ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】僕はこうしてパイパン包茎の変態高校生になりました・・・・・・・・

【ゲイ】僕はこうしてパイパン包茎の変態高校生になりました・・・・・・・・

毎日、綺麗に剃ってます

茨城県在住の学生さんからの投稿。今も現役の高校生にしてパイパン包茎のド変態。複数人のおじさんたちからザーメンをぶっ掛けられるのが大好きらしく。投稿者がそんな男になってしまったキッカケは同級生だったようだ・・・
部室のDKカップル
中学1年生の時、友達に誘われて夜の公園に行きました。

とても蒸し暑い夜で、2人とも短パンにTシャツで草むらに座りたわいもない話をしてました。

しばらくして、会話が途切れたかと思うと友達は俯いたままずっと黙ってるんです。

「どうしたの、気分でも悪いの?」と聞くと、彼は僕の事がずっと前から好きで抱かれたいと告白してきたのでした。

僕は男性を性的対象としてみることはできず最初は返答に困ったけど、彼があまりにも真剣だったので僕なりに彼の気持ちを落ち着かせようと抱きしめてあげました。

しかし、彼は落ち着くどころかスイッチが入ってしまったようで、その場で短パンを脱ぐと僕の手を取り勃起したチンポを握らせました。

ここまできたら、とりあえず扱いて抜いてあげようという仏心から、彼のチンポを扱いてあげることに。

すると「あっ出る」と言ってすぐに射精してました。

僕は『もう、これ以上はできないよ。それと悪いけどお前の気持ちには答えられない』と言おうと思ったのですが、何故か僕もいつの間にか勃起していたのです。

しかも、痛いほどギンギンに…

彼はすぐに僕のズボンとパンツを脱がして、チンポを触りしゃぶり始めました。

僕は初めての快感に身をまかせ「あっー」っと喘ぎながら射精してしまったのです。

僕は放心状態で身体をビクビクさせていると、彼は僕を抱きしめて優しくキスしてきました。

起き上がると彼に「家に行こう」と誘われました。

そして彼の家に着くと一緒にお風呂に入り身体を洗いあいました。

彼の部屋に入るとすぐ裸になって抱きあい、僕も初めて人のチンポをしゃぶり、彼が僕のチンポにゴムを付け「お尻の穴に入れて」と言ってきました。

僕はもう、ここまで来たら入れても一緒だと思い、入れました。

彼の穴は緩くてすぐに入って、気持ち良いのか彼が女の子みたいにアンアンと言って、悶えてました。

僕は興奮していたせいもあって速攻でイきました。

彼は「今度は交代ね」と僕に言って、チンポを僕も穴に入れてきました。

僕は初めて人のチンポを受け入れて最初は痛くて我慢できなかったのですが、彼がゴムを外すと余り痛く無く入ってきました。

彼が優しく動かしてなんか気持ち良くなって、僕も悶えていると彼の動きが激しくなって、「あっイクっ」ていうと奥に熱い物を感じて中に出されて、僕も3度目の射精をしてました。

僕は彼に童貞と処女を奪われてしまったのです。

それ以来毎日アナルSEXして公園でやりあっていると自然に知り合いも増えて、おじさんたちにも抱かれてました。

もちろんお尻も使い、色々なチンポを入れて貰いました。

最高は8人とやって友達も身体中に精子を掛けられてました。

僕と彼もお尻から精子を垂れ流して、僕達も3、4回位イキまくりました。

それでも若いからすぐ勃起して、その度にお尻とか口の中に出されてました。

今は高校生になって、チンポは毎日剃毛して包茎だけどおじさん達に毎日、抱かれています。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。