ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】熟年女装子は家庭を捨ててまで快楽を選ぶのです・・・・・・・・

【ゲイ】熟年女装子は家庭を捨ててまで快楽を選ぶのです・・・・・・・・

快楽に堕ちた熟年女装子

大阪府在住の熟年リーマンさんからの投稿。結婚後、お酒で泥酔してしまった際にゲイに持ち帰りされ犯されてしまったらしい投稿者。それ以来、男同士のセックスの虜になってしまい、それが原因で離婚。それから十数年・・・
NH嬢のチンポをお掃除フェラ
私は大阪に住む50代前半の熟女装者です。

普段は普通の男として会社員をしていますが、30代の初めにある飲み屋で知り合った年上の男性の方に女のように犯されて以来、アナルセックスの快感を忘れることが出来ない身体になってしまいました。

そして、その方に呼び出されると女性用の下着を身に着けて出掛けるようになり、その方の性欲処理用メスとして使ってもらうようになりました。

その方とは1年ほどで別れてしまい、一旦はメスとしての自分を封印するつもりでいました。

もう、戻れなくなるのが怖かったので…

しかし、何をしていても受け身のセックスの快感が定期的に蘇ってしまい、我慢できなくなると掲示板で募集しては下着女装して不特定の男性の性欲処理を口やアナルを使ってご奉仕していました。

そのうちに下着女装だけでは満足できなくなり、化粧をし、ウィッグを着け、スカートを穿き、ボディスーツやストッキングを身に着けて抱かれることにメスとしての悦びを感じるようになってしまったのです。

そんな私は結婚していたのですが、当然との関係がうまくいかなくなり離婚して今に至ります。

先日もしばらく忘れていた女装セックスへの欲望が募って我慢できなくなり、掲示板で「溜まってる方なら、どんな方でも性欲処理に私の口とアナルを使ってください。」と書き込みしました。

もう、自分はでも止められないんです。

無駄毛の処理と腸内洗浄をし、Tバックパンティにガーターストッキング、超ミニのフレアスカートを身につけて夜の公園に行き、二人の方に口とアナルを存分に犯してもらいました。

男性の勃起したペニスをそのまま生でしゃぶり、濃くて臭いザーメンを口に出され飲まされると、本当に女性になったようで震えを感じるほどの悦びを感じます。

アナルは外側を少し撫でられただけで声が出てしまうほど敏感で、挿入されるとまるで下品な娼婦のように泣きながら尻を振る淫乱です。

もうかなりの年齢になってしまい、こんなことを続けていてはいけないと頭では思っているのですが、どうしても女装セックスの快感が忘れられずこんな書き込みをしています。

できれば特定の男性の専属性処理メスとして飼ってもらえたらと思っているのですが・・・

 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。