ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】中3になる息子(15)のアナル開発をはじめました・・・・・・・・・・・

【ゲイ】中3になる息子(15)のアナル開発をはじめました・・・・・・・・・・・

性にオープンな家族

島根県在住の会社員さんからの投稿。今年の夏、あるキッカケから息子に手を出してしまったという投稿者。しかも母親公認の仲らしいのだ。そんな変態家族、とうとう息子のアナル開発をはじめたようで・・・
熟年さんのフェラチオ
去年8月夜の事です。

午後11時過ぎ、受験勉強をしている中学3年の息子を激励してやろうと部屋をノックしても返答がないので、寝ているのかなと軽くドアを開けたんです。

すると息子は、私に背中を向ける格好でヘッドフォンをつけて、PCの画面に見入っているのです。

覗き見入ると、「開けてびっくり玉手箱」の諺じゃありませんがPCの画面には巨乳AVが流れていて下半身裸でオナニーをしているのです。

そんな息子を眺めていると、私もチンポが勃起し始めてしまい手コキしてしまいました。

そーと部屋に入りドアを閉めて、息子と同じくパジャマズボンを脱いで手コキしていると、フル勃起したので軽いノリで息子の横に立ちました。

目を見開きびっくりした顔で私を見つめ、そしてフル勃起したズル剥けのチンポを見て、何を悟ったのか私の方に向きを変えてオナニーをし始めたのです。

息子のチンポは、親の遺伝なのか私と変わらぬ大きなチンポをしています。

お互いに見せあいながら扱いていきます。

私は堪らず全裸になり、息子の大きなチンポへ手コキを手伝ってやりました。

息子も同様に全裸になり、私のチンポへ手コキして来ました。

私は以前から、ゲイに興味がありPCでゲイコーナーを見つけてはオナニーをしています。

これ幸いと息子のチンポをフェラしてしまったのです。

血の繋がった実の息子に対し背徳感を抱きつつも止めることなんてできません。

何とも言えない味で、ピンク色の亀頭は大きく弾力のある硬さで咥える美味しさです。

私の口内で舌をころがし喉元まで吸い込みを繰り返すと「父さん、イくーー」と言って口内射精しました。

息子のザーメンの味は、苦くて濃ゆく口一杯射精し美味しく頂きました。

私のザーメンは、歳のせいか又はやりすぎなのか薄く感じ1回の量も減って来たので若いザーメンは生まれて初めて飲み込みました。

お互い全裸で手コキし合っている、午前零時頃は息子の夜食の時間で、ドアを閉めたつもりが少し空いてので、よく見ると妻がスカートの中に手を突っ込み股間を摩っているのです。

私のフル勃起したチンポを、息子がフェラしていると息子のチンポは衰えてなく大きくヘソにくっつきそうなのでベッドに移動し、69でフェラし合い互いに口内射精しました。

その頃には、ドアは閉まっていました。

息子は、2回射精して、ぐったりしたのでこのまま寝るよう言いつけ、私は全裸で部屋に戻りました。

私と妻は半年程、セックスレスで妻はその間はバイブで一人オナニーをしているのを知っていました。

今晩(親父と息子)の事で、翌朝気まずいと思いチンポを綺麗にして妻の部屋に行きました。

案の定、オナニーをしたのかパジャマ上着は脱げ乳房を出したまま寝ています。

私は、忍び足で近寄り肌蹴た乳首を吸い上げると、喘ぎ声を出して来たので、下半身裸にして吸い付くと半年程チンポを入れていない為かクリームが溢れんばかりに出て来ます。

それを飲みこむ頃には、絶叫に近い声を出し始めたので半勃ちのチンポを咥え込ませると悦び顔で必死にフェラしています。

妻は若い頃から、〔アナル好き〕なのでフェラでフル勃起したチンポを上下に差し替え時には、又しても絶叫し声を出し始めたので口にパンツを差し込みました。

私もイきそうになったので、アナルで射精した後、妻の口で残りのザーメンを絞り出させ綺麗にさせました。

翌朝、何事も無かった様に親子3人は顔を合わせました。

親子は、あれから数度肌合わせをすると恥じらいも無くなりました。

今では、性欲が高まれば互いに全裸で往き行きしています。

私の初オナニーは15歳位前で、当時はエロ漫画やエロ雑誌でPCを買う余裕も有りませんし、また自分の部屋がない為、神社の裏山に砦を設けてやっていました。

ですから今の息子は幸せです。

私も数年前からネット通販で、大人のおもちゃをいろいろと仕入れてタンスの引き出しには、たくさん入っています。

この歳になると普通のオナニーに我慢出来ず「アナル」にハマっています。

さて、本題に戻して若い息子の濃い精液は苦く美味しいです。

特に自分の種から出来た息子が故です。

或る時、落ち着いて息子と肌合わせして、何処の部位が性感帯なのか知りたくなり耳・首筋・脇の下・乳首‥‥アナル‥と試して見ました。

私は息子に「何処が感じる」か尋ねると息子はうーんと言って乳首は変な感じがするし、綣とアナルはくすぐったいし、でもアナルはちょっと変な気持ちがすると答えたので、≪受けの素質≫ が或るのかと知れないと思い、今回は此処を重点的に攻めて行きました。

乳首を、強弱に吸い付いたり咬んだりすると、妻と同じような「喘ぎ声」を出すのです。

そして、アナルを舐めると腰を振るので唾液をたっぷり付けて小指を押し付けるとじっとしているので、小指を一節差し込んでも痛いと言いません。

小指の根元まで差し込んで息子に痛いか聞くと「うふーん、変な感じがする」と言ったので、小指を出し入れすると息子は再度小さな「喘ぎ声」を出し始めました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。