ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】父親からの虐待によって歪んでしまった性癖・・・・・・・・・

【ゲイ】父親からの虐待によって歪んでしまった性癖・・・・・・・・・

鬼畜な父の虐待

岩手県在住のアルバイターさんからの投稿。現在も兄弟揃って実家で生活していると言う投稿者。過保護で猟奇的支配欲のある両親のせいで自立もできず、また性癖も歪んでしまったのだとか。幼い頃の忌まわしいあの記憶・・・
チンポを弄る熟年リーマン
昔の話です。俺の兄は3歳上の兄弟。

父は暴力的で圧倒的な支配者、母はモラハラの毒親。

こんな父に毎日のように殴られ、ヒステリックな母に抑えつけられていました。

兄はそんな親に反発する勇気もなく、自我の無い、言いなりの性格。

小さい頃から、何かあるたびに俺と兄はフルチンで外に放り出されていましたが、兄は長男ということで俺よりも厳しく叱られ、中学生になっても素っ裸で家の外に立たされて泣いていました。

父は殴って蹴って服を剥ぎ取り素っ裸にして玄関から追い出しましたが、母は兄を理詰めで攻め、自ら服を脱がせて自主的に外に出るよう言葉で攻撃しました。

結局、裸で外に出されることには違いないのですが、小学生の俺でもメチャクチャ恥ずかしいのに、兄は中学生になっていたので、当時はその恥ずかしさは相当なものだったろうと思います。

そんな兄の姿を父と母はわざと俺に見せつけ、こんなクズ人間にはなるなと俺は教育されてきました。

「しつけ」だと言って父に殴られるのは日常茶飯事でしたが、俺は裸で外に出されたのは小4が最後でした。

でも兄の方は中学卒業まで続きました。

もちろん近所の人はそのことを見て知っていました。

今そんな事をやれば新聞沙汰になりますが、当時は子への虐待が世間で認知されていないので問題にならないんですよね・・・

兄が裸のまま父に無理やり近所の公園に連れて行かれ、小学生の前で見せ物にされたこともあります。

たしか全裸で鉄棒を繰り返しやらされていたと思います。

兄の運動神経はかなり悪い方でした。だからこそ鉄棒なのです。

皆に好奇と哀れみの目で見られ、追い込むんです。

また兄の友達がいる前でも服を剥ぎ取られ、パンツも脱がされて全裸にされたこともありました。

父は「恥ずかしい思いをさせる」ことも「しつけ」の一環だと常々言っていましたので、殴るだけで済まない場合、そのような仕打ちを兄に与えていました。

父は母にも殴ることが昔からあり、母は父に服従するようになって、「しつけ」も同じようになったのだと思います。

一種の洗脳状態なのだと思います。

でも母はどこか精神が壊れていて、時々ビックリするほどおかしなことを言い出しては、誰彼かまわずヒステリックに主張し始め、言う事を無理やり聞かせるような人間でした。

家の中でのその矛先は主に兄に向けられ、父のように殴る代わりに長時間の正座とか、飯を食わせないとか、兄の分だけ洗濯をしないとか、どこか陰湿なやり方も多かったです。

裸にさせる時も「親の金で買った服だから全部脱いで返せ」とかメチャクチャなことを叫ぶように言っては、まるでゴキブリを外に追い立てるかのように、フルチンになった兄を玄関の外に追い出していました。

兄が中学生になり性的に成長し始めてからは、母の仕打ちが一層ひどくなりました。

まず覚えているのは、兄が夢精でパンツを汚したことを母が発見した時ですが、それはもう大騒ぎしまして、近所中に兄の汚れたパンツを持って「息子がこんな汚いモノを出した」と言いふらしに行きました。

俺はその時まだよく分からなかったのですが、兄は本当に死にそうな顔をして部屋の隅にうずくまっていました。

残念ながら母を止めるような勇気は兄にはありませんでしたから。

結果、兄の精通は近所中に知られることとなり、学校に行けなくなる一歩手前まで行きました。

もちろん不登校なんて父も母も許すはずがありません。

母なんてどういう理屈なのか、中学校に抗議の電話をし始める始末でした。

結果、兄の抵抗はものの10分で終了しました。

両親の理不尽な「しつけ」に完全に屈服した瞬間でした。

パンツ事件の次にあった大きな出来事は先ほど書きましたが、兄が友達の前で父に裸にされたことだったと思います。

父の言いなりになっていた兄も、この時ばかりはかなり抵抗しました。

友達には絶対に見られたくなかったのです。

俺も近所のおばちゃんとかならまだしも、自分と年の近い子、ましてや友達だけには絶対に見られたくなかったから分かります。

兄は友達が4人いる目の前で父に殴れながらでも、服を剥ぎ取られるのを必死に抵抗していましたが、力で絶対に敵わないのに父をかえって怒らせ、最後はパンツを破かれるようにして脱がされてしまいました。

哀れにフルチンにされてからも泣いて隠してましたが、頭に血がのぼった父がそんなので許すわけがなく、両腕を取られた兄はもう本当に丸見えの状態にさせられました。

俺はこの時初めて見たのですが、兄の股間にはほんの少しだけ毛が生えていました。

だから必死で隠そうとしたのだと思います。

父はそのことにはふれなかったので、ちょっと前から知っていたのだろうと、その時思いました。

兄の友達は驚きながらも、みんな兄の裸を見ていました。

父は兄を気をつけの姿勢にさせて、そのままの格好で立っているように命じました。

場所は家の玄関横の駐車場です。これと言って目隠しになるようなものはないオープンなところでした。

父は俺に見張っているように言いつけて家の中に入って行き、次に出て来るまで結構時間がありました。

ひょっとして忘れてるのかなと思ったぐらいです。

そのあいだ兄は友達に体を見られ放題でした。

さらに言うと、途中から兄は勃起もしてました。

兄の友達は喜んでさらに仲間を呼んだようで、あとから男子がさらに3人増えました。

兄はずっとうつむいて時折は体をふるわせるようにして泣いていました。

兄の体に直接ふれる者はいませんでしたが、駐車場に置いてあった植木鉢に刺す棒で兄は悪戯されていました。

それで勃起したのかもしれないですが詳細は覚えてません。

今なら確実に写真撮られてLINEとかで回されてますね。

昔だったので、その点は良かったのかもしれませんが・・・

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。