ホーム » BL小説/中出し・種付け » 【体験談】ゲイじゃないけど、ケツを掘られた中出し後の処理

【体験談】ゲイじゃないけど、ケツを掘られた中出し後の処理

ゲイじゃないけど勃起してしまう

青森県のM さんからの投稿です。ゲイでない自認者の葛藤と対処法です。。。

歓楽街

兵庫県住み既婚の者です。

5月に投稿を載せていただき驚いてます

当時のその続きを再び投稿します。

初めてケツを掘られ中出しされた翌朝、
腹痛で目が覚めトイレに駆け込むと下痢だった。

その上ケツが切れ激痛でウオシュレットもままならず、
朝からドラッグストアで切れ痔の軟膏を買いなんとか出張先での仕事をこなした。

痛みも1週間ほどで回復し、再び奴の住む都市へ出張が決まると俺は迷うことなく、
「〇日出張決まった。会えるかな?」とメールをした。

即答で「会えますよ。ケツ大丈夫ですか?」とあり、
「もう回復した(笑)」と返すと、

「じゃあ〇さん(俺のこと)をまた女にしてやるよ」、
俺はドキッとし手が止まった。

どう返そうか悩んだ。
まだ自分の中では「俺はゲイじゃない」と葛藤もあったし、その相手が自分の部下と同じ程の歳でプライドが許せなかったと思う。

しかし奴の「女にしてやるよ」と偉そうな文章に興奮し、仕事の合間にも関わらず俺は勃起してしまっていた。

それに奴は独身の筋肉質でイケメンで遊んでそう。

病気の事も心配になり考えた末、
「ケツを掘りたいならコンドームはして欲しい」と返してしまった

どんな返事が返ってくるか心配だったが、即答で
「このご時世ですし、ゴムありでいいですよ。

僕は普段はセーフで、定期的に検査も行ってます。」とあった。

ちょっと失礼な事を言ったかなと反省した。

出張の日が近づくとドキドキしたが、家に帰れば冷静になれと自問する複雑な気持ちが続いた。

やはり前日は気持ちは抑えられず、普段より早い便で東北の街に到着、奴も俺に合わせて退社してくれ、まだ日も暮れぬ時間にホテルで2週間ぶりに再開した。

いつものように「やっぱり東北は寒いな」、「今年は全然暖かいですよ」などたわいのない会話していたが、
奴が「一緒にシャワーしましょう」と言ってきた。

初めてで驚いたが、狭い浴室に入り気恥ずかしい中、
「◯さん、ケツ洗います?」と聞いてくる。

俺はその意味理解できなかったが、
「前はうんこまみれになったでしょ?それに気持ち悪い感じも無くなるみたいです」と言われ前回の事を思い出した。

「どうしたらいいんだ?」と聞くと
「壁に手を付けて、ケツ突き出してください」、

俺は情けないポーズだなと思いながらケツを突き出すと、
奴がシャワーのノズルを外してケツ穴に突っ込んできた。

するとお湯がケツから上がってくる感じがあり

「なんか入ってるな」と言うと、「便座で力んでください」

、すでに漏れそうな感じだったんので便座に座り力むと、「ブリッ」爆音と共に大量のクソが出た。

奴は「臭いですね」笑ってたが、さすがに恥ずかしくなり「後は自分でやるよ」と奴には浴室から出て行ってもらったが、後でこれがシャワ浣と知った。

洗浄を自分でなんとか完了し、奴と入れ替わった。

俺がベットで座って待っているとシャワーを終えた奴が出てきたがいつもと様子が違う・・

素っ裸で近づくと俺の口元にチンポを近づけ、
俺も無言のまま奴のチンポを咥えてしまった。

初めてのフェラで吐き気もしたが、
「裏筋を舌で舐めて」とか「歯を立てないで」とか「四つん這いになって」と奴の指示に俺は言われるがままだった。

ケツに3本指が入ったところで奴がコンドームを付けだし、2回目のケツ挿入にちょっと緊張していた。

しかしどうも上手く入らない。

奴のがデカいからか、
俺のケツ穴が固いからかチンポの先が入っても押し込もうとすると横にはみ出すような感じで、俺も激痛だった。

奴が「ちょっと休憩しましょう」といったん中止、
「僕のはデカいから薄いコンドームは破けちゃうんで、これは厚めだから余計引っ掛かるのかも」らしい。

しばらくし奴が俺の手をチンポに持って行き「今日は入れの止めますか?」と言ってきた。

「止めるべきだ」と思ったが、実際俺の手は奴のチンポのコンドームを外していた。

奴はニヤッと「アニキはやっぱり変態だ、約束通り女にしてやるよ」と再び挿入の体制に入り、今度はすんなり挿入した。

奴は「アニキ次は上に載って」とか「バックだ」とか体位を次々変えて、騎乗位の体制の時「アニキ、鏡を見て、男の上で腰振ってエロいな」とニヤニヤしている。

俺は必至によがり声を我慢していたがもう限界だった。

年下の男の上にまたがり腰を振っている自分の姿を見て「あーっ」と声を出してしまった。

チンポを挿入されたまま奴の手コキでしごかれ俺は射精し、そのまま奴も俺に確認するもなく「イク」とまたも中出ししていた。

そのまま素っ裸のまま抱き合い朝まで寝てしまい、朝慌ててシャワーを浴びてそれぞれの仕事に向かった。

俺はこの日を境に男とのセックスに迷いは無くなってしまった..

 

カテゴリ:BL小説/中出し・種付けの最新記事

コメントは4件です

  1. yuyuzx より:

    続編、すばらしくリアルです。深みにハマりましたね。ですが、人生一度だけです、その彼と楽しみましょうよ。狂うくらいに。

  2. ゲイの名無しさん より:

    yuyuzxさん
    コメントありがとうございます。
    俺はその後どっぷりハマってしまい、
    地元でも遊ぶようになってしまいました。
    奴以外とはセーフに心がけています。

  3. ゲイの名無しさん より:

    けついきやところてんはまだですか?

  4. ゲイの名無しさん より:

    まだですね。
    体験してみたいな。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
体験談カテゴリ
都道府県で体験談検索
他サイト人気記事
体験談の著作権は当サイトにあります。