ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ】チンカスだらけの包茎チンポを弄った手の匂いを嗅いだ結果wwwwwwww

【ゲイ】チンカスだらけの包茎チンポを弄った手の匂いを嗅いだ結果wwwwwwww

チンカスだらけ

石川県在住のリーマンさんからの投稿。数年前に市内のサウナで休んでいたところ、隣に爽やかな高校生がやって来たらしい。ダメ元で軽くモーションを掛けてみるとイケそうな感じだ。これは棚からぼた餅だ!喜んで相手のチンポをまさぐる投稿者だったが・・・
チンポを弄られる男子学生
もう随分昔のことだけど酔って遅くなったらサウナに泊まっていた。

そこの仮眠室は15センチぐらいの仕切りが足元まであって、そんなベッドがずらりと並んでいた。

夜の11:00を過ぎると少し暗くなる程度で周りは結構良く見える状態でした。

既婚の俺にとってその頃はサウナでノンケを夜這いするのが密やかな楽しみになっていた。

そんなある日、もう明け方に近かったと思うが俺のベッドの隣に来た男に気付きました。

すこし経って顔を覗くと高校生ぐらいの若い子が寝ていた。

足の先はお互いに割と自然な形で触れるので試しにちょっとつついてみるとちょっと押し返してくるような感触が・・・・。

ちょっと離してまたトライすると俺のアシから離れようともしないので、意を決して周りに判りにくいよう、横に寝返りする格好で毛布も一緒に巻き込み自分の毛布の下から手を伸ばし、その子の腿に手を置いてみたんだ。

ちょっとピクッとした感じもしたが反対方向に寝返りもうたないので、彼の毛布の下に手を入れ少しづつアソコに近づけていった。

(夜這いはこの瞬間が一番緊張するしこのスリルが堪らない(笑))

勿論自分では仕切りがあって見えないので指先、手のひらの感覚だけが頼りだ。

自分の手がついにチンポに届いた時、サウナパンツの上とはいえ、その子のチンポはすっかり勃起しておりその弾力と大きさに興奮した。

亀頭も大きく太さも十分な男のモノが俺の手にしっかりと感じられた。

すっかり興奮した俺は周囲に注意しながらも上半身を起こし彼を見ながら毛布の下で彼のパンツを下ろし直接触ろうとした。

手の感触で薄々感じていたが彼のデカチンは完全皮被りの仮性包茎だった。

俺は痛がらないように慎重に皮を剥きゆっくりしごき始めた。

その時初めて分かったが薄暗い仮眠室でも判るほど包皮と亀頭の周りには白いチンカスがたくさん着いていた。

チンカスは好みではないがしごく間に先走りとチンカスが混じりグチュウグチュウと音をたて、周囲にもわかるほどイカ臭い匂いが漂っていた。

最後は手でフィニッシュしたのだが、その日は手を洗ったつもりでも一日中イカ臭さが消えないくらい強烈な匂いだった。

時々鼻に手をやり、そのイカ臭さが匂うたびに彼が感じていたアヘ顔とデカチンが思い出され興奮しっぱなしだった。

で、帰る間際にしばらく話していて分かったんだが、彼は本当に高校生でゲーセンの帰りが遅くなったので友達とサウナに来たとのことだった。

ノンケだが、初めて他人に手コキされとても気持ちよくて拒否できなかったらしい。

現役のノンケ高校生を夜這いできるなんて、俺にとっては楽しくエロく最高の想い出の一つになった。

 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。