがほしくなる時があり、普通の出会い系で男性と会ってもいざという時に、坊主頭に髭や胸毛、そしてデブ…

やっぱり相手側が無理になってしまうらしく、全く事に至らない。ならゲイの方ならと、前回始めてゲイの出会い系を使ったそうで、オナベだと言ってその方と会ったらしいのですが、またいざという段になって相手がやはり女は無理…だとなってそう。んで今回はそれを隠していたそう。

フェラしながらでオナニーだけでも仕方ないし、上手くいけば勝手に上に乗れば解らないかも知れないと。

私はやっと全の違和感を納得した。オッパイの事、乳首の事、クチの中が柔らかかった事、極小チンポの事、精液が出ない事、簡単ににゅるんと入った事、穴の中も柔らかく絡みつく感じだった事、潮を吹いた様に濡れてた事。

全てが全部繋がった!

「気にせず言ってくれても良かったのにーなら、もっと開放的に楽しめるやんかー」

彼は「言えなかったです…オナベでも女は嫌じゃないんですか?」

「嫌どころか、僕は完全なゲイでは無くオナベでもオカマでも男性でも女性でも全てが性的対象だし、その相手によって楽しみ方を変えるだけなんよ。だから何の問題もないよー」

彼は「そうなん?なら嬉しいです!僕は性的対象は女性だし、女を思い出すのでなく、ほんと性処理としてチンポがほしいんです!」

「わかった。大丈夫!大丈夫!問題ない!なら楽しもうや!」と言い放ち性器に顔を埋めた。

ドデカクリにもしゃぶりつき、女性も舐め回してやった!

「男のくせにこんなズルベチャな穴持ちやがって!」そう言うと彼は喘ぎだし、汁を溢れ出した!ドMじゃんよー!

「こんな穴オナホ位にしかならへんやろ!もっとみんなに使わせてやれよ!どこでも使える生オナホとして!」そう言うと彼は「そうだよ!だからチンポ入れてくれ!早く!」と言いながら足を開き私を抱き寄せチンポを掴み穴に捩じ込んだ!

にゅるにゅると入っていく。マンコなんだから痛みなんかある訳ないので、奥を高速で激しく突いてやった!

ウギャーみたいな声で彼が喘ぎ、叫び始めた!声も見た目も男なので獣みたいに感じ、萌えた!

ガンガン突いてやると「またイクよ!チンポでまたイクよ!僕のマンコがまたイクー!」とガシガシ腰を振り、ガクガクとまたイッた。

止めずに更に突き上げる!

「あがっ!あがっ!シヌ!シヌッ!」と叫んでた気がする。

彼を裏返すとケツまで毛がびっしりと生えていた。

寝バックのままズボッと入れてやると、彼は布団を強く掴み「僕の中でチンポが暴れてる!気持ちいい!もっと!もっと突いてくれっ!」

「うがぁぁぁ!当たる!当たる!」と言い、「また!またイクッ!ううぅ!」と枕をかみしめていた。

少し疲れてきて動きを緩やかにすると「またチンポ貸してくれっ」と言い放ち上に乗ってきた。自分でチンポを掴み穴に入れ以前よりも激しく腰を使う!

ほんとーむさぼるーと言う言葉がピッタリな位で、「ぐぐぅっ!」「ぐおぉぉ!」と言いながら何度も何度もガクガクとイッてました。余程本能的な性欲が溜まっていたんしょう、坊主頭のデブのおっさんが、チンポをマンコに入れヨガり狂ってました。

あまりの気持ち良さに私もイキそうになり、「そろそろイクぞ」と言うと、「ダメだ!中に出すなよ!!」と言ったが腰振りを止めません!「あかん!イクっ!出るぞ!」

「ダメだ!中はダメだつってんだろ!」そう言いながら腰を擦り付け抜きません!

「もう無理っ!イクっ」私は彼の中にドクドクと果てました。

彼が「あーっ!ダメなんだよ!出来る可能性あるんだからな!」と言葉と裏腹な行動で私が出し切るまで腰を搾り取る様にゆっくりと使います。

チンポを抜くと彼の穴から精液が垂れてきます。

「男性ホルモン使ってるから妊娠はまずしないんだけど可能性はあるんだよ。でも中でイッてほしくて抜けなかったw」と笑いながら言ってました。

「汁でベチャベチャじゃんよ。しゃぶって綺麗にしろよー」と言うと彼が私のチンポを咥え、しゃぶりながら「ねぇもっかい出来る?」と聞いてきた。

私は「3回は難しいなw、でももし立ったらまた勝手に使っていいよ!」と言うと彼はニヤニヤしながらマッタリとしゃぶり始めました。

ゆっくりとゆっくりと私の乳首を弄りながら。

オナベだけに男のツボ解るんかな!と思いながら私も彼の乳首を弄ってたら、次第にムクムクと!

そして勝手に上にのりチンポを自分でねじ込み、「あぁ気持ちいい…」と言いながら腰を振り始め2回戦が始まったのでした。

坊主頭の毛深いデブのおっさんと…

場違いな投稿かも知れませんが、穴のあると言うだけの、ただのおじさんなので投稿しました。

帰りに「またほしくなったら会ってくれる?」と言うから「そん時に俺もしたかったらな。その自動オナホ借りるわ」と言ったら「そんな言い方したら、またチンポ入れたくなってきたやんか!」と私のチンポを握り言ってました。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。