ホーム » ノンケ » 【ゲイ】白バイ隊員が潮吹きしながら泣き叫んでおりますwwwww

【ゲイ】白バイ隊員が潮吹きしながら泣き叫んでおりますwwwww

【体験談】愛知県在住の制服大好きさんからの投稿です。父親が消防士だったからだろうか、年々と制服フェチになってきた投稿者。去年、知り合いから白バイ隊員を紹介してもらった。彼はノンケなので、ただの友達としての紹介だった。だがそれで我慢できるはずもなく、徐々にアプローチを仕掛けていくのだが・・・・・・

白バイ隊員が潮吹き

制服公務員大好きな俺は、ゲイ友の警察官に、後輩の白バイ隊員を紹介してもらい、オカマバーや観光バーに一緒に出掛け、年上の俺が奢る仲になった。

去年の夏は、ノンケ白バイ隊員に熱を上げて遊びました。相手がノンケなので、ホモ的なエッチは、ほとんどありませんが、カミングアウトしているので、ホモに興味を持たれ、根掘り葉掘り性向を聞かれたり、抱き着いたり、トイレで覗くくらいは、OKになりました。

警察官の制服に憧れて警官になったほど奴で、自分の制服姿に興奮し勃起したことのあるナルシストなので、俺の変態振りに拒否反応はなく、

「制服カッコイイ!」

の言葉を喜んでいる様子です。規則違反と言いながらも、スピード違反の取り締まり場所や、制服で単独出動場所を事前に教えてくれたりしました。

白バイ君は単独業務時には、待ち合わせ場所を指定され、障害者トイレで制服に抱き着かせてもらったこともあります。俺は、ズボンの中の勃起を、奴の制服に擦り着けても、奴の股間は平静なので、ノンケに違いないようです。

昨年8月の花火大会の夜には、会場近くの体育館駐車場の障害者トイレで、ヘルメットを被らせてもらい、グローブも嵌めさせてもらいました。

ヘルメットは、一般バイカーと同じように雄臭がして、男を感じました。

めちゃくちゃ雄臭がして勃起したので、そのままセンズリが掻きたいと言ったらOKだったので、目の前でグローブで握り射精しました。

奴にとって他人のオナニーを見るのは初めてだったので、制服警官に見つめられて、いつもより早く大量に飛ばしました。ヘルメットを返し、グローブを外したら、俺の手に皮と雄臭が残りました。白バイ君との別れ際に、公然猥褻で逮捕するぞと、笑って勤務に戻って行きました。

それから2回会って食事して、スナックに行きました。奴は、俺が奴の前で興奮してセンズリしたことばかり話してきました。俺のセンズリをもう一度見たいのかと聞くと、首を縦に振るので、帰りに俺のマンションに誘ったら着いて来た。

部屋に入り、ソファーに座り、缶チューハイを出したが、手を着けず、俺の股間ばかり見ている。察した俺は、ズボンとボクブリを下ろし、勃起したモノを扱いた。奴のジーンズに、くっきりと棒状のモノが浮き出て、それを自分で握っている。

一緒にセンズリするように勧めると、デカマラを出し扱き出した。それを見て耐え切れなくなり、俺はティッシュに発射。白バイ君も俺の隣で、平気な顔で、ティッシュに発射した。

白バイ君もホモになってしまったかも?白バイ君は、自分はホモじゃないと言いながら、カミングアウト済みの俺の相手をしてくれるようになりました。制服姿に萌え、ホモ関係ではない付き合いを始めました。

一緒に風呂に入り、下着姿も裸も見ました。下着は、一般的なトランクスでした。ヘルメット臭やブーツ臭嗅がせてもらったら、普段使っているヘルメットやブーツと同じ臭いでした。今では、俺が奴の臭いを嗅ぎながらセンズリ掻くのを、楽しそうに見ています。そして、股間にテント張っている所を見つけたので、近々ホモに目覚めると思います。

