ホーム » レイプ » 【ゲイ】海外で集団レイプされ、睾丸を氷漬けにされてしまった話

【ゲイ】海外で集団レイプされ、睾丸を氷漬けにされてしまった話

タイのチンピラ

投稿者が仕事で海外に住んでいたときだった。ひょんなことから現地の男たちと揉めてしまう投稿者。必死に謝るも、無理矢理に連れ去られてしまう。その場所で待ち構えていたのは強面の男たちであった・・・
身体を鍛え上げた男達
会社の海外赴任でタイに住んでいた時である。

休みの日にフェリーに乗り、船もいいもんだとデッキで風を感じ、風呂に入り船室に戻ろうとした時であった。

狭い廊下である。東南アジア系の男と、肩がぶつかった。

「すんません。」もちろん会話はタイ語である。

謝りすれ違ったその時、その男は、俺の襟首を掴み壁に押し付けて「何だ、今のは、喧嘩売っているのか。」と…

そういうと、もう片方の手で股間を鷲掴みにしてきた。

よく見ると身体中にタトゥーが入っていて危険そうな男だった。

何度も謝ったが許してくれず、怯えている俺を、強引にある部屋にぶち込んだ。

そこには、何人かの男がおり、トランプをしていた。

部屋にはマリファナと思われる煙が充満していた。

すぐに、一番ごついやつに、羽交い締めにされた。

「どうしたんだ。」

俺はすぐに「実は、」と釈明をしたが聞いてもらえず乳首をコリコリされた。

別のやつはズボンを下ろし、「縮み上がってんじゃねーかと。」笑っている。

玉袋を下にほぐすように執拗に揉んでくる。

それだけで勃起してしまった。

「何だ、お前気持ちいいのか?」

別の奴が、反対の乳首を舌で転がしている。

玉袋をもんでた奴は、頬張り舌でレロレロしている。

「はあー、、」

俺は、よがり声をひたすら上げていた。

「お前、今、何歳だ?」

「17っす。」

「何回週に扱いてるんだ?」

「秘密っす…」

「いい体している。なんかしているのか?」

「空手っす。」

俺は一言返すだけで精一杯だった。

玉袋から鼠径へと、やがてチンポへと上へ上へとしゃぶりあげている。

ひとしきりしゃぶって、手を使い扱き始めたら、もう限界を超えていた。

全身の筋肉に力が入り、発射態勢に入っているのが分かる。

その時、男が紙コップを2つ持って来て、その一つに俺の金玉を突っ込んだ。

「冷てっ!!!」

俺は、思わず、叫んだ。見ると氷が入っていた。

「夜は、まだ、長いぜ。」

俺の耳元で、羽交い締めにしている奴が、囁く。

チンポも含め、十分に冷やされ、熱気が治まったのを確認すると、再び縮み上がった玉袋を今度は口にいれ、温めるようにしゃぶっている。

俺は、思わずのけぞった。

「何やってんだ?」「どうした?」相変わらず、乳首をレロレロされ、へそも舐められ、くすぐったさも快感に加わり、再び発射態勢に入り、カウントダウンが始まった。

すると 男がまた紙コップを持ってきた。

「また氷漬けか………」

俺は、こころの中でつぶやき、その冷たさに耐えようとした。

しかし、今度は氷水をかけてきたのだ。

細く、ゆっくりとチンポの先端から。

俺は、その気持ちよさに、ひくひくした。

男たちは、楽しそうに笑っている。

「こんなんで、気持ちいいのか?ひくひくしてんぜ?」

俺は、恥ずかしさより、気持ちよさの方が、優位だった。

「オラッ」

そう羽交い締めしてた奴がそう言うと、ごっつい手で勃起したちんぽの根元を掴み、右手で亀頭を円を描くように、カリ首は握りこむようにごつい手で刺激を始めた。

俺は、こんなに激しくされるのは、初めてである。

根元を掴んだ手が金玉に下り、揉みしだく。

痛いといより気持ちいい。

俺は、快感に身を任せて、乳首を別の奴が弾いてきた時は、もうダメだった。

どこに、こんなに貯蔵されているのかというくらい、ぶっぱなした。

「すげーじゃん」

タトゥーの男はニヤリと笑った。

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:外国人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。