ホーム » 外国人 » 【ゲイ】付き合ったイギリス人が巨根過ぎて全く挿らないんだけどwwwwwwww

【ゲイ】付き合ったイギリス人が巨根過ぎて全く挿らないんだけどwwwwwwww

日本人にはキツ過ぎる・・・・

神奈川県在住の学生さんからの投稿。交換留学生としてイギリスでの生活を終え、日本に戻ってきたばかりの投稿者。向こうで知り合った熟年英国紳士とは今も付き合いを継続しているらしいが・・・・
野外全裸でフェラチオ
僕の彼は英国人。

彼とは2年ほど交換留学生としてイギリスにいた時知り合いました。

大使館で行われた日英友好協会のレセプションで知り合いました。

彼は横浜に住んでいる貿易商で日本の留学生の支援に貢献してきたことで賞状をもらっていました。

彼から日本語で直ぐに話しかけられて、それに僕は英語で答えていましたから変な会話だったと思いますw

雰囲気と目線、それに何気ない素振りで紳士的な男性というか気配りらしきものを感じました。

帰り際に名刺を渡されたのですが、裏に住まいの住所と電話番号がメモしてありました。

翌日、どうしても声が聞きたくなってしまい電話をかけたところ『直ぐに連絡があると確信していたよ、ありがとう』と言われましたw

完全に見透かされてました…

そして彼と食事に行き、その後彼のアパートに行くことに。

ドアを閉めるや、後ろからすっぽりと抱え込むように抱きすくめられました。

甘いコロンの匂いに特有の体臭があって、こういうの嫌いじゃないなと僕は思っていました。

巨大なお腹と金色に密集した体毛、腕も太いし胸板も厚い、デッカいお尻に見たことのないくらいの巨根…

亀頭はそれほど大きくはないけれど幹が太くて長い。

少し充血しかかっているのが恐ろしげに見える。

陰毛から腹毛胸毛と切れ目無く金色に渦巻いていて背中にまで連続してる。

男を知らない身体ではなかったけれど日本人しか知らない僕には、彼の巨根が大きすぎてとても受け入れられるものではなかった…

それでも、嗚咽しながらも口で受けてあげれたことに彼は大変喜んでくれていた。

彼がイギリスに滞在したのは2週間くらいで、その間にヨーロッパを飛び回っていたから会えたのは5回か6回ほど。

最後の2回は彼のアパートに泊まってしまいました。

でも、何度か諦めずに挿入をトライしたけど、やっぱりフェラまででアナルセックスは無理だった。

素股はもちろんできましたが…

こうして彼との付き合いが始まりました。

日本人の僕が英国人の彼が日本から帰国するのを英国で待っているという奇妙なことになりました。

彼は月の大半を日本で過ごし、戻ってくるのは毎月1週間くらい。

その時の本国での相手を日本人の僕がする。

程なく彼の提案で僕は彼のアパートに引越しをしてしまいました。

僕も密かに自分の身体の慣らしをしていたけれど、とうとうドッキングに成功したのは付き合って5ヶ月が経過していた頃だった。

それは僕が彼のアパートに引越しをした月だった。

「これでミッチはマイワイフだよ、今夜が僕たちの結婚記念日になるんだよ」とキャンドルライトの中、グラスを交わしました。

挿入の瞬間は火花が散って身体を突き抜ける激痛に声もでなかった。

僕は留学期間が終わって一旦日本に戻って本学を卒業し、彼の援助もあって再度の留学をすることに。

勿論、住まいは同じ、英国で彼を待つ日本人妻というか愛人を続けました。

去年、留学を終え帰国して横浜に住まっています。

今は日本で彼を迎える日本人妻です。

もう、大きくても彼の巨根をくわえ込んで善がり鳴ける身体になっています。

彼は間もなく60歳です。でも、セックスの力は凄い。

今でも週に1回以上は必ずセックスがあります。

勃起させてから1時間以上も頑張ります。

多分、僕はもう日本人とはこうなれないだろうと思っています。

 

カテゴリ:外国人の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。