ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】大学生ですが泥酔して気づいたらフェラされてました・・・・・・・・・・・

【ゲイ】大学生ですが泥酔して気づいたらフェラされてました・・・・・・・・・・・

飲んだら抜くな、抜くなら飲むな

埼玉県在住のリーマンさんからの投稿。学生時代に男を覚えたらしい投稿者。その相手は銭湯で知り合った年上男性で、一緒に飲みに行った際に泥酔してしまい・・・・

泥酔フェラチオ

大学生の時、風呂なしアパートに下宿していたのでほぼ毎日銭湯を利用してました。

午後からの講義が休講になった日、早めに帰宅して一番風呂へ。

そこで常連のおじさんと知り合いました。

市場勤めのおじさんは早朝からの勤務で昼には仕事が終わり、いつも一番風呂でそのあと一杯やるそうで、「奢ってやるから一緒に飲まないか?」と誘ってくれました。

もちろん貧乏学生だった僕に断る理由などあるはずもはなく、おじさん行きつけの居酒屋へ向かいました。

風呂上がりの明るいうちから飲むビールは最高に美味しくて、奢りだったこともありついつい飲み過ぎてしまいました(笑)

気がつくと、おじさんのアパートに裸で寝かされていました。

下半身がムズムズするので下を見ると、なんと、おじさんにチンポをしゃぶられてました。

おじさんも全裸で、僕のチンポをフェラチオしながら自分のを扱いています。

僕が目を覚ましたことに気づくと「ごめんよ。可愛くて我慢出来なかった。」と優しく謝りつつも、しゃぶり続けるのです。

そしてなんと、お尻の穴に指を入れてきました。

バキュームでチンポを激しく吸い続けながら、指でアナルを優しくストロークしてきます。

その頃、既に何度かは女性とも経験ありましたが、それらとは比べ物にならない快感です。

僕はたまらず「ああああっ!!!」と思わず声を出しましたが、余りの気持ち良さに体を動かすことも出来ず身をまかせていました。

そして、「あっ、出ちゃう。いくいくー。」と女の子のように叫びながら、おじさんの口の中へそのままドクドクと射精してしまいました。

それが初体験です。

それ以来、しばらくはおじさんと毎週のように会っていました。

毎週タダ酒をご馳走になり、ほろ酔いのまま抜かれるのです。

一ヶ月も経たないうちに処女まで奪われました。酒代欲しさにアナルを売ったんだと思うと、暫く憂鬱になりました(笑)

人生を通して女性にモテたことのない僕ですが、その時期が一番モテ男気分を味わえて楽しかったです。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    ワシ市場勤めだし、一時期とある学生とそんな仲だったけど、もしかして俺のことか!?

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。