ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】中3男子がノリで友達とファーストキスしてみた結果wwwwwwww

【ゲイ】中3男子がノリで友達とファーストキスしてみた結果wwwwwwww

ノリでキスするイマドキ男子

沖縄県在住の学生さんからの投稿。思春期の男子が集まれば当然異性の話になるわけで、キスもしたことがない男子に至ってはもう男相手でもいいから一度経験してみたいものだ。試しにふざけてキスをしてみたのだが・・・
先輩と後輩
中学3年生の頃の話です。

その日、僕は友達の家に泊まりに行きました。

旅行で両親がいないという理由で泊まることになったのですが、すごく仲がいいので夜は同じベッドで横になって、まだ経験のないセックスの世界の話で盛り上がっていました。

思春期真っ盛りの中学生ですから男同士で一緒にいるとほとんどが、彼女かエッチな話かどちらかに決まっています。

それも夜です。それで友達が「なあ、キスしたことあるか?」って聞いてきました。

当然ながらしたこともなく、スゴく興味はありました。

「したことないから知らない」と正直に言ったのですが、友達も経験がないらしく「キスってどんなものか知りたくないか?俺たちでやってみる?」みたいなノリで話が一致し実際にしてみることにしました。

ただやり方もわからないのでジャンケンで負けたほうからしてくるって提案して、僕が負けました。

彼が仰向けになり、僕が上になりましたがとにかく男同士で、しかも親しい友達なので恥ずかしくて恥ずかしくて。

ドキドキしたけど思い切って、唇に唇を合わせてみました。

「やわらかい…」

その後、友達の顔を見たらすごくかわいいんです。

積極的に話をしてわりには、恥ずかしそうに顔を赤くして天使みたいでした。

今になって思うと、僕はその頃からホモの素質があったんだと思います。

キスの後、僕も気持ち的に盛り上がっているのがわかり、さらに調子に乗ってというか、気持ちを抑えきれなくて次は股間を揉んでいました。

最初は少し嫌がっていたようなんですが、友達の息が乱れ勃起し始めました。

友達のチンポって当時からズル剥けで15cmはあったので、パジャマの上からでも十分揉みがいがあり、カチカチになってきて僕はもう頭が少し変になっていました。

友達は、少し声をあげていましたが、「今度は俺がしてやる」って言ってきました。

ただその頃の僕のチンポは仮性包茎で大きさも13cmほどで友達に比べると全然小さく、見られるのが恥ずかしかったのですが、友達は容赦なくパジャマのボタンをはずしチンポを触ってきました。

「ああっ・・・」

思わず声が出てしまい、友達の顔がどんどんSっ気のあるイジメっ子みたいな表情にかわってきました。

「お前ってかわいいな、もっと声出せよ」

友達がそう言うと、いきなりチンポにキスをしてきて舌で金玉を転がしてきて、もう僕は興奮が頂点に達する手前まできていました。

自分でオナニーをしたことはあったのですが、他人から触られたり舐められたりするのが、こんなに気持ちいいとなんて初めて知りました。

「もっと激しく吸って~。」と、僕は無意識に友達にお願いをしていました

友達もよくフェラの仕方がわからないらしく、とにかく赤ちゃんみたいに吸い付いてきました。

僕にとっては未知の世界で、とにかく凄いんです。

その気持ちよさを友達にも教えてあげたくて、僕も友達のチンポに手を伸ばし、しゃぶり始めました。

友達のチンポは大きいし、しゃぶっていてすごく気持ちよさげで、さらに僕のチンポはまだ友達に吸われているから、それも気持ちよくてますます興奮状態に。

友達も少しうっとりしてきて、友達の金玉を擦ると小さくて恥ずかしそうな声が聞こえてきました。

男ってわからないものですね。

お互い十分に気持ちよくなり、また僕が横に69で添い寝するような感じになり、友達のパジャマをすべて脱がせていきました。

男同士なのに、パジャマを脱がせていると、また妙に興奮してきました。

全裸になった友達は恥ずかしいらしく、布団ですぐに体を隠しました。

「さすがに恥かしいよ。」

友達は顔を真っ赤にして、言いました。

「大丈夫。やさしくするから。」

まるで僕は彼氏のような感じ。

少しSなのかとも思いました。

さっきまで攻められていたかと思うと、今は完全に友達はMです。

「ちょっと待って。少しやばくない?」

友達はここまでなるとは思ってなかったらしいのですが(後で聞いた時そう言っていた)それは僕も同じ。

でももう気持ちが高揚して我慢できませんでした。

少し抵抗する友達に半ば強引にまたチンポを握り吸い付きました。

友達ももうどうにでもして、みたいな感じでだんだん声も大きくなっています。

「もっともっと。」

気がつくと僕を求めていました。

お互い全裸で、69でお互いのチンポを同時にしゃぶり始めました。

「あっ、いい~。」

お互い同じような声を出し、チンポをしゃぶりあいしていました。

「もうイキそう~」

友達はもうイク寸前です。それでも僕の舌はペロペロしてます。

僕も必死で舐めていましたが、ついにきました。あの瞬間が・・・。

殆ど同時に「イク~。」

友達は僕の口の中でイってしまいました。

僕も友達の口の中でイキました。

その時が初めてでした。精子を飲んだのは。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。