ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】童貞を筆下ろし→逆にトコロテンしちゃって女にされるwwwwwwwww

【ゲイ】童貞を筆下ろし→逆にトコロテンしちゃって女にされるwwwwwwwww

童貞の巨根

富山県在住の学生さんからの投稿。話の流れからアパートに同級生を泊めることになった投稿者。色々話を聞いてみるとまだ童貞らしく、男でもいいから経験してみたいらしい。先輩風を吹かせて童貞を筆下ろしするはずが・・・
彼氏とアナルセックス
今年の夏の事です。

相手は、中学の時の同級生(渡部)で卒業と同時に他県へ引っ越してしまった奴です。

その渡部がこっちでも就活をするので、二週間ほど泊めて欲しいと言ってきました。

特に下心も無く、二つ返事でOKしました。

渡部が家にくる日はバイトが休みだったので車で空港まで迎えに行きました。

久し振りに会った渡部は、背が10cm以上も伸びていた以外、見た目は大して変わっていませんでした。

相変わらず体はポッチャりしていてイモくさい感じの顔をしてましたw

「県外行っててもイモくささは抜けないなw」とからかうと「うるせ〜wお前に言われたくねぇよw」と、まるで中学生の頃のような会話ですぐに盛り上がりました。

とりあえずその日は帰宅途中にあるスーパーで惣菜と酒を買って帰って二人で呑みました。

中学の時の話で盛り上がっていましたが、話は段々エロい方へ向かいました。

色々と興味津々に聞いてくるし、こちらから質問すると曖昧な返答だったのでもしかしてと思い「お前、もしかして童貞なんか?」と聞くと、渡部は恥ずかしそうにうなずきました。

中学はもちろん、高校は男子校だったし、大学生になっても彼女はいないらしく本人は焦ってるみたいでした。

その日は何事も無く、二人酔いつぶれて終わったのですが、きっかけは数日後に訪れました。

深夜のバイト中に渡部から『パソコン使っていい?』とメールがきました。

仕事中だったので、急いでOKとだけ返信しました。

しかし、休憩中に男同士のエロビのフォルダーやゲイサイトのブックマークがある事を思い出して青ざめました。

渡部が見てないことを祈りながら帰りました。

帰るといつも通りだったので、見てないんだと勝手に安心してました。

面接に行く渡部を送り出したあと、どっと疲れがきて眠ってしまいました。

夜、帰ってきた渡部と飯食って晩酌してたら、渡部がいきなり「お前ってホモなの?」と直球で聞いてきたのです。

不意を突かれて固まってると、パソコンのフォルダを見たとのこと…

その後渡部は黙りこくるので、「気持ち悪いか?」と聞くと、「そんなことないけど…」と言うので、「興味あるか?」と聞くと、「少しな…」と答えたんです。

もうどうにでもなれと思い、「口は男も女も変わらないからしゃぶってやろうか?」と聞くと小さくうなずいたので、とりあえずシャワーを浴びることにした。

先に渡部にシャワーを浴びさせ、その間に部屋の電気を間接照明に替え、パソコンで男同士のAVを流しておいた。

交代でシャワーを浴びて、一応お尻もキレイにして、軽くほぐしてから出ると、渡部はAVを見て興奮している様子だった。

座った俺の前に渡部を立たせ、股間を弄ると今までに体験した事のないサイズだった。(後日測ったら、長さが19cmで太さが缶コーヒーよりちょっと細いくらいだった)

先っぽに舌を這わせてみると、仮性で敏感なのかビクッと反応するのが可愛かったように思う。

そのまま亀頭を咥えてやった。

奥まで入れようとしても半分を過ぎた所で苦しくなりこれ以上入らないので、そのままストロークしていると、イラマチオとは言えないが、俺の頭を軽く押さえて遠慮がちに腰を振り始めた。

そして五分もしないうちに息が荒くなってきて、「イきそう…」と言い終わる前に、口に出されてしまった。

溜まってたみたいで凄い量だった。少し飲んでしまったと思います。

精液をティッシュに出した後、全然萎えないチンポをお掃除フェラしているとまた感じはじめた。

俺も欲しかったので、「アナルにいれてみるか?」と聞くと、すぐ頷いたので、横に寝かせローションをチンポに垂らし、アナルに塗り込んで指三本いれてほぐしてから、ゆっくりと騎乗位で渡部のチンポにまたがった。

亀頭が通るまでが大変だった。

亀頭が通った後もずっと広げられてる感じだった。

口とは違い全部呑み込む事はできた。

いつも当たらない所に当たってるのか、初めて挿れられる時に勃起してた。

太さと長さに慣れてきたので、動かしてみると今までにない気持ちよさで、乳首をいじりながら腰を動かしてると変な感じがしてきた。

すると俺のチンポからは精液が流れ出ていた。初のトコロテンだった。

俺がイったときにアナルが締まったみたいで渡部もイクと言ってそのまま中出しされてしまった。

二回目だが長いこと脈打ってた気がした。

アナルからチンポを抜いた後、足がガクガクして渡部の横に倒れこんでしまった。

すると、渡部が起き上がり今度は自分で入れてみると言い出し、うつ伏せの状態から腰を持ち上げられ、バックの体勢で入ってきた。

三回目ともなるとなかなかイかず一度抜いて、正常位で挿れ直された。

余裕がでてきたのか、腰を振りながら乳首を吸ったり弄ったりされ、もう完全に主導権を取られてしまいました。

最後はキスをされながら中出しされた時にまたトコロテンしてしまいました。

童貞の筆下ろしのはずが、初めてトコロテンを経験させられて、完全に女にされた気分でした。

実際にあの後からタチができなくなったんですけどね。

その後は渡部が帰るまでの間はほぼ毎日されました。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。