ホーム » ノンケ » 【ゲイ】勇気がなくてノンケに手を出せない!自分バカだわ・・・・・

【ゲイ】勇気がなくてノンケに手を出せない!自分バカだわ・・・・・

【体験談】千葉県在住のリーマンさんからの投稿です。昔は毎週のようにボードを抱えて海に通っていた投稿者。20代半ばにもなると周りも結婚しだしてそう海へいくこともなくなった。ある日、懐かしくなって一人で海岸まで向かった。そこに一人の青年がやってくる・・・・・

勇気がなくてノンケに手を出せない

俺、26歳174cm62kgのリーマン。

昨日、今年初の海に行ってきた。ボードを車に積んで、1時間ちょいの海へ向かった。

波がイマイチだったので昼前にはボードを車に戻して、日焼けをすることにした。海水浴場ではなく、整備されていない小さな砂浜を見つけた。俺はボックスタイプの海パンに着替えた。

1時間近く日焼けをした頃だったと思うが、1人の男がやって来た。彼は真っ赤なポロシャツに白のデニム、小さめのボストンバッグを持っていた。彼は何も言わずに会釈だけをして、砂浜にビニールシートを敷いて座った。

そして彼は真っ赤なポロシャツだけを脱いだ。俺は寝そべっていたが、砂浜に座り直した。彼は海を眺めていた。俺は彼に話し掛けてみた。

俺、「近所に住んでいるの?」

彼、「はい。隣町です。」

俺、「いくつ?」

彼、「19です」

俺、「よく来るの?」

彼、「たま~に来るくらいかな。今日大学の講義が昼までだったので来ました。」

俺、「大学生かぁ。ウェア、持ってきていないの?」

彼、「持ってきてますよ。」

俺、「着替えたら?」

彼、「はい。」

彼は立ち上がって、白いデニムを脱いだ。スリムな体に適度に筋肉が付いて、下着のボクサーが似合っていた。ボクサーの前部分の膨らみもエロかった。

彼はバッグの中からオレンジ色の海パンを取り出した。そして、下着のボクサーをサクッと脱ぎ、海パンにはき替えた。オレンジ色の競パンだった。チラッと見えた彼のチンポは、半剥けだったが10cmくらいありそうなダランと垂れ下がった長いチンポだった。

彼は海パンにはき替え、再びビニールシートに座った。この段階で俺は、話し方や着替え方から彼はノンケだと思った。彼はビニールシートに寝そべった。足を伸ばし、大の字に寝そべっている彼の競パンの股間部分の膨らみがエロく、座っている俺のチンポが反応してしまった。平常時でもかなり立派な彼のモッコリは、太陽光に照らされてくっきりとチンポの形が分かる。

勃起してしまった俺は寝そべると彼にバレそうだったので、座ったまま過ごした。時々会話しながら、俺は彼のモッコリを見ていた。しばらく日焼けをしていたが、太陽が雲に隠れてしまい、彼が起き上がった。

