ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】漁師だった父親に褌を締めてもらった少年時代の話

【ゲイ】漁師だった父親に褌を締めてもらった少年時代の話

【体験談】夏になると褌一枚で町を練り歩く漁師たちを見て育った高知県出身の投稿者。自身の父親も漁師をしていたようで、その逞しい父親の姿が、十数年後に投稿者を同性愛の道に導く・・・

漁師の体験談

私の故郷の漁村では、毎年の夏になると村の男衆が褌一枚で神社にお参りをする風習がある。

海の神様が祭られているとかで、昔は若い漁師が集まって執り行われていたらしい。

今では過疎化で若い衆といっても50歳くらいまで参加しないと人数が揃わなくなった。

父は漁業組合に勤めていることもあり、毎年褌を締めて参加している。

夏に帰省した日、実家にある奥の座敷に入ろうとすると人の気配がした。ふすまを少し開けて中をのぞくと、全裸の父親が褌を締めている最中だった。

前のほうをもぞもぞとすると、股の間から布を通し、ねじってから尻の谷間に通していく。

蝉の鳴き声と時たま鳴る風鈴の音の中で、じっとりと汗をかいた日に焼けた体に白い布を巻き付けていく。

なぜか、そのまま声をかけることも戸を閉めることもなく一部始終を眺めていたのだった。

今思うと、父という一人の男に対する憧れであり、成熟した男の魅力を知った瞬間だったのかもしれない。

高校三年生の頃に一度だけ父に褌を締めてもらったことがある。

男同士といっても一糸まとわぬ姿で体を触られることなどないため不思議な感覚だった。

「お前もすっかり大人になったな、これで出来上がりだ」と言うと私の尻を軽く叩いた。

父親が亡くなったいまでも一人で褌を締めてはみるが父のようには上手くいかない。

高校を卒業すると東京の大学に進学したので、その後は一度も祭りに参加していない。

葬式の時に叔父から、いつも祭りの時に一人息子である私のこと自慢していたと聞かされた。

もう褌を締めて祭りに参加する父はいない。18の頃のように褌を締めてくれることもないと思うと止めどなく涙があふれるのだった。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。