Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】高1♂だけど毎晩ハゲおやじの性処理道具にされてます・・・・・・・

【ゲイ】高1♂だけど毎晩ハゲおやじの性処理道具にされてます・・・・・・・

ハゲ親父、来襲!

【体験談】高校時代に公衆トイレで痴漢されたという大阪府在住の投稿者。しかもその相手はキモいハゲ親父。そんな男に舌を捻じ込まれることに快感を覚えてしまったマゾ高校生は・・・
ハゲおやじとの体験談
高1の頃、ジャージの下に短パンを履こうと、公衆トイレに入りました。

 

個室のカギは壊れていたのですが、誰も来ないと思い、下のジャージを脱ぎ、着替え始めた瞬間、個室の扉が開いて、60代のオヤジが入ってきました。

 

オヤジは落武者のようなハゲで、唇も分厚く、正直、キモいタイプ。

 

私は逃げようとしたのですが、下半身は白ブリーフだけだったため逃げられず、白ブリの上からイタズラされました。

 

途中、人が来たため、それだけで脱出できましたが、なぜかこの日の快感が忘れられず、何回かこのトイレでいじってもらいました。

 

ただ、オチンチンは絶対見せたくなかったので、いつも白ブリの上からです。

 

しかし、ある日、一瞬の隙をつかれ、白ブリを膝まで一気に下ろされました。

 

ハゲオヤジは、私の包茎ちんぽを勝ち誇ったように見て、「見~ちゃった」と一言。

 

屈辱に顔を赤らめていると、竿や玉をガンガンしごかれ、オヤジの前で射精してしまいました。

 

その後、数ヶ月はこのトイレに行かなかったのですが、ふと行ってみると、オヤジではなく100キロ以上はあるデブが1人。

 

帰ろうとしたら個室に連れ込まれ、もの凄い力で白ブリを脱がされ、オチンチンを晒してしまいました。

 

結局、キモデブにキスやフェラをされてヤツの口のなかに射精。

 

最初はオチンチンをなかなか見せてあげなかったハゲオヤジに対し、申し訳なく思ったのですが、別れ際にキモデブが「お前のことをオヤジに教えてもらった」と一言。

 

更に「この動画も貰った」とポツリ。

 

何のことか解からず動画を見せてもらうと、ハゲオヤジに竿を扱かれて腰をクネクネさせている情けない自分の姿が映っていました。

 

そうです、盗撮されていたんです。

 

そんな動画が出回っては人生終ってしまうと思い、怖くなり、言いなりになってしまいました。

 

毎週末、ハゲとデブに高校を卒業するまで、イタズラされました。

 

いや、自分でも悦んでいたのかも・・・



 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索