ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】この宴会芸だけで仕事を取ってきました・・・・・・・・

【ゲイ】この宴会芸だけで仕事を取ってきました・・・・・・・・

宴会ゲイ

大阪府在住の営業マンさんからの投稿。詳しくは言えないけど・・・と言いながらも仕事柄、夜商売の方たちを接待することが多いという投稿者。とにかく印象に残るために考え出した宴会芸があるというのだが・・・
逆手オナニーする男子
私も、接待で生き残ってきた1人。

後輩と二人で、クライアントを多い時で十数人ほど抱えていた。

接待では、始まって早々に二人とも、真っ白のブリーフとネクタイの格好に。

そして宴もたけなわになると前に並んで、口上を述べる。

「私たちの仕事に対する熱意は、このブリーフのように真っ白で、どんなことでもやらせていただくお約束をいたします。」

「口先だけではありません、ただいまから、一番お恥ずかしいところをお見せいたしたいと存じます。」

まずはブリーフの上から、上向きの竿をさすりあげる。

会場が一気に騒がしくなり笑い声やら、屈辱的な怒鳴り声で埋め尽くされるが、そのままこすり続ける。

ブリーフごしの手のひらは、早すぎる上下運動のせいで、残像が発生するほどになる。長引くと白けるのでとにかくスピーディーさを意識して…

そして一分とかからず、ブリーフの中でドプドプと射精が始まった。

両手は腰の後ろに組み腰は突き出すように、前の膨らみ全体が一瞬で湿ってくる。

綿布を乗り越えて精子がプックリと溢れ出す。

垂れだしてしまったら、太ももで受け止めるように努力する。

決して、床に垂らしたり、手のひらで受け止めたりしない。

何度もこの宴会芸をやってきて、修正を重ねこのスタイルに到達した。

射精が、落ち着いてきたら、体全体に痙攣が残っている状態でブリーフを20センチほど下げる。もちろん、出したての精液と陰茎を開帳する。

隣で、後輩も、せっせとこすり上げているが、勃起すらしていない様子のことが多々ある。

そのまま、一分から二分、様子をうかがうが変化が見られない場合は、私が後輩の前に出て下ろしたブリーフを広げる、精子がこぼれないように注意しながら、ちょうど精子で汚れた内側の部分を開いて、クライアントたちに見せながらもう一度、挨拶する。

「これが、私の一番恥ずかしいところです、男のすべてを出し切る覚悟で、やらせていただきます。」

「隣の後輩はまだ、未熟者ですが、何かありましたら私になんでもお申し付けください。」

最後に、股間の精液をこぼさないように注意しながら、後輩と二人で土下座する。

たっぷり出た精子が、蟻の門渡りあたりを、つたうのがわかる。

そして、精子も乾いていない状態で、クライアントの一番偉い方のところへ向かい、私は中途半端に下ろしたままのブリーフ、精液まみれの竿と金玉を晒して正座、後輩は全裸でお酌をしながら、じっくりお話させていただく。

これが、俺たちの接待スタイなんだ

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。