ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】ライフガードのお兄さん、スカウトされて別世界へwwwww

【ゲイ】ライフガードのお兄さん、スカウトされて別世界へwwwww

【体験談】千葉県在住の大学生からの投稿です。小さい頃から水泳と陸上を続けてきた投稿者。もちろんスジ筋で小麦色に日焼けしている。大学の夏休みは特技を活かしてライフガードのアルバイトをしていた。今年もあるプールでバイトをはじめたのだが、支給された水着がやたら小さい・・・・・・

ライフガードのお兄さん、スカウトされて

数年前の夏休み、あるレジャープールでライフガードのバイトをした。

面接に行くと

「うちは体育会系が多いし厳しいよー」

との話、水泳や他のプールでのガード経験もあったので

「大丈夫ですっ!」

と即答し採用が決まった。バイト初日、さすがレジャープールだけに30人位が集結!全員に揃いのユニフォームであるTシャツと競パンが支給された。もちろんブーメランパンツでサイドの幅がかなり浅い。

初めてバイトする学生の中には思わず苦笑いしたり

「こんなの穿けない…」

って嘆く奴もいたが、大多数の奴が恥ずかし気もなく、その小さな競パンを穿きこなしていた。もちろん僕も…タマやサオがはみ出すかと思ったが何とか収めてでも半ケツで割れ目は見えてしまっている状態だった。

監視所の前に競パン一丁で30人が整列した姿は圧巻だ!(女子も競泳水着のみ…)体育会系が多いだけに皆引き締まった体をしている!!皆、競パンにサオが収まりきらないらしくモッコリ具合が凄い(^^) そして皆、半ケツです…。

それでもガード中は自分たちのその姿が気にならない程の緊張感あるもので、男女問わず客からの視線や、

「凄いモッコリで半ケツですねー!」

って声掛けてくる客もいた。中にはプール内で競パンのモッコリにタッチしてくる客もいる始末だったが、正直それどころではなく、いかに先輩に怒られないよう完璧なガードをするかに気持ちは集中していた。だから休憩中は皆バテバテで競パンのまま大の字で昼寝。あとから来た先輩が、寝てる奴のモッコリを揉んで起こしていた。

僕も時々、そうやって起こされたり、時には脱がされたりしたがそれ以上のことはなかった。

ところが、ある日…その日はプール敷地の一番外れにあるトイレの掃除を1人でやっていた。プール営業時間中に何度かはトイレ掃除があり、ガードがそれをやる…もちろん競パン一丁で!

デッキブラシで掃除していると30代位の男性客3人が入って来て

「あれ!?掃除中?いいの!?」

って聞いてきたので

「どうぞ」

って答えた。1人はサーフパンツで2人は競パンを穿いていた。すると競パンの2人が一緒に大の方のトイレに入っていく!

「あれっ!?」

と思ったと同時に

「おい!ライフガードの兄ちゃん!」

との呼ばれ、

「もしかして汚れているのかな?」

と思い大の個室に行くとそのままドアを閉められ鍵をされた。サーフパンツの奴が

「見張ってますから…」

とドアの外から。僕はその小さな密室で競パンの男2人に囲まれた!逃げることは出来たのかもしれない…が僕は固まってしまい声も出せなかった…。何かを嗅がされ、意識がボーッとなった…。

「ユニフォームの競パン…小さくてモッコリが凄いじゃん!」

と男が言い、僕の膨らみを揉み始めた!もう1人の男は僕を後ろから抱くように競パンに収まらない僕のケツの割れ目に自分の競パンの膨らみを押し付けてくる!男に揉みまくられ、僕のアソコはさらに大きく固くなり亀頭が競パンからはみ出てしまった。亀頭の先からは汁が垂れて始めている!後ろの男が

「さすがライフガード!すげぇ体してんじゃん!」

と言いながら首筋から耳にかけて舐めてきた!

「嗚呼!」

そこは一番弱くて感じてしまうツボ!!思わず声が漏れる!!僕のアソコを揉んでた男が勃起してはち切れそうな僕の競パンを膝まで下ろした!

「おおっ♪競パンの跡だけ白くてすげぇセクシーじゃん!」

と…そうガードはTシャツ着ないで競パン一丁で監視するので僕も他の奴も真っ黒な日焼けの中競パンの跡が残る!!スーパー銭湯とか行くと結構見られるので恥ずかしい。男は勃起してカチカチになった僕のモノを口に含み舐めまわした!!

