ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】リーマンだけど電車痴漢にザーメン搾り取られました・・・・・・・・

【ゲイ】リーマンだけど電車痴漢にザーメン搾り取られました・・・・・・・・

リーマン、痴漢に遭遇

【体験談】神奈川県在住の二十代リーマンさんからの投稿。今年の一月、新年会帰りに電車へ乗り込んだ投稿者。ふと、コチラをおかしな視線で眺める男がいることに気づいた。特に気にせずに乗っていたのだが・・・
怪しい男

新年会の飲みがあったので久々に電車で帰宅する、週末はこんなにも混んでるのか?

車両の奥に押し込まれて車両の繋ぎ目の座席が3席の所に押し込まれた。

痴漢冤罪に合わない様に両手でつり革に掴まる、後ろから押され座っている人の前に仰け反る。うっ!

前に座っている奴がずっと俺の身体を舐める様に見回している・・・

やめろ、そんなに見るな、ナルの俺は見られてつい反応してしまう・・・うっく!肉棒に力が入った。

こいつに肉棒引きずり出されて扱かれたら・・・はぁはぁっ!やべぇ、妄想したらマラおっ勃ちまった、はぁはぁ!

後ろの奴に押されさらに俺は座っている奴の前に肉棒を突き出す・・・あぁぁっ!

いきなり前の奴が俺のバックルを外しジッパーを下げた・・・うわぁ~っ!何する・・・

手首までつり革に嵌まってしまって手が抜けない、腰を引こうにも後ろからは押され続けている。

うわぁっ!やめろっ!奴はスパッツのウエストをズリ下げ雄球に引っ掛けた。

びんびぃ~ん!俺のおっ勃った雄マラが奴の目の前に突き出された、はぁはぁはぁぁっ!

すると同時に後ろから手が廻され俺のイキリ勃ちしている男根を扱き上げる・・・や、や、やめぇろぉ!

Yシャツをたくし上げられ既にコリコリの乳首を弾かれ摘まれる、びくんびくん!うわぁっ・・・

我慢汁でヌラヌラのマラはいい様に後ろの男の手まんこでもてあそばれる・・・

ゆっくりとぬるっぬっ、激しくしこしこ・・・わぁっ・・・だめだっ出ちまう・・・

すると手圧を緩めぬらっぬら、吊り上った金玉を揉み解す様に転がされ、はぁはぁはぁ!

た、た助けてくれっ、で、で出ちまう・・・後ろから声が聞こえてくる

「名前言って、男に扱かれ俺精子漏らします・・・って言えよ!」くくくっ!・・・

はぁはぁ、ゆ、ゆ雄太、おと男に扱かれ・・・うわぁっ!後ろの男の手の扱きが早くなる・・・

うわぁぁっ!もう駄目ッス!あっあっ・・・せ精子でち出ちまう・・・うわっ!

はぁはぁ、いっいっ逝くーーーぅっ!わぁっ出る出る・・・

男の手は止まらない・・・

くわぁーーっ、やめろぉ~逝き続けるぅ~・・・もう足はガクガク立ってられない程の全身の痙攣で逝き捲くる。

俺の大量に放出された精子は前に座っていた奴の喉まんこに大量に注ぎ搾り取られてしまっている。

「ほら、しっかり全部出せよ・・・」

後ろの男が半笑いでケツを叩いてくる。喉まんこの中でドクドクと精液を吐き続ける俺。

又乳首が弾かれる、はぅん!・・・深呼吸する暇も無く前の席の男は入れ替わり又俺の精子は搾り取られる・・・

その手の人間には割と有名らしいこの電車。とんでもない世界を知ってしまった。

今日も俺は偶然を装ってあの電車に乗り込む・・・

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。