Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】厨房(15)ですが継父にイタズラされています・・・・・・

【ゲイ】厨房(15)ですが継父にイタズラされています・・・・・・

【体験談】継父との関係

 

宮崎県在住の高校生からの投稿。中学生時代に母親の浮気が原因で両親は離婚、今ではその浮気相手だった男性と母親と3人で暮らしていると言う投稿者。ただでさえ複雑な家庭なのにこの継父というのが・・・

継父

 

中3です。親父は建設業、お袋はスパーのレジで働いています。

 

夏の終わりの頃、お袋が同級生という小父さんを家に連れてきた。

 

二人で缶ビールを飲んでいたら、親父が帰ってきた。

 

親父も一緒に飲み始めたが、そのうち親父の怒鳴り声がした。

 

お袋に手を揚げていたら、小父さんが止めに入った。

 

ますます親父は激怒し、家を出て行ってしまった。

 

もう3ヶ月になるがまだ親父は帰ってこない。その時の小父さんが毎日のように泊まっていく。

 

90キロという巨体で、相撲みたいな体型だ。

 

僕は相撲部に入っているが、こんな巨体の人はいない。

 

小父さんはぼくが相撲部だと知ったら、少し相撲を取ったことがあるので公園で相撲をすることにした。

 

小父さんは強い、いつもぼくは押されて土俵を割る。

 

一汗掻いて近くの銭湯に一緒に行った。

 

湯船に浸かると、小父さんはぼくの身体をさすりながら、もっと強くなれて励ましたくれた。

 

それだけなら何のことはないが、小父さん場ぼくの金玉をさすってくる。

 

そして「もう女を知っているか」と聞かれた。

 

「何、知らない?童貞か」と言われた。

 

サウナに一緒に行ったとき誰もいないところで、小父さんがセンズリを知っているかと聞かれた。

 

モジモジしてたら、「中3だったらみなやっているんだろう。ここでやって見せろ」と言われたが。

 

おじさんは後ろに回り僕の性器を扱いてくれた。僕はすぐに逝ってしまった。

 

小父さんの大きなあそこが大きくなっていた。

 

小父さんはぼくのまたに泡石けんを塗り素股をしてくれと言う。

 

立ったままするので小父さんのマラがぼくのキンタマに当たる。

 

叔父さんがぼくをぎゅっと抱きしめたとき逝ったようだ。

 

ぶるんと震え精液が前に飛んだ。

 

そんなことをされているなんて母親には言えない。

 

とうとう実の父親とは離婚、その翌年には小父さんと再婚してしまった。

 

今では毎日のように継父に体を弄ばれている。



 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索