白バイ君は、自分はホモじゃないと言い続けながら、月に2~3回遊びに来るようになりました。俺のマンションで、男女モノのエッチDVDを見ながら、チンポを出してセンズリをします。俺は、それを見ながらセンズリをしています。奴のチンポを握って、手伝ってやることもあったが、口で咥えることは拒否されていました。

ある日、酒に酔っ払ってソファーで寝ている寝込みをいただきました。萎えて皮が被るようなフニャチンが、みるみる勃起して、皮余りのないデカマラとなり、口内に発射。

白バイ君は、24時間勤務で隔日休みで、夕方に勤務明けになる日に遊びに来ることが多いので、酒を飲んでソファーで泊まっていくことが増えたある日、寝込みを襲っている最中に目を覚ました。それに気付かずに咥え続けていて、口内に発射した瞬間に

「ウッww!」

という声が聞こえたので、顔を見ると目を開いていた。声を掛けると、やられているのに気付いたのは、3回目だと言う。俺に咥えられて気持ち良かったので、今日は寝た振りをしていたらしい。

俺が、卑怯な奴だ。日本の警察は、囮捜査はしないと言うと、

「俺は、ホモじゃないから、やってほしいなんて言えないし、兄貴にやって上げられない。」

と言った。それを「食われノンケ」と言うと教えたら、その言葉が気に入ったようだ。

昨年末からは、意識のある時でも、ホモ行為を受け入れてくれるようになった。ソファーではなく、俺のセミダブルベッドに寝かせ、握ってピストン運動する。しゃぶられることも平気になり、気持ち良さそうな声を上げ、噴射する。射精後に、ローションを着けて亀頭責めをする。くすぐったい気持ち悪さに、逃げようとするが、その後の快感のために止めない。

すると、絶叫と共に潮吹きをする。

俺の虜となった。食われノンケになった白バイ君は、勤務明けに、シャワーを浴びず、勤務中に着用していた下着、靴下でやって来る。俺が雄臭フェチで、奴の臭いに興奮するのを知って、臭いを残したままやって来る。

現役白バイ隊員の雄臭を嗅ぎながら、俺の股間が反応してしまう。風呂に入り、食事をしたり、酒を飲んだり楽しく過ごす。回を重ねるにつれて、俺を誘ってくるようになった。射精させるだけでは、物足りないようなので、ゲイ友にするエッチなことも追加してやった。

亀甲縛りして、くすぐったがる奴に潮吹きをさせたり、尿道に金属棒も挿してやった。アナルを刺激しながらのセンズリをしてやった。ここまでやると、完全なゲイであるが、奴は、俺には手を出さない。俺がスネてやった時、お義理に握ってくれたが、それだけであった。

去年の秋から今年の春までは、雄臭もほどほどで、男らしさを感じた。仮性包茎の皮を剥いた香りも美味しかったので、会うたびに奉仕して、咥えたり、扱いて射精や潮吹きをさせてやった。

ところが、夏になり汗をかく季節になって、男臭さが激しくなった。俺のために、シャワーを浴びず、下着、靴下を替えずやって来る。白バイ用ヘルメットも相当臭うようだ。

来室時に抱き着いてやると、頭が鼻辺に来る。短髪で毎日洗髪するようだが、異様な雄臭がする。ションベンで頭を洗ったのか?と聞きたくなる。

隊員用ブーツもかなり臭う。臭いを吸った靴下のままやって来る。ソファーの隣に座っただけで、臭いが漂って来る。

臭いフェチの俺のために、汚れたままやって来るので、フェチの俺にも堪えきれなくなったので、着替えやシャワーを勧め、ヘルメットやブーツにファブリーズをするように勧めたほどである。

俺は、食われノンケと言い張る、雄臭白バイ隊員をいただき幸せな日々であるが、これほどまで大変な仕事をして、市民の安全を守ってくれる、白バイ隊員や警察官に感謝したい。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:潮吹きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。