「嗚呼…イクっ!!」

と僕はあまりの気持ち良さに男の口の中に大量に出してしまった!一滴残らず僕の精液を飲み干すと

「凄いいっぱい出したねー!良かったよ!!」

と言いながら僕の競パンを元の位置まで上げてくれた。ドアの外から

「大丈夫…今誰もいない…」

とサーフパンツの男の合図で僕ら3人はトイレの個室から出た。この間、5分位だっただろうか?僕の頭の中には

「やばい!早く監視所に戻らないと…」

という気持ちが強くなっていた。デッキブラシを片付けトイレから出ようとすると男の1人が

「兄ちゃん、毎日3時間位で1万円以上稼げるおいしい夜のバイトがあるんだけど…やってみる?」

と言ってきた。正直

「怪しい…多分、やばいバイトだろう!?」

とは思ったが1万円に負けて

「えっ!興味あります…やってみようかな!?」

と答えてしまったのでした。

「よし!じゃあバイト終わったらプールのゲートに来てよ!」

と言われ3人とは別れたのだった。でもその後、プールサイドから僕の監視姿を結構写真撮っていた。夕方、営業終了時間となり、客も帰りプールサイドの清掃や片付けも終わり終礼となった。この時間は全てから解放されたようでホッとする瞬間だ。

「お疲れ様でしたー」

競パンを脱ぎ、私服に着替えて僕はプールのゲートへ向かった。3人の男は…待っていた!!

「おーっ!本当に来たんだー!」

って少し驚いた感じだった。3人は車で来ていて駐車場から車に乗り都内へ向かった。車中では色んなことを聞かれたりバカ話もしたがバイトの内容は

「着いてから」

と教えてくれなかった。後部座席に乗ったが横に座った男は僕の膝を触りまくり、その手はアソコまで這って軽く揉んできた1時間強程で車は都内のあるビルの駐車場に入った。

「さあ着いた。降りて。」

僕は車から降りると数件先の雑居ビルにある店に連れていかれた!

「いらっしゃい!」

とカウンターの向こうで店の男が。

「今日はバイトしたいって子を連れてきたよ!」

と男が言い、僕は店の男(マスター?ママかも!?)の前に連れていかれた!

「プールでライフガードやってたのをスカウトしてきた!上玉っしょ!」

と男が言う。店のママは

「さすが、よく焼けてるじゃん!体もいいねえ…♪」

と僕を舐め回すように見た。

「よし!採用!」

と即決。

「今日からやってみる?」

と言われ、バイトでクタクタではあったが、せっかく現場?に来たし、少しでも稼ごうと思ってその日からバイトすることにした。

「じゃあ更衣室で着替えて競パン1枚だけになってきて!」

と言われた。

「えっ!?この店って!?」

と僕が言うと

「えーっ!?何も聞かされないで来たのー!?ここは競パンでお客さまにサービスするバーだけど…」

との答え。少し迷ったが競パンだけってのには慣れてる!?し、サービスってもその格好で酒を注いだり、ちょっと触られたりくらいだろうと思い、

「大丈夫です。やります!」

と答えたのでした。更衣室に行くと僕と同じ歳位の子が2人着替えていて

「あー新しい子?ヨロシクー!」

って軽い感じて挨拶してきた。僕も

「あっ…初めてなんで全く分からないですけどお願いします!」

って挨拶を返した。僕が着替えを始めると既に着替えて競パンだけになった1人の子は更衣室を出ていった。もう1人の子もかなり小さめのスピードの競パンに着替え、僕が着替えるのを見ていた

「よく焼けていい体してるねー何かやってるの!?」

って聞くので

「あっ…ライフガードのバイトを…」

と。するとその子も別のプールでガードをやってるらしく、やはり半月前にスカウト?されてこの店でバイトしてるとのことだった。僕が

「あっ!今日はユニフォームの競パンしかない…濡れてるし、どこのプールか判るとやばいかも!?」

と言うとその子がロッカーを開け、中に競パンが10着位入っていた。

「これ、店のだからどれを穿いてもいいよ!」

と言われ、僕はその子が穿いていたのと同じスピードのブルーの競パンを選んだ。サイズはSだったが、何度も穿きこなされてるらしく、アソコが大きい僕にも良くフィットした。もちろんバックは半ケツだったが…また生地が薄くなっているのか競パンごしにアソコの形がくっきり浮き出ていた。

その子と一緒に店内に出るといつの間にか客が10人入っていた。30代から50代のサラリーマン風のおじさんまで…。内3人は僕を店に連れて来た男たちで既に先に更衣室を出た子を間に座らせ、その子の競パンの膨らみ揉みながら談笑していた。僕と一緒に更衣室を出た子は50代?のおじさんの2人席へ。おじさんは嬉しそうにその子を自分の上に抱くように座らせて競パンの膨らみを揉み始めた!もう1人のおじさんはその子の乳首を弄っているその子のアソコがあっという間に大きくなって競パンに浮き出ているのが判る!!

「嗚呼…嗚呼…」

その子が声を上げる!!僕はカウンターの前で呆然とそれを見ていたが彼と同じ競パンということもあり、なんだが自分が弄られてるようで僕のアソコも固くなってきていた。店のママが

「はい、○○ちゃん、そこの席に行って!」

と言われ、僕は30代位のサラリーマン2人とラフな格好のやはり30代と思われる3人が座っているボックス席に行った!

「こんばんは!○○です!ヨロシクお願いしまーす!」

と僕は笑顔を作って挨拶。サラリーマンが

「おっ!可愛いねえ…小麦色でスイミングボーイって感じがいいよー!」

と誉め言葉!?僕が

「ライフガードやってるんで!」

って言うと

「じゃあ○○君と同じだあ…最高じゃん」

と隣のボックス席で弄られて爆発寸前の○○君を指指した。

「おっ!君達同じ競パン穿いてる!」

とサラリーマンが言い、3人は興奮したように僕の競パンの膨らみを触り始めた!

「おおっ!いいモノ持ってるね♪」

とラフな格好の男が言い、固くなった僕のサオを競パンごしに揉みしごく!!サラリーマンが口に舌を入れてきて、もう1人は半ケツの割れ目から指を入れている。僕は

「ああ、こういうバイトなんだ…恥ずかしいけど、凄く気持ちいい!!」

と弄ってもらう悦びさえ感じながら

「嗚呼…嗚呼…」

と喘ぎ声を出していた!両側のボックス席で客の男達に弄られている○○君や○○君も頻りに

「嗚呼…嗚呼…」

と喘ぎ声を出していて、客の男達を興奮させている!もちろん本当に気持ちいいんだろうけど…隣のボックスでは○○君がテーブルに大の字に寝かされて手足を脚に固定された!!それを見た僕のボックスも

「おっ!この子もやっちゃおうぜ!」

と言って僕をテーブルに寝かせ手足を手錠のようなもので脚に固定された!!固定された僕らはテーブルを並べられ他のボックスの客達も入り乱れて次々に揉みしごかれたり、体中を舐められたりした!もう競パンも自分の汁で染みができていたが、客達は僕らの競パン、そして体中にオイルを垂らした!!オイルを垂らされた競パンは完全に透け透け状態で固く勃起した僕らのモノは競パンの足を通すところから引きずり出され、しごかれた!!グッチュグッチュとオイルを塗られた僕らのモノをしごくイヤらしい音が響く!!店のママまでが興奮して僕ら2人がやられている様子をカメラで撮影している!!

「嗚呼!!嗚呼!!イクっ!!イクーっ!!」

と僕も○○君も同時に叫び、そして大量の精液を吹き上げた僕を店に連れてきた男達は

「凄え!この子、昼間もプールのトイレで大量に発射したのに…」

って言っていた。○○君の勢いも凄く、横のテーブルの僕の体にまで飛んできたくらいだった!僕らはテーブルに寝かされたまま顔を見合わせて照れ笑いをした。やがて手錠が解かれて、僕ら2人は競パンを穿いたままシャワー室へ!○○君に

「どうだった!?」

と聞かれ僕は素直に

「うん、凄く気持ち良かったクセになりそう…」

って答えると、

「○○君、喘ぎ声や、弄られてる顔が可愛かったよ!」

って言ってくれた!実は僕が○○君に言いたい言葉なのに…○○君への恋心が芽生えたのかな!?結局そのバイトは夏休み中、昼間のガードと続け、○○君とは一緒に旅行に行ったり、もちろん××したりして楽しい月日を送った…が転居を機に連絡を取らなくなっていった。

ある夏休みの素晴らしい思い出です!

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメント1件

  1. サカユニ競パン より:

    今晩は。
    楽しく読んでいます。
    他にもエッチな体験談がありましたら、是非とも
    宜しくお願いいたします!

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。