ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】アナルに中出ししてもらった後にSM嬢を呼んだら…

【ゲイ体験談】アナルに中出ししてもらった後にSM嬢を呼んだら…

アナル奴隷

三重県の究極の羞恥心さんからの投稿です。バイである究極の羞恥心さんが、とある日にゲイHOTELでアナルにたっぷり精液を入れてもらった後のこと。そのまま、ディルドを入れっぱなしでSM嬢をお願いすると…。

奴隷

私の性癖はラブホテルに1人で入り「恥しい所を見せる事、相手はホテルの従業員」性に、対する欲求は旺盛です!

2023年10月に体験した話しを投稿します。

私は、バイで昨日はゲイHOTELで、アナルに何人も挿れてもらい、アナルの中は精液まみれで、ストッパーを挿れて、昔よく使ってたラブホテルに入り、アナルストッパーを抜き、太いディールを挿れました、

精液はまだ腸内に残ったままです。

そしてフロントにTel入れて「ヘルスのSM女王様が後から来ますが、女王様は入口ドアの前でアナルにバイブを挿れて待たないとイケマセン、室内ですから大丈夫ですよね!」と連絡します。

この時連絡相手が女性なら最高です。

今回も女性でした。

女性下着のお尻の部分が空いてるパンティーを着け、入口ドアにバイブの入ったお尻を上げ四つん這いになります。

足先で鉄扉を押すようにしながら待ちます。

ビルタイプのHOTELですが、年が経っているので足先に力を入れると1センチ程開きます!

そこで、アナニーをして場を離れます。

勿論、部屋に入る時に閉める鍵は開けます!

そうして、またドアの前で四つん這いになりバイブの入った尻を上げていると、扉が開いてイクじゃないですか?

恥ずかしさと観てもらいたい気持ちが頭の中を駆け巡り、アクメの状態です。

尻コブを両手で拡げて「お願いします、恥ずかしいアナルを観て触って下さい!」の言葉の後には太いディールをピストンしてきて、余りの気持ち良さに「あ~っ、あ〜」。

そして、突然ディールを抜いたので、腸内の精液がダラダラと流れて来ました。

女性の従業員はそれで、扉を閉め居なくなりましたが、これからが最高のプレーが始ります。

次にした事は入口鉄扉があり、室内に入る所にも木製ドアが有ります。木製ドアをお尻が入る分だけ開けて置きます。

やはり太いディールを挿れて四つん這いで目隠しをして待つのです!

この時は30分位でドアが少し開く音がして、直ぐ閉まりましたが、また10分程でもう一人の女性従業員を連れて来ました。

「何?!何?」

「この子ね変態なんだよ、アナルが好きみたい!」

このバイブを回したり、ピストンしたりして凄い声を出すからすかさず、ピストン!

アナルを掻き回され、絶頂!

「ありがとうございます、何でもしますし、少しのお礼はしますので、私を貴女2人のアナル奴隷にして下さい?」て伝える。

2人の声「どうする?お礼はお金?」

目隠ししていて2人の顔の様子は解りません!

「会う時にお金を一人ひとりにお支払いさせて貰います」

貴女様の欲求も引受けます。

「やってみよう~か!2人だから怖く無いし」

それからは、ディールを抜いたアナルを開きなさいと命令されたり、満足の日でした。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
体験談カテゴリ
都道府県で体験談検索
体験談の著作権は当サイトにあります。