ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】組合員だらけのサッカー部。そりゃ当然そうなりますよwwwww

【ゲイ】組合員だらけのサッカー部。そりゃ当然そうなりますよwwwww

【体験談】東京都在住の社会人さんからの投稿です。去年、掲示板のオフ会(エロなし)に参加した投稿者。そこで知り合った同年代の男子達との交流は続き、その友達たちも誘ってサッカーサークルを作った。メンバーの全員が楽しく語らう大切な場へとなっていった。関係が崩れるのでメンバー同士の恋愛はご法度。だったのだが・・・・・・・

組合員だらけのサッカー部

僕はゲイだけのサッカーサークルに参加しています。

サークルは17歳~20代半ばまでのメンバーで集まっています。普段はメンバーに対して「タイプ」だとか「エロ」を意識せずに練習しています。

なのに…先日、メンバーの1人とHしちゃいました。

僕の仕事はサービス業の為に月曜日が休みになる。先週の月曜日、何も予定が無かったので昼過ぎから某有料ハッテン場に行った。

アンダーウェアデーだったので、ボクサー姿で店内を一周したが、月曜日の昼過ぎなので案の定、店内の客は僕を含んでも6人と少なかった。その中にサークル仲間のK君がいた。お互い驚いたように小声で話した。

K君「ココ、よく来るの?」

僕「時々来るよ。」

K君「知り合いにこんな所で会ったのは初めてでビックリしたよ。」

僕「僕もだよ…」

ありきたりで、どうでも良い適当な会話が続いた。僕は、顔見知りであるサークル仲間が居るとハッテンし難いなぁ~と思いながら話していた。しばらく話した後、僕は煙草を吸う為にK君から離れた場所に移動した。

一向に客が増えない…。仕方無く店内の奥にあるベンチに座って時間を潰すことにした。すぐに同年代のスリム系、茶髪のヤツが僕の隣に座った。僕は鍛えたマッチョ系がタイプなので、スリム系は正直苦手だった。一度断ったが、何度もアプローチをかけてくるので、時間潰しと割り切って、スリム系のヤツの相手をした。

ヤツは僕のボクサーの上からチンポを撫でてきた。僕のチンポが少し反応してきたので、ヤツは僕のボクサーを脱がして直接チンポを握ってしごいてきた。僕はヤツの頭を押さえつけチンポをしゃぶるようにした。ヤツのフェラに僕のチンポが完全に勃起した。僕もヤツのボクサーに手を伸ばした。ヤツのチンポは既にビンビンで、亀頭からヌルヌルのガマン汁が溢れていた。僕がヤツのチンポをしごいたり、亀頭を攻めてやると、ヤツは体をくねらせながら息を荒くしていた。

その時、僕達の前にK君がやってきた。これだからハッテン場で顔見知りが居るのは嫌い。K君は僕の勃起したチンポをじっくり見るように顔を近付けてきた。スリム系のヤツはK君を気にせず、僕のチンポをしゃぶり続けた。僕はスリム系のチンポから手を離して、K君の手をスリム系のチンポに誘導した。

K君がスリム系のチンポを握った時、スリム系がK君の手を払いのけた。仕方無く僕はスリム系のチンポを勢い良くしごいてやった。K君はスリム系がしゃぶる僕のチンポを顔を近付けて見ていた。スリム系が、

「イキそう…。」

僕は一気にしごいて、スリム系のチンポから大量の精子が飛び散った。スリム系が、

「気持ち良かったです。無理に相手してもらったみたいで…ありがとー」

と言ってシャワーを浴びに行った。僕はボクサーをはき、勃起したままのチンポをボクサーに納めた。すぐにK君が僕の隣に座った。

K君「出さないの?」

僕「うーん…まだイイや~」

K君「さっきのイケメン、結構早かったね…。」

僕「そうだな。つーかお前、僕のチンポ、見過ぎだよ」

K君「あっ…初めて見たけれど、デカいね…。」

その瞬間、K君の手が僕の太ももに。

僕「冗談だろ~。顔見知りとのHは気まずくなるよ」

K君の手が僕のボクサーへと移動してきた。僕がK君のボクサーを見ると、K君のチンポは勃起していた。

K君「僕じゃダメ?僕のモノ、こんなになっちゃってるけど…」

と言って、K君は自分でボクサーから勃起したチンポを出した。K君が僕のボクサーの中に手を入れてきたので、僕はK君のチンポを握った。そのまま奥の部屋に移動した。

気まずいが、お互いボクサーを脱いだ。とりあえず69でお互いのチンポをしゃぶりあった。K君のチンポは仮性で15~16センチくらいの普通サイズだった。僕のチンポも勃起したので、K君の穴に入れようと思って、K君の穴にローションを塗り込んだ。サークル仲間の穴に入れるなんて思っていなかったので、照れくさかったが、K君の穴に一気に勃起したチンポをぶち込んだ。

普段の練習で見せるK君の印象とは違った本能にまかせたK君は妙にエロかった。K君が僕のチンポで突かれながら悶えている光景に興奮した。そしてK君が僕の上に跨って、自ら腰を動かし始めた。僕はコイツ、こんなに淫乱だったのか…と思った。

K君のチンポはビンビンのままだった。僕がK君の穴を突きながらK君のチンポをしごいてやると、K君は、

「ダメ…イッちゃうから…」

僕はK君をバックから突き上げてやった。そしてそのまま立ち上がって、立ちバックで突き続けた。後ろからK君のチンポを握ると、その瞬間K君のチンポからダラダラと汁を垂らしてイッた。その後、K君が僕のチンポをしゃぶり、K君の口に僕もイッた。

少し落ち着いた頃、案の定気まずくなった。やはり顔見知りのHはダメですね…。

お互いシャワーを浴びて、別々に店を出た。2日後の水曜日、サークルの練習でK君に会ったが、微妙に気まずく感じた。練習後、K君が、

「気持ち良かったね…。また内緒でヤッて欲しいな。」

僕は

「もうだめ!一度きりだよ。」

二度と顔見知りとのHはしないと決めた。顔見知りとのHは妙な興奮や照れくささ、と同時に普段の関係が壊れる可能性もあるので要注意だ。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。