ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】 扇町公園でオシッコしていた高校生(18)の末路・・・・・・・・・・

【ゲイ】 扇町公園でオシッコしていた高校生(18)の末路・・・・・・・・・・

運命の出会い

大阪府在住の会社員さんからの投稿。投稿者がまだ十代だった頃、何も知らずにとある公園を訪れてしまう。ゆっくりとトイレで用を足していると後ろから知らない男性が近づいてきて・・・
熟年さんのフェラチオ
今から10年前、18歳だった俺は大阪市北区の扇町公園のトイレに入ったんだ。

平日の昼間で、公園には都会の中でもあまり人気のない時で、乳児を連れた奥さんが2・3人居るくらいだった。

オシッコがしたかったんだけど、なぜか大便するところに飛び込んだ。

いつものクセでそのままドアを開けたまま用をたしていると、パパが急に覗き込んで「ビクッ!」としてしまった。

そういえばベンチにスーツを着た人が居たような・・・。

俺がトイレに入るの見てたんだよね。

おかげでオシッコをズボンや手にかけてしまって