ホーム » BL小説/鬼畜・レイプ系 » 【BL小説】男だけど、宅配のバイト中にレイプされました・・・・・・・・・・

【BL小説】男だけど、宅配のバイト中にレイプされました・・・・・・・・・・

【BL小説/R18】フリーターのリョウ、今年20歳。彼女と同棲しながら日雇いのバイトをして生活している。ほぼ、ヒモ状態。ある日、友人からバイトを変わってくれと頼まれた。「頼むよリョウ!」と3000円渡されて渋々OKしてしまった・・・

レイプ bl

とある土曜日。

友達の代わりに、配達のバイトをしている。

ぶっちゃけ、面倒くさい。

そして、友達の代わりというと嫌な予感しかしない。けど、今回は、大丈夫そうだ。

何もない。ヤレヤレ。

最後の荷物を配達に、アパートに向かった。

ピンポーーーンと呼び鈴を押す。

ドアが開くと、中から、「ちょっと、荷物を中にもって入って。」と声が。

「重いから、そのへん置いといて。」

しょーがねーなと。渋々中へ、ぶっちゃけ重い。

「サインお願いします。」

伝票にサインをもらってると、「すみません。」と別の男が、俺の横を通って玄関の方へ。

その男が、背後から俺を羽交い締めにした。

戸惑って後ろを見たら、ズボンを下ろされ、しゃぶり始められた。

「おい、座っていいぞ。」

俺は、言葉もなく、喘いで。ゆっくりと座った。

「お前、かわいいな。」

後ろの男は、話しかけてくるが、しゃぶりは、続く。

正直、もたない。

俺は、息遣いが荒くなっていく

「我慢せんでいいぞ。」

その声で、おれは、いった。

後ろの男は、乳首にむしゃぶり、かみながら、転がしなが、吸いながら、その舌が、ヘソ、鼠径へと下ってくる。

俺は、全身に電気が走った。

「限界か?」

前で、さっきしゃぶってた男が聞いてきた。

俺は、頷いた、

その舌は、マラには来ない。

焦らすように、鼠径とその周囲をナメと、指は乳首を転がしている。

俺は、全身から汗が噴き出している。限界が来ているのはわかっている。

全身に力が入っている。

前の男が、両手に何やら垂らして、それを、俺のマラに塗りたくっている。

「あーーーーーーーーー。」

俺は、声を上げ続けている。

その両手は、優しくさすっている。いきたいが、もう少し、強くしないと出ない。

俺は、腰を振ろうとしたが、押さえつけられてできない。

もう、もう、ようやく、さする手が加速していく。

俺は、思いっきり出した。何度も、なんども。

「また、きていいぞ。」

男のこえに、頷いた。

 

カテゴリ:BL小説/鬼畜・レイプ系の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。