ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】中学時代に柔道部の先輩とトイレに行っただけなのに…

【ゲイ体験談】中学時代に柔道部の先輩とトイレに行っただけなのに…

契約

岩手県の柔道部のデカマラさんからの投稿です。柔道部の先輩とトイレに行った時の話です。何気なく雑談をして用をたそうとすると、先輩の目があるものにくぎ付けになりました。あるものとは、…。

男子学生

私はデカチンで最大で20cmあります。

今『痩せ型 身長166 体重50 15歳』。

私が中学校に入学して柔道部に入部しました。

もちろん理由は理由は仲が良い友人が誘ってきたからです。

私は一生懸命励んで2ヶ月が経ちました。

私の部活の先生は生徒に丸投げで先生はいませんでした。

部活終わりのある日、先輩とトイレを一緒にすることになりました。

小便器でとなりどうしで雑談をしてました。

先輩の目線は目ではなくチンコでした。

驚くような眼差しで終始見てました。

翌日から柔道の時にチンコを触られるようになりました。

薄い柔道着のズボンの布の下はノーパンでチンコは直に触られてるのとほぼ同じでした。

それが5ヶ月もすれば私は先輩の虜でした。

私の脳内は先輩にチンコを触られたいだけでした。

1ヶ月後 遠征から帰って来るときのバスは一番後ろの席でした。

隣はもちろん先輩です。

皆遠征で疲れて寝てる中で先輩は私のチンコをマッサージしてました。

突然私のチンコを出してフェラしてきました。

寸止めを数え切れないほどされました。

その後に口の中に出しました。

それが1ヶ月もたてば先輩は強気になります。

先輩『契約しようよ』

私 『何の契約ですか?』

先輩『チンコの契約だよ。君のチンコの主導権を私に渡してと言っているんだよ』

私 『私のチンコですよ?』

先輩『お金は払う』

私 『先輩の中学校卒業までなら』

先輩『契約成立』

と言う会話をしてから私の地獄は始まりました。

学校の朝は早めに登校してフェラをされて、昼休みもフェラ。

部活中はチンコを触られて、学校終わりに先輩の家で(乳搾りチンコ版..フェラ..手こき.. などなど)。

しかも私のチンコの型を取って『チンコチョコレートや金属のチンコの像』をしたりやりたい放題。

先輩の卒業式の時は常に勃起状態だった。

私も卒業して高校に入学、先輩方を見渡せば例の先輩がいた。

隠れながら生活しても気づかれてしまいました。

先輩『ヤッホー』

私 『どうも』

先輩『元気だった?』

私 『はい,インフルエンザもかからなくて』

先輩『違う チンコが!』

私 『はい (抑えめに)』

先輩『また契約しようぜ』

私 『はい』

先輩『契約成立』

今も中学時代の契約時の生活を繰り返す高校生活になりそう。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
体験談カテゴリ
都道府県で体験談検索
体験談の著作権は当サイトにあります。