ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】男を忘れた舅(62)が婿さんにチンポで慰められた末路・・・・・・・・

【ゲイ】男を忘れた舅(62)が婿さんにチンポで慰められた末路・・・・・・・・

娘婿にフェラされて

青森県在住の熟年さんからの投稿。一人娘の彼氏が婿として家族に加わったのが2年前。それ以来は二世帯住宅で暮らしだしたのだが、ある日、婿と家で2人きりになってしまった。なにやらおかしなコトを聞いてくる婿・・・
先生と生徒の禁断愛
私は青森県在住の62歳です。

実は、同居をしてます娘のお婿さんと男同士で交わってしまいました。

娘には本当に申し訳なく思うんですが、お婿さんとの関係は未だ続いている次第です。

その日は休日で、妻と娘は近くのショッピングセンターに出かけて行きました。

家でお婿さんと2人きりになったのは初めてではないのですが、この日はお昼からお婿さんとビールを飲みながらたわいも無い会話をしてました。

男同士なので、ついつい妻との夜の生活の事までも。

娘夫婦は二日に一回は交わっている様ですが、私たち夫婦はと言うと最後は何時だったのか覚えていないほどのレス状態でした。

お婿さんが私の肩を揉んでくれながら「キスも無いのですか?」と聞かれると、「もうキスなんて無い無いwキスってどんな感じだったかさえ忘れてしまったよ!」と言ってしまいました。

すると、お婿さんは「お義父さん可哀想…」と言って私の顔を横に振り向かせて耳にキスをしてきたのです。

私は、いきなりの事に驚くだけで何も出来ずに固まってしまい、何故か顔が火照り次第に頭がボーとする感じでした。

お婿さんのキスで身体中に電気が走る感じでいると、「じゃあ、お義父さんはイク事も忘れてしまってるのじゃ無いですか?」と言われて、恥ずかしかったけど無言で頷きました。

すると、お婿さんは私の手を取り自分たちの部屋に連れて行き私をベットに座らせるとまたキスから始まり、服を脱がせ始め、私の乳首に愛撫をして一方の手は股間を触り出しました。

さすがにそこはダメと抵抗はしたのですが、「お義父さんはじっとして。私に任せて下さい」と続きました。

指はお尻の穴を触り、そして中に入ってきました

もうその頃には、頭はクラクラしてて久々に勃起し、喘ぎ始めて居たと思います。

その内に妻にもしてもらったことのない、フェラをされて婿の口の中でイかせてもらいました。

そのあとには交代してお婿さんのチンポをしゃぶらされて、精子も飲まされました。

こんなに精子出したのは何十年ぶりだろう…

そして、男の愛撫があんなに柔らかく気持ちが良いものなのかと思いました。

その日はそこまででしたが、娘婿からは「今度はアナルセックスをしましょう」と何度も誘われています。

 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。