ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】美少年(12)が初アナル交尾で号泣してしまった話

【ゲイ】美少年(12)が初アナル交尾で号泣してしまった話

若き淫乱美少年

福井県在住のフリーターさんからの投稿。少年時代から熟年男性に魅力を感じていたという投稿者。そんな町で評判の美少年はおじ様に誘われてホテルへ・・・・
アナル処女を奪われた男の娘
僕は小さい頃から眼が大きくて、白い肌の少年でした。

自分で言うと変に思われるかも知れませんが、透き通るほど真っ白で豊満滑々(すべすべ)な太腿はエロ美少年そのものでした。

そして、初めてのSEXは小学五年の夏でした。

公園で素敵なおじ様に声をかけられたのです。

その頃から男性に興味があったので、おじ様に連れられてビジネスホテルへ。

周りからは親子にしか見えないであろう年齢差です。

部屋に入ると、おじ様の巨大なペニスを進んで咥えた美少年の僕に、すごく感動して頂けました。

生きてて良かったとまで言って頂き、僕はおじ様にもっと気持ちよくなってもらいたいと頑張りました。

優しく乳を吸われ、太腿に素股射精を受け最後はアナルにおじ様のペニスを入れて何度も快楽しました。

初めての交尾は騎乗位でおじ様のペニスを少しづつ咥え込んで、根元まで入った時には背筋が熱くなって泣いてしまいました。

そのおじ様には大学卒業後も可愛がって頂けました。

女装もおじ様の希望でした。

騎乗位で繋がって初めて射精した小6のあの日は生涯忘れられない思い出です。

射精体験前のアナル交尾快楽はアナルの奥から何度も突き上げる快感でした。

射精の快感よりははるかに凄い快楽でした。

今でも何度も脳天に突き上げるドライオルガを感じます。

おじ様に魅力を感じて積極的にアナル交尾を求める美少年時代の話でした。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。