ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】粗チンは接待向きだという説を検証してみた結果wwwwwwww

【ゲイ】粗チンは接待向きだという説を検証してみた結果wwwwwwww

粗チンの使い道

青森県在住の熟年会社役員さんからの投稿。バブル時代は今で考えられないようなド派手接待が日常茶飯事だったという投稿者。その頃からバイでどちらもイケた投稿者には、記憶に残って忘れられない接待があった・・・
社長さんとキャバクラ嬢
バブルの時代だけど、風俗接待で、そういうのあったぜ。

景気が厳しい今と違って、どこも羽振りが良くって、社員の数も給料とか気にする必要ないから、どんどん取るわけさ。

なかには、勿論、あんまり仕事のできないやつも出てくるんだが、まあ結局人柄とか付き合いで結構変わってくるってあったんだよな。

接待がうまい、気がきくとか、一晩中でも付き合うノリがあるとかね!

あの頃はそういう奴が多かったしな…

おっぱいパブ(女の子たちはおっぱい丸出し、男たちは、円卓とか長ソファーでおっぱいに挟まれながら座って、手コキしてもらったりするシステム)とかノーパンピンサロ(ノーパン喫茶って言われてたやつな、男たちはみんなでフリチンになってもちろんノーパンをチラ見せしてくれる女の子にヌいてもらう店)とかエロい接待も、たくさんあったわけだ。

だけど接待する側が緊張しすぎてると、場の雰囲気も下がるし、せっかく無礼講で思いっきり女の子に気持ち良くしてもらおうって、ヌく気マンマンで接待受けてるのに、恥ずかしがったり変に遠慮してチンコ出さないのは話になんなくてダメだったね。

しかも結局、最期にしぶしぶ脱がされて、その場にいた全員の中で一番デカかったりすると男のプライドもあるし、その後仕事上でも付き合いにくくなったりして。

で、俺は毎週のように泊まりの出張があって、名目は研修だったりいろいろだが、ほぼ100%地方の下請けから接待受けてたんだ。

その中でも、ある県のピンサロ(いまでいうハプニンングバーとガールズバーがミックスした感じ)で接待受けたときは、いい意味で思い出深いというか、まじウケたぜ!

一緒に接待受けてた同僚が恥ずかしがってると、その空気を読んで率先して脱ぐわけさ。

ちなみに、自分たちよりもずっと年上の中年営業マンだったけど、こっちが恥ずかしくないように気つかって、顔真っ赤にして、無理して歪んだ表情を笑顔につくってチンコ丸出しのまんま、接待してくるわけ。

女の子たちが、サービスでパンチラしたりしだすと、飲み物運んだりしながらもチラ見して、バンバン、勃起しちゃってんだよw

みんなに勃起してんのをからかわれて、さらに屈辱の表情をなんとか、笑顔に保ちながら、自分から「粗チンでもバレちゃいましたか!」とか、「勃っても皮付きなんで、わからないかと思ってついっ!」て言いながら、もう、冷や汗で顔ビッショリだし、緊張感か屈辱感かわからないけど、どうみても、顔も体も、震えちゃってるのに、場の空気よくするために、俺たちを笑わせるためにマジ一生懸命、情けない勃起チンコさらけ出してんだよ。想像しただけで最高だろ?

で、まじウけたから、その場のノリで「だーせ!だーせ!」って射精コールはじまったわけ。

中年営業マン、気絶するんじゃねーのってくらい恥ずかしそうな顔しながらもシコリ始めたんだけど、そっこービクついてんだよw

なんか、出たっ、と思ったら、すぐ前にあったガラスのテーブルにガニ股になってチンコ近づけたんだよ。

皮の中から、結構な量の精子がドロって出てきて中年営業マン、その場で、その体勢のまま動けなくなって、泣きそうな顔してやんの。

「スイマセーン、おしぼり、もう一本お願いしまーす!(涙声)」って、店の奥向かって、叫んでんの!俺もう腹筋おかしくなりそうなくらい笑ったな。

あの頃はいい時代だったなーって話。あと、粗チンは接待向きだねって話。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。