ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】小学3年生の頃に上級生達からセンズリを習いました・・・・・・・・・

【ゲイ】小学3年生の頃に上級生達からセンズリを習いました・・・・・・・・・

初めての射精

山形県在住の会社員さんからの投稿。小4でオナニーを覚えたと言う投稿者。そのキッカケは学校の上級生たちだった。上級生たちに言われるがまま意味もわからずズボンを下ろす投稿者・・・
ノンケのオナニー
小学3年の頃の話です。

下校中に上級生(4年)達5人で山間部の山道に入った時、いきなり一人の上級生がズボンとパンツを下げて、まだ毛も生えて居なくて皮被りのチンポを曝け出した。

いきなり何をしているんだろうと驚いていると、それに続いてほかの上級生も次々と同じ事を始めて、手で弄り皮を剥いてセンズリを始めたんだ!

俺は見てるのも恥しくて、その日は逃げるる様に家に帰った。

翌日は上級生に「昨日、何で逃げたんだよ。今日もやるからな」と、全員から強要されて、みんなと同じ様に自分のチンポの皮を剥く羽目になった。

そして、みんなの真似をさせられセンズリを覚えた。

あんなに恥ずかしがっていた行為が体に馴染むと凄く気持ちが良くなり、完全に癖になって家に帰ってもセンズリは1日2回以上かくほどになってしまった。

5年生でチンポは自然に剥ける様になって、精液も出る様になった。

そうなると今度は誰が1番飛ぶかを競って毎日並んでセンズリをかいていた。

そのころ殆ど毎日の様に、女の子達が通り過ぎて全部見られていたが誰も隠すことはなかった。

それどころか、わざと女の子に向かって激しくセンズリをかいていた。

ある日俺は一人遅れて帰っていても、何時もの場所に来ると一人でかいていた。

そこへ下級生の男の子が一人で通りかかったが、俺は隠さずかきまくった。

珍しそうにその子は近づいて「お兄ちゃんのチンチンってお父さんと一緒の形だ・・・」と言って珍しそうに見つめている。

「触ってもいいよ」と言うとしっかりと握りしめて、ぎこちなくセンズリをかいてもらえた。

でもその子に強要してチンポを見せろとは言わなかったが、興奮してか自分からパンツを降ろしてチンポを見せてもらえた。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。