ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】兄弟でやり合った夏の思い出

【ゲイ体験談】兄弟でやり合った夏の思い出

親が不在のなか、兄弟で・・・

兵庫県在住、アブラムシさんからの投稿。自室でしこってるの兄に見られて・・・・・

先輩と後輩

 

僕が一番初めにしこったのは中1の時だった。兄がしこってるのを見て真似をしたのが始まりだ。

ある日それを自室で見られてしまった。
すると「あれぇ~?一人でそんなことしていいのかなー。」とだんだんと僕に詰め寄り怖かったが、気付いたら兄にしこられていた。

その時はサカユニフェチで兄弟そろってサカユニを着ていたのでサカパンのこすれ具合が丁度良くてすぐに射精できることもあった。

夏という事もあり、パンツやシャツは基本的に履かずにそのままサカユニを着ていた。
そのため、サカパンの上からしこられると気持ちよくてすぐに射精してしまうのだ。

案の定、1分足らずで出たのだが他人にしこられたこともあり興奮状態でいつもの倍は出ていた。
連続でしこられたためドバドバと出る。床の一部分は精液で真っ白い。

親が旅行をして不在だったこともあり、案外長い時間できた。

69になりお互いにしゃぶりしゃぶられて快感だったことを覚えている。
尻に入れて中出しを何回もやり合ったこともあるしフェラやしこしこも覚えている。

今でもたまに会ってやっているのだが、昔ながらの快感はもう出せないしとは言っても気持ちいのだが。

もしも戻れるのなら兄がヤり始めたころに戻って一緒にヤりたいものだ。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。