ホーム » 彼氏 » 【ゲイ体験談】会社の先輩と出張で宿泊先のサウナに入ると…

【ゲイ体験談】会社の先輩と出張で宿泊先のサウナに入ると…

イチモツ

愛知県のさとさんからの投稿です。会社の先輩と出張に行った時のこと。夜仕事で遅くなり、宿泊先の旅館のサウナに入ると、先輩に「体綺麗だね」と言われます。恥ずかしくなってサウナから出ようとすると…。

 

僕は、特に変わった性癖はなく、普通に女性を愛して もちろん、女性との経験しかない男性でした!

僕が、男性に興味を示し始めたのは、僕が25ぐらいの時です!

中学生の頃から肌は白く細めで、見た目は女の子っぽくなよなよタイプでした!

そして、僕が、中学校卒業と同時に就職した会社で、会社の先輩と二人で出張にいく事になり二人部屋になりました!

もちろん、その当時彼女もいましたし出張いく晩に彼女との夜の営みもしてました!

そして、会社の先輩と夜遅くなったのもあってその宿泊したところのお風呂で、他のお客様もいなくて先輩と二人でした!

僕は、元から、肌も白く身体の毛が薄くてもちろん、下の毛もツルツルでした!

お互いに洗い終わって、二人でサウナに入りました。

しゃべってると、先輩から◯◯君男なのに綺麗だねっていきなりゆわれ、僕は、ありがとうございますって返してました!

僕は、その時なにか違う感情がでした!

なんか、その先輩がかっこよく見えてしまい思わず、先輩の下を見てしまい大きい、しゃぶりたいって思ってしまいました!

そんな、風に思った事に普通に女性しか愛してない僕は恥ずかしく思ってしまい先にでますって伝え、サウナから出ようとしたら先輩からに腕を掴まれていきなりキスをされました!

いきなりの事で、僕はビックリしてやめてくださいってなり、先輩から、実は、俺ゲイやバイなんだよねってすごい発言を言われた僕は、怖くなり逃げようとしました!

先輩は、ガタイがよく力が強くて逃げれませんでした!

それで、先輩から「◯◯君、◯◯◯あげるから抜いてくれない?」そう言われた僕は、先輩の下をみたらギンギンになっており「俺のもうギンギンで我慢できないしお互いに内緒にするから」って言われ僕は、「無理です」って何度も断りました!

「僕は、そうゆう趣味ないです。」何度も断りましたが、途中でこころがおれました!

そして、はじめて男性のちんこを舐めました!

最初はぎこちなくてうまくできずにいましたが、何分かしたらなんか僕も興奮してきて僕のもギンギンになりました!

先輩のを舐め続けて次第に先輩から「◯◯君うまいよ。もう、駄目俺いくよ」ってゆわれ、

僕は思わず「駄目先輩、まだ駄目。先輩の美味しい…。まだ、なめたい」って思わずゆってしまいました。

先輩は、興奮して「◯◯君の口の中に出すよ」

僕は「うん僕の口に先輩の精子いっぱい出して」って思わずゆってしまい…。

そして、先輩の濃い味の精子が僕の口の中に出ました!

それを、思わず飲み込んでしまいお掃除で、先輩のちんこについた精子まで綺麗にしてました!

先輩の精子美味しいです!

そして、そんな事をゆっていた僕に、先輩は「いいね、かわいい!」ってゆわれ…。

いきなり、押し倒されて僕のギンギンのイチモツをシコシコしてきて、乳首とか下を入れたキスをされて、僕はされるがままに「気持ちいいです…。先輩僕をいじめてください」ってゆってしまいました。

元々Mっ気体質の僕は、先輩のされるがままに僕は、身体中が熱くなりすぐに、痙攣がおこるぐらいにいってしまいました。

その時に、僕は、もしかすると男性との関係がいいって始めて思ってしまいました!

それから、その晩は、部屋にかえってからも朝方まで、先輩に犯され続けなんと、挿入までされてしまいました…

最初は、先輩が、◯◯君股広げてってゆわれてされるがままに、股を広げて穴を舐められ、風呂場でローションで穴を広げられて洗浄されました!

そこから、ベッドで再び穴を舐められて、ローションで再び穴を広げられて指マンをされて、そのたびに僕は今まで味わった事がない感覚に溺れて「気持ち やバイ 感じる」ってなり…。

「あっんあっん」って思わずゆってしまいイチモツもギンギンで指をいれられながら、イチモツをシコシコされて
もう、訳わからん事くなり

「あっんあっんあっん」

気持ち〜先輩もっともっとはげしくてゆってしまい気づいたら、今まで出した事のない量の精子がでました!

「あっんあっんあっん」

先輩は、僕の腹に出た僕の精子を綺麗になめて、僕のイチモツも綺麗になめて最後に、キスをしてきました!

そして、ついに挿入されました。

ローションをたっぷりつけられて最初は、先輩のが大きいので痛かったですが、何回かピストンされていたら次第に身体中が気持ちくなり、再び僕のイチモツもギンギンに!

先輩は、僕のイチモツをシコシコしながらピストンをしてきました!

僕は、イチモツとピストンされるたびに、

「あっんあっんあっんあっん」

「気持ち やばいです」
「◯◯◯の◯◯をもっとついてください」

「あ~あ~おかしくなる~キスして!」

僕は、イチモツがいきそうになり

「先輩、◯◯いきそうです」

先輩も「一緒にいこう!」と。

そして、僕は、先輩と同時にフィニッシュで、いきました!

先輩のイチモツから僕の穴の中に濃いいっぱいの精子が出されて僕のイチモツもから精子がいっぱいでした!

最後は、お互いのついた精子をなめて綺麗にして、その日は、お互いに裸のままに恋人みたいに抱き合いながら
寝ました。

起きてからも、シャワーを浴びて仕事いく前にも先輩のをしゃぶらされてピストンされて、仕事の休憩中にコンビニの駐輪場でも会社の車の中で舐めさせられてました!

出張中5日間毎日犯されました。

僕は、この出張中の出来事が僕の中の恋愛感情が男性と女性両方になり、先輩とは休みの日に毎回お礼を渡されてます。

そのたびに、野外公園のトイレ カーセックスと色々なところでされました!

僕は、この先輩との事で女性との営みが下が立たなくなり男性と営みでなければ興奮しなくなりました。

先輩から、女裝をさせられてたり元々肌が白く、毛も薄く女裝が似合う事もなります。

次第には、女性こころも持ちはじめて僕は、脱毛にも行き始めて今は、完全、同性愛者になりました!

ちなみに、先輩とは、今も毎日抱かれてます。

てか、今彼氏かな!

 

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
体験談カテゴリ
都道府県で体験談検索
体験談の著作権は当サイトにあります。