ホーム » 変態オナニー » 【ゲイ体験談】イケメンが乾燥機の洋服を中々取りに来ないもんだから…

【ゲイ体験談】イケメンが乾燥機の洋服を中々取りに来ないもんだから…

ボクサーパンツ

東京都のゆうまさんからの投稿です。ゆうまさんのシェアハウスは、洗濯機を共同で使用しています。ある日、イケメンが洗濯をし乾燥機も使用していました。乾燥にあるイケメンの下着を見て、ついつい…。

イケメン

僕は都内のシェアハウスで暮らしてる大学生です。

僕が住んでるシェアハウスは一軒家みたいな家に何室もの個室がありそこに男女問わず入居者がいるタイプのシェアハウスです。

お風呂とトイレと洗濯機は共同となっています。

ある日、二つ隣の部屋のイケメンが洗濯機を利用している音がしました。

普段は乾燥機も使い終わるとすぐに自分の部屋にものをもっていくのですが、その時は寝落ちしていたのか中々取りに来ませんでした。

僕はチャンスだと思い、静かに自分の部屋から出て洗濯機のある場所へ向かいました。

洗濯機を開けると、イケメンが来るオーバーTシャツや白い靴下等ほかほかに乾いてました。

その中にLサイズのUNIQLOボクサーパンツがあるのに目が止まり思わず自分の部屋へと持って帰ってしまいました。

彼が使う柔軟剤と少し彼の優しい匂いもしてとても興奮してしまいました。

パンツは使用感があり少し毛玉がついているのと、股間あたりの生地が薄くなっていました。(あそこが大きいのかな)

僕はパンツの股の部分に鼻をあて激しく自分のアソコをしごきました。

そしてイキそうになった時、彼のボクサーパンツの中に射精してしまいました。

悪いとは思いながらも興奮が止まりませんでした。

その後すぐに洗濯機に戻し何事もなかったかのようにしました。

一週間後また同じ事が起き、彼は洗濯機からものをとりにこなかったので今度は少し汚れた白い靴下を他の部屋に持ち帰り靴下の中に射精しました。

何日か溜まっていたので大量に出てしまい結構靴下はベトベトになってしまいました。

彼がとりにくるのが遅いのか、時間が経って乾いてそれらの僕が射精したボクサーパンツや靴下を履いていると想像すると今も興奮がとまりません。

また彼がとりにくるのを忘れるのを願いながら今日もシェアハウスに帰ります。

 

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
体験談カテゴリ
都道府県で体験談検索
体験談の著作権は当サイトにあります。