ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】公衆トイレで学校の友達(15)が全裸待機してました・・・・・・・・・・

【ゲイ】公衆トイレで学校の友達(15)が全裸待機してました・・・・・・・・・・

ここで何してるの?

新潟県在住の学生さんからの投稿。とある日曜日の夕方、部活帰りで帰宅途中に便意を催したので公衆トイレに駆け込んだ投稿者。しかしそこは発展トイレらしく全裸待機している男の子が立っていた。薄暗くてよく見えない中、相手の顔をよく見てみると・・・
ハッテントイレ

15歳の時の話です。

部活帰りにウンコがしたくなり夜の公園の公衆トイレに寄ったんですが、何と友達が全裸でトイレの個室にいたのです。

個室は2つあり、1つは故障中と張り紙がしてあったので「ちょっと、そこ使いたいんだけど…」と声をかけましたが、退く気配がありません。

僕はもうお腹がとても痛くて限界だったのでパンツを脱いで友達の前でウンコを始めました。

すると友達は興奮した様子で勃起し始めたのです!

ウンコを出し終え、お尻を拭いていると僕の包茎チンポを触ってきました。

しばらく扱かれ、後ろ向きにされるといきなり彼の勃起チンポをお尻に入れてきたのです。

「痛い、痛い!」と言ってもやめる気配がなく腰を振ってきます。

僕も次第に気持ち良くなってきた頃、彼が「イク、イク」と言って中に出されたんですが、僕も射精してました。

僕は、初めての快感に力が抜け座り込むと、お尻からは彼の精液が垂れ流れてきました。

彼は僕のチンポをしゃぶりながら、「たくさん精子が出てくるね」と言ってお尻の穴をイヤらしく触ってきます。

今度は彼が後ろ向きになって、僕のチンポをお尻に入れるように促しました。

僕も興味があったので入れてみる事に。

意外にスルッと入ってしまい腰を振ると彼は気持ちいいと言って、自分から腰を上下に激しく振って、彼がもう我慢出来ないと言って、チンポから射精していました。

そのあとすぐに僕も中で射精してました。

こうして僕と彼は12歳でホモセックスを経験してしまったんです。

僕は彼とキスをして、彼が僕の事が好きだと告白してきました。

彼はずっと前から僕の処女を奪いたかったそうです。

僕も少しホモっ気があったので、彼とは毎日ホモセックスをして、僕のお尻に精子を入れて貰い、彼にも僕の精液を入れてあげました。

それからは、発展トイレに行って、おじさんたちに抱かれに行って、たまに乱交になってました。

お尻を調教して貰い、彼より太いチンポを入れてもらい、僕はお尻の気持ち良さに完全に目覚めてしまいました。

発展トイレには学校の後輩もいて、僕達みたいにパイパンチンポでホモしてました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。