ホーム » ノンケ » 【ゲイ】喉奥射精!既婚ノンケですが70歳男性に精液飲ませてます

【ゲイ】喉奥射精!既婚ノンケですが70歳男性に精液飲ませてます

精飲好きの70歳と

青森県在住のyuyuzxさんからの投稿。現在62歳で既婚だという投稿者。男性に恋愛感情を抱いたことはないが、純粋な欲求解放のためカラダの関係を続けている男性がいるんだとか・・・・・
強制精飲させられた男性
わたしは62歳の既婚者です。ゲイではありませんが、20年余りカラダの関係をもつ男がいます、彼は70歳になります。

恋愛感情のようなのはないですが、、セックスは別です。

彼とのカラダの関係は快楽の貪りであり、彼も自身の欲求を果たすためわたしと会うのだと思っています。早い話、お互いそれぞれの欲求を解放するのに会い、カラダを求めるんです。それは求めるモノがハッキリしてるのでやることもハッキリしてます。

初めて彼と関係をもったとき、彼が求めるモノを理解しました。それは、精液を飲む、こと。それが彼の求めるモノだとわたしはわかりました。

だから、今も彼と会えば、わたしの精液を彼はチカラの限り飲み干します。いろんな前戯、後戯を繰り返しながらですが行き着くのはわたしの、射精です。

わたしも射精する、だけでなくいろんな快楽を求めてるため、彼とこうして関係を続けているのだと思います。

彼はタチだと言いますがわたしからすればメスです、わたしの精液を飲む彼に関しては。それ以外の行為はタチなのかもしれませんが。

彼は男のモノに快楽を見ているのです、それがどういったものなのかわたしにはわかりませんし、理解したいとも思いません。さすがにわたしは男の精液を飲みたいとは思いません、ただ男を愛舞するのは好きです 。

彼はわたしを射精させるためにさまざまな愛撫を繰り広げます、それはわたしも期待している行為なのでされる前から濡れてしまうほど濃厚なものです。

わたしのバックからケツの穴を舐めしゃぶったり、同時に肉幹をシゴキながらタマを口に含み転がししゃぶりつきます。わたしの竿はダラダラと透明な液を垂れ流し彼のさらなる愛撫を待つんです。いつもパターンは似たりよったりですが、快楽はいつも違うモノです。

彼がわたしのお尻の方でキンタマ舐めたり吸い付いたりしゃぶったり扱いたりするのを感じて、わたしは感じるまま声を出して伝えます。

「あぁぁぁ、キンタマサイコーにイーよ〜、もっと強く激しくシゴイテ〜、出ちゃうから〜」そんな雄叫びをすると彼は愛撫を寸止めします。射精まで愛撫を長く楽しむために、。それはわたしも同じ気持ちなのでひとやすみ、みたいな、、、。

彼にされる行為なかで1番なのは、アナル。執拗にアナルを舐められしゃぶられキンタマ舐められしゃぶられ、それを交互に繰り返されていると、放心してしまいます。

ケツの穴が開きまくってきていつでも彼のチンポを受け入れられる気がしてきます。

でも彼はそれ以前にわたしの精液を求めるんです、わたしがイキそうになるとわかるんでしょうね。いろんな愛撫を繰り広げ、最後わたしが射精する寸前に彼は四つん這いのわたしの股間に顔を滑り込ませます。

わたしの最大に勃起したチンポを口に咥えます。

わたしは「出る、出る出るぞ〜精液出るぞ〜あ〜」大声で喘ぎます。腰の動きだって普通じゃなくなり彼の顔を壊しちゃうくらいにグラインドしまくります。

彼のアタマを両手で抑え込んで喉元奥深くに、精子を飲ませるんです。

もうサイコーに気持ちイーんです。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメント1件

  1. イラ マチ男 より:

    私も70才
    今までザーメンを飲んだことは皆無
    でもイラマチオ動画など見てると無性にマラを突っ込まれ苦しさに喘ぎゲロを吐き出してしまっても気にせず頭を直ぐ捕まれ再度のイラマチオで喉責めされザーメンを注がれ口から溢れでるザーメンまみれにされたくなるわ
    初心者だから安心できる人に会いたいな

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。