彼、「曇ってきちゃいましたね」

俺、「そうだね。もう灼けないかもね。」

彼は立ち上がって、海へ足を浸しに行って、戻ってきた。ビニールシートに座った彼は、海を眺めている。

俺、「キミ、彼女とか居ないの?」

彼、「一応いますよ。同じ大学だけれど、バイトが忙しいようで、最近は彼女とは大学で会うくらいですねー。」

俺、「そう。じゃあ、淋しいね。」

彼、「バイトだから仕方ないですけどね。」

俺、「キミは一人暮らし?」

彼、「いいえ、親元です。」

俺、「そう。じゃあ、夜とかも彼女を連れ込んだり出来ないね。」

彼、「出来ないです。」

俺、「じゃあ彼女とは最近ヤッたりしてないの?」

彼、「本当に最近ヤッてないですよ~。」

俺、「もったいないね…、キミ、立派なモノを持っているのに…。」

彼、「あ~、コレっすか?」

と言って、彼は自分のモッコリを軽くさすった。俺が言った「もったいない」という言葉には反応しなかった。やはり彼はノンケだと思った。

俺、「さっき競パンに着替えた時、少し見えたけど、大きかったから…。」

彼、「あ~、大学のツレからもよく言われますよ。」

俺、「そうだろうね。大学生くらいの頃は毎日でもヤリたいのにね?」

彼、「ですねー!最近はセルフばかりですよ~。」

俺、「みんな、そんなもんだよ。自分でヌクのはエッチとは別モノだしね。」

彼、「ですね…。お兄さんもセルフっすか?」

俺、「そうだね。淋しいけどね。」

彼、「俺、動画派ですけど、お兄さんは?」

俺、「俺はDVDかな。キミはどんな動画が好きなの?」

彼、「少し待ってくださいねー」

と言って、彼はバッグからスマホを取り出した。

彼、「こういうサイトで…。」

俺に動画を見せてくれた。

俺、「盗撮系が好きみたいだね?」

彼、「はい。すげー興奮しますねー。実際に盗撮したら犯罪っすもんね。」

俺、「まぁね!」

彼はスマホで動画を見ていた。

俺、「すげー真剣に見ているね?」

彼、「いったん見ちゃうとムラムラしちゃって…。」

俺、「キミは若いからな~。」

彼、「やばっ!」

俺、「ん?どうした~?」

彼、「チンポ、起ってきた…」

俺、「ははは~。そんなに真剣に見るからだよ~。」

彼はスマホをバッグに入れた。

彼、「マジヤバい。おさまらないや~。」

俺、「しばらくしたらおさまるよ~」

彼、「ですかね。マジヤバいな。」

と言って彼は再び寝そべって、足に付いている砂を手ではらった。寝そべった彼の競パンから勃起したチンポがはみ出している。彼の勃起したチンポは、すごく大きく、競パンからはみ出しているというより、チンポの半分以上が露出していて、モロ出し状態に近かった。

俺、「すげー出てるよ~。丸見えだよ~。」

彼、「本当だ…。ヤバいっすね。」

と言って、無理やり勃起したチンポを競パンにねじ込んだ。斜めにねじ込まれた彼の勃起チンポは競パンに収まるわけがなく、すぐに勃起チンポがはみ出してきた。

俺、「ははは~。そんなに大きいモノが海パンに収まるはずがないよ~。」

彼、「ですよね。すいません…変なモノ見せちゃって。」

俺、「別にいいけどね。」

彼、「海パンに抑えられて少し痛いっす。」

俺、「もう丸見えだから、海パンをずらせばいいんじゃない?」

彼、「いいすかねー?」

と言って、彼は競パンを太ももあたりまでずらした。横から見る彼の勃起チンポの全体像に俺は興奮した。半剥けだった彼のチンポは、完全にズルッと剥けて、何より長さと太さのバランスがとてつもない。勃起した彼のチンポの長さはふた握りは確実にある感じ。

彼は起き上がって、座り直した。座った彼のチンポは、腹にくっ付くほど上を向いていた。そして彼の先っぽは、彼のへそより上に到達している。横から見る彼の勃起チンポは、本当に惚れ惚れするほど立派だった。そして彼は、バッグの中からタオルを取り出して、勃起チンポを隠した。

その後も、しばらく話しをしていたが、パラパラと小雨が降ってきた。

俺と彼は服を着て、帰ることになった。隣町の彼を車で送ってあげ、駅前で別れた。彼を降ろした後、俺は車を運転しながら、

「今日はラッキーだったな」

とか

「あんなに立派なチンポを見たのは初めてかも!」

とか思った。と同時に、

「あの時、冗談っぽく少しくらい触っておけば良かったかな?」とか「しゃぶりたかったな~」とか思った。

俺は意気地がないのだろうか?

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。