ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】小6ショタが出血レイプまでして千円稼いだ話

【ゲイ】小6ショタが出血レイプまでして千円稼いだ話

雑木林で出会ったおじさん

高知県在住の会社員さんからの投稿。投稿者がまだ幼かった頃の話。夏休みのとある日、近所の林まで蝉を取りに行くと変質者と遭遇してしまった・・・
野外で全裸レイプ
小学六年生のときなんですが、知らないおじさんに犯されました。

自由研究用の蝉を捕まえに家から自転車で20分ほどの距離にある雑木林に1人で出かけました。

その日は、いろんな種類の蝉が面白いように採れました。

捕獲のため、忍び足で杉の大木の裏手に回ると、いきなり知らないおじさんがいました。

「わっ!!!」

それはもうビックリして声を上げてしまいました。

何せ、雑木林の中におじさんがいるんですから。

しかも、女性ものの下着でオナニーしている最中だったのです…

固まって動けない僕は呆気なく捕まって、裸にされ縛られて犯されました。

愛撫も前戯もなしに後ろから突き入れられてアナル処女を破られました。

すごく痛くて泣き叫ぶと口を手で塞がれておじさんが出し終わるまで30分以上やられていました。

おじさんは出すものを出してしまうとそそくさとズボンを履き、僕を解放して千円札を握らせると雑木林から出て行きました。

僕はべとべとの股間から流れ出る血の混じった液体をぼんやりと眺め続けていました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメント1件

  1. 女装 より:

    純血と引き替えに受け取ったその千円を何に使ったのか気になるわね

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。