ホーム » ノンケ » 【ゲイ】水泳部のノンケ君が堕とされてアッサリ彼女と別れた話

【ゲイ】水泳部のノンケ君が堕とされてアッサリ彼女と別れた話

【体験談】長野県在住の投稿者は学生時代に水泳部に所属していた。そこで仲良くなった先輩がオープンなゲイで執拗に口説いてくる。はじめはふざけて断っていたのだが・・・

水泳部のノンケの体験談

 

大学の水泳部だった俺は、当時、付き合ってた彼女がいた。。

 

けど、水泳部の先輩でキャプテンときたら何時も、遊び半分に俺のケツを触ったりチンコを握ったり、セクハラばかりしていた。

 

“先輩止めて下さいよ~俺、彼女居るんすから~”

 

“あれ~そうだっけ~まあ良いじゃね~か~減るもんじゃね~し~”

 

“減りますよ!減る!”

 

そんな会話を始終していた。

 

男にはまったくと言って興味が無いし、仕方ない人だな~と思っていた。

 

ところが、ある日、部内コンパで、ガンガンに酔わされ、泥酔状態のまま、担ぎ込まれたのが、その先輩の部屋だった。

 

俺は、気分が悪くて何度も部屋のトイレで吐き捲くり、夜中まで、そんな状態が続いた。

 

ようやく酒も抜けて、先輩に勧められて風呂に入りゆっくりしていると、先輩が入って来て、、、

 

“なあ~背中流しっこしようぜ~”と言って来た。

 

俺はとっさに危険だと感じたが、介護してくれたこともあり大人しく受け入れた。

 

先輩は、背中を流すと言いながら、俺の背後から乳首を撫で回したり、チンコを扱いたり、好き放題していた。

 

“気持ち良い?感じる?ここどう?お前、可愛い顔してチンコデカいな~堪んね~よ”とドンドン厭らしい言葉をかけてきて、ネチネチと絡みつくように愛撫し始めた。

 

最初は全く興味なかったのに、知らず知らず俺は感じまくっていた。

 

“あああ~んいい~ああ~気持ちい~”

 

予想もしなかった言葉が口から出ていた。

 

先輩は、調子にのって“達也、俺のしゃぶってくれよ~なあ~良いだろ?”

 

そう言うとイキリ勃った先輩のチンコを俺の目の前に差し出した。

 

初めてのフェラに戸惑いながらも、俺は言われるがままに先輩のチンコをしゃぶった。

 

“何だか、ソーセージみたいっすね(^^)”

 

そんなことを言いながら、しゃぶり続けた。

 

先輩は、自分で自分の乳首を撫で回しながら・・・“ああああ達也~お前のことが好きだ~ああ達也~あああ達也~” とど派手に発射した。

 

先輩の精子は、俺の頭まで飛んだ。

 

それから先輩は俺を寝かせて両足を持ち上げ、ケツの穴に舌を入れて来た。

 

“あああああああ先輩止めて下さいよ。先輩、俺、俺、恥ずかしいっすよ、先輩”

 

“達也~お前良いケツしてんな~堪んね~よ”

 

そう言うと先輩は、俺の乳首を撫で回しながら、顎でチンコを何度も刺激した。

 

“ああああああ先輩ダメダメもうダメいくううううううう”

 

そして、俺は、自分の顔に大量の精子を発射した。

 

それから、俺の人生は、変わった。気にも留めなかった先輩の虜に成ってしまった。

 

あっさり、彼女とも別れて、先輩のアパートに入り浸る毎日が続いた。

 

他の部員達にバレ無いように、必ず終電近くに先輩の部屋を訪ねドアを開けると、全裸でギンギンにに勃起した先輩が仁王立ちしていた。

 

“先輩、俺、先輩の精子が飲みてえっす” “先輩、俺のケツマンに種付けして下さい”とかドンドンエスカレートして行き、一晩中、セックスし捲くる日もあった。

 

そんなHな日々も過ぎてお互いに社会人に成り、先輩は札幌に転勤、俺は東京で悶々としていた。。。。。。。。



 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索