ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】DC君、チンポにバター塗って飼い犬に舐めさせてみた結果

【ゲイ】DC君、チンポにバター塗って飼い犬に舐めさせてみた結果

アナルにもバター塗ってみた

愛媛県在住の男根さんからの投稿。中学生の頃、ネットでエロ動画を見ながらアナル弄りしていたところ、獣姦ものに行き着いてしまったという投稿者。そこにはチンポにバターを塗り犬に舐めさせてる男性が映っていて・・・・・
逆手オナニーする男子
これは俺が中2の頃、家で無性にムラムラしたもんでPCでAV見ながらアナル弄ろうとしてたとき、とある獣姦ページに行き着いてしまった。

バターを男根に塗り犬に舐めてもらってる男の顔が気持ちよさそうで、家で飼っていた犬を意識してしまった。

いけないいけないとその場で推しとどまり、ビデオで自慰を済ませたが、あれ以降どうしても獣姦のことが頭によぎるようになり、やっぱり気持ちよさそうなので犬には悪いが踏み切ることに。

親がいない時を見計らってバターを少し溶かし、ヒヤッとした感触で半立ちになった俺の魔羅に早速匂いをかぎつけた飼い犬がよってくる。

初めはクンクンと先っぽを嗅いでおり、鼻が当たり擽ったくて完全にたってしまう。

数分待つと根元を1周するように溜まったバターをジュルジュルと舐めまわしてきてくれた。それが気持ちいいったら……笑

自然と腰が浮き上がり、玉の方に垂れたバターに気づいた犬が更に下へと舌を持っていく。根元から鬼頭へと舐められるだけでも気持ちよかったのに玉が持ち上がるくらい豪快に舐められたと思ったら、舌先で玉先をチロチロと舐められたり、、気持ちよすぎてあんあんと声が絶えず出てしまった。

それでもまだイケず、もっと刺激が欲しくなった俺は、上半身も脱いで乳首からへそにかけてバターを垂らした。

もうこの時点で俺は何も考えられなくなって、ただ少しの罪悪感と気持ちよさに頭が支配されてた。

ここも、と指を指すと、それに気づいた犬が乳首の方へ来た。興奮して息が荒くなってくる俺に構わず乳首の先へ舌を落とされ、ひたすら野性的に舐め回される。

段々と下へおりてきて、へそに溜まったバターをほじくるようにぐんぐんと舌が入ってくる。まるでアナルに入れられてるような感じがしてお腹が擽ったく、だがそれでもなかなかイけない。

我慢汁がタラタラと垂れてくるのみで苦しくなった俺は、今度はアナルにバターを垂らした。

すると犬の鼻がアナルに当たり、ヒクヒク反応してしまう。ああ、俺は入れて欲しいのかな、入れるって痛いのかな。そんな考えが過りながらもただひたすらアナルのバターを舐め回す犬によがりながら腰が動いた。

するとブルブル揺れる俺の魔羅が食べ物だと思ったのか、歯は立てず優しくハグハグと口の中に含まれた。

その瞬間、驚きと痛気持ちよさで一気に射精。ずっと浮いたままだった腰を床に落とし、それでも俺の尻とチンコを舐め続ける犬をそのままに果ててしまった。

全てのバターを舐め終わると犬は満足したのか寝床へ直行、俺はシャワーを浴びて後始末。その日のことを忘れられなくなった俺は、あれ以降飼い犬との性生活が続いている。

一方でアナル開発をすることに。チンコって気持ちいいですね。いつか生が入れられたらいいな…笑

動物の。

馬とか気持ちよさそうですよね、デカすぎて狂っちゃいそうだけど。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

コメントは3件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    食いちぎられた事例もあり危険なので、バター犬は真似しないように。ついでに馬アナルの方もアメリカで死者出てます。

  2. ゲイの名無しさん より:

    もっと続き読みたいです

  3. ゲイの名無しさん より:

    犬のちんぼ入れられてみたいです。
    中に大量に射精されたいです。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。