Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ】トイレに隠れて高校生の放尿を覗いていた話

【ゲイ】トイレに隠れて高校生の放尿を覗いていた話

【体験談】佐賀県在住の学生さんからの投稿。今年の夏、プールの授業中にトイレの個室に駆け込んだ投稿者。すると個室の隙間から小便器が覗けるではないか。そこにはあられもない姿でオシッコをする同級生たちが・・・

男子トイレでの覗き体験談

あれは高校のプール授業の直前でした。

急に腹痛をもよおして、慌てて水着に着替えるとすぐにプール更衣室隣の男子トイレに駆け込みました。

トイレは細長く、入り口を入ってすぐ右手に洗面台が一基、そして小便器が二台続いて一番奥に個室がありました。

とりあえず急いで個室に入り、出すものを出すと落ち着いたのか、周りを見渡す余裕ができました。

木の壁で覆われた個室の中は薄暗かったのですが、壁の一部から光が洩れていました。

よく見ると鍵の金具のすぐ上の壁が縦2センチ横1センチほど切り欠いてあり、そこから光が入るのです。

興味本位でその切り欠いた穴から外を覗いてみると、同じタイミングで入り口の扉が開いて、水着姿の同じクラスのF本君が入ってきました。

彼は優に身長180センチを超え、自分とは体格差があったせいか力関係的に彼が上位、時には小馬鹿にされることもあって、正直嫌なヤツでしたが、顔は少し鷲鼻気味だったもののわりと端正な顔立ちでした。

こちらに近づくに連れて顔は見えなくなり、代わりに競泳用ぽい幅の狭い学校指定の水着がアップになりました。

そして90度向きを変えると、水着を恥骨の下までずらしてアレを出して放尿を始めました。

水着の着替えはタオルを巻いて隠していたので、これが思わぬ形で初めて見た彼のチンコでした。

長さは10センチあまりでしょうか、太めで色はやや褐色ががった土色で、血管の浮きなどはありません。

至近距離からなので、実際よりも大きく見えたのかもしれませんが、それでも自分のよりは明らかに大きく、自分のとの違いが新鮮で興味深く、まざまざと見入ってしまいました。

プールの着替え、修学旅行の風呂、連れションでも互いに隠すし、生で同級生のチンコを見る機会って案外少なかったのです。

この手のブリーフ形の水着の場合、小便の時は横から出すのが多いと思いますが、なぜか彼は幼児みたいに太ももの付け根あたりまで水着を下げて用を足していました。

そのためチン毛まで丸見えです。

チン毛はチンコの根元の上に密集して生えていましたが、観察すると直毛ぽかった。

縮れ毛の自分(というかこっちのほうが多いはずだけど)から見ると新たな発見でした。

逆にその周辺や太ももはツルツルで、ギャランドゥみたいな体毛の濃いのが嫌だった自分から見ると羨ましかったです。

皮かむりでしたが下の亀頭の形ははっきりで、最後雫を切る時にはその亀頭を揉むようにして切るのが特徴的でした。

揉むと小刻みに棒も震えて外人みたいな柔らかそうなチンコでした。

小便を終えたF本君は洗面台の鏡に向かって筋肉を強調させたポーズをとります。

どうも彼はナルシストみたいでしたが、自慢?の肉体美に自惚れするのを傍目から覗くとただの間抜けにしか見えませんでした。

確かにバランスの良い体つきでしたが……。

それからはほぼ毎回水着に着替えるとすぐに男子トイレの個室に潜り込んで獲物を待つようになりました。

怪しまれないのかと思われるかも知れませんが、自分はクラス内では存在感が薄く、また着替えてから授業まで数分もなく個室を使う人はほとんどいなかったのです。

個室だけでなく小便をする者もそんなに多くはなかったです。

理由は……みんなプールの中で済ませるからでしょう(笑)実は自分も経験あります。

そんな中F本君はこのトイレ一番の常連で、彼以外には誰も入ってこない場合も多かったのですが……。

ある日の出来事

いつも通り幼児みたいに水着を下まで下げて小便しているF本君でしたが、突然入り口の扉が開いて誰かが入ってきました。

扉が開いた瞬間、F本君は小便を止めてすぐに水着を元に戻し、チンコを水着の中に入れると、今度は直した水着の横からチンコを出して、いきなり包皮を剥いて再び小便を始めたのです。

いわゆる見栄剥きってやつですが、よく見るとカリのすぐ下に皮が集まってて、バレバレの見栄剥きなのに手で隠したりせずに隣に見せ付けるように小便をするF本君でした。

カッコつけたがりの彼の性格の一面が現れていましたが、亀頭は見栄剥きにありがちな真っ赤ではなく、どちらかと言えば包皮の色に近かったです。

自分が個室の中から観察した限りまだまだ平常時の剥けチンは少なかったので、例え見栄剥きでも亀頭露出さえできれば勝ちみたいな心理だったのではないかと推測します。

小便を終えると隣に背中を向けて、つまり僕の覗き穴のほうにチンコを向けたF本君は、隣に見えないようにしてコッソリ亀頭に皮を被せるとチンコを水着の中に収めました。

自分も経験ありますが、仮性包茎の場合剥いても縮むと皮が戻って、その際チン毛を巻き込むと痛いので包茎に戻したのだと思います。



 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索