ホーム » SM調教 » 【ゲイ】潜入捜査中に監禁されてしまった刑事の末路・・・・・・・・・・・

【ゲイ】潜入捜査中に監禁されてしまった刑事の末路・・・・・・・・・・・

いかがわしい裏メニュー

神奈川県在住の匿名さんからの投稿。刑事もの短編集。優秀な新人刑事の案件を横取りし違法マッサージ店に潜入したベテラン刑事。早速スペシャルコースを受けることにしたが・・・・・・</strong
拘束レイプされたノンケ
今年、2人の新人刑事が配属された。

オレは、つくづく嫌になる。

新人の一人が優秀だったのだ、どこそこの有名大学卒業のエリートでイケメンときている。正直、今まで適当に仕事をこなしていたが、こういう奴がいると仕事が出来ない俺が目立ってしまう。

とりあえず、そいつが目をつけてた風俗店の案件を横取りしてやった。

そして今、違法マッサージ店に潜入している。

一見普通なのだがスペシャルコースという、如何わしそうな裏メニューがあるのだ。

その、裏メニューを受けようとした時に飲みものを渡され、それを飲みほした。

意識が朦朧として、気付いたときはイスにしばられていた。

全く状況が理解出来ない。

しばらくすると1人の男が入ってきた。

「お客さん、刑事さんでしょ・・・」

そういきなり言われ、ドキっとしたが、否定した。

男が無言でペダルを踏むと強制的に股を広げさせられた。

オレの股間を掴み、男は歯ブラシにジェルをつけて、優しく、シャカシャカし始める。

初めての刺激と快感に耐えられず、悶える俺。

男は執拗に、そして徐々に強く、時に金玉を弄り、乳首をねっとり、舌でレロレロ、歯ブラシでシャカシャカ、そして、股間をそのゴツい手でがっしり掴み、一気に、上下にしごき、加速していく。

イク、そう思ったとき、オレは、強い衝撃で息が止まった。

男が金玉に鉄拳を入れ、すかさず、掴み下に引き下ろしたのだ。

男は、ニタニタしながら、「お客さんダメですよ。まずは、名前、そして、何者何ですか。ウソつくと、早く言わないと潰しちゃいますよ。」

男は、そう言って右手で金玉を揉みしだきながら、左手でリンゴを潰した。

男は、「お客さん2個付いてるし、どっちから潰しましょうか。それとも、同時が良いですか?」

止まる事の無い、むしろ強くなっていく傷みにオレは、正直に刑事である事、内偵している事を全て話した。

「男は、お客さんどうしたいですか?このまま帰りますか?さっきの続きしますか?」と。

オレに選択肢は無かった。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    続きはあるのですか

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。