ホーム » トコロテン » 【ゲイ】ノンケの肥満親父(50)が襲われる→トコロテンしちゃった結果wwwwww

【ゲイ】ノンケの肥満親父(50)が襲われる→トコロテンしちゃった結果wwwwww

目覚めた肥満親父

東京都在住の既リーマンさんからの投稿。結婚27年目、もう体型も無残に崩れて髪の毛も薄い。妻と喧嘩をして家を飛び出したものの、頼りにする女がいるはずもなく金もない、サウナか満喫で泊まるしかないようだ・・・・・
全裸で手コキされるポッチャリ男性
現在50歳の太めオヤジです。

3年前、私は仕事の付き合いで上野で呑んでいました。

自分で言うのもなんですが結構酒に強い方で、めったに酔っぱらわないのですが、その日は朝方女房とケンカしてムシャクシャしてたのと、仕事の区切りがついたせいか、しこたま酒を飲みまくり、すっかり出来上がってしまいました。

女房の顔を見るのも嫌だったので、その日はサウナに泊まる事にしました。

さっと風呂に入ってすぐに寝ようと思い、二階に上がり奥の方の誰も居ない部屋の布団ですぐに眠りにつきました。

どのくらい時間がたったのでしょう、なんだか気配を感じ目を覚ますと、隣に30歳くらいの青年が横になり私をじっと見つめていて、腿を撫でていたのです!

最初は夢かと思いましたが、これは現実に起こっていることなんだ、と分かるとビックリして起き上がりました。

反対側では四つん這いになった若者を後ろから禿げた中年男が犯してしる真っ最中でした。

完全ノンケの私は固まり声も出ませんでした。

そこはハッテンサウナだったのです。

ノンケの私でも何度か噂は耳にしたことのあるハッテンサウナ…

他を見回すとあちこちでまぐわったり咥えあったりしてました。

私がまだ酒の抜け切れていない頭でボーッとしていると、隣の青年が私のバスタオルに手を滑り込ませ、ぺニスを触ってきました。

そして「可愛い」と微笑みました。

私のは短小包茎のドリチンでとても恥ずかしくて手を払おうとすると、青年はパクっと咥えてしゃぶり始めてしまったのです。

それが女房とは比べられない程上手く、すぐに勃起して身体中から力が抜け、彼のされるままになりました。

乳首を撫で吸い、ぺニスを扱き身体中を舐め回し、両足を大きく持ち上げぺニス、玉、アナルとぐちゃぐちゃになるまで舐め指を挿入して来ました。

思わず声が出てしまうと彼は、私の目の前にぺニスを突きだしました。

気が付くと私は無心でしゃぶりつきフェラチオをしていました。

四つん這いにされて彼がゆっくりと入って来ましたが、未経験の上、彼のはかなり太くなかなか痛くて入りません。

すると彼はローションを私のアナルにたっぷり塗り再度挿入を試みるとツルッと入り、ビックリしていると彼がゆっくりと腰を動かし始めました。

痛みより脳天に突き抜ける様な快感が走り。仰向けになると彼にしがみつきながら、射精してしまいました。

彼も私のアナルにたっぷり放出してくれて、後でトイレに行くとピンクの液体がいっぱい出て来ました。

今では彼に夢中で、休みには彼の部屋で2人きりで一日中裸で過ごしています。

そのたびに彼好みのパイパンにされてます。

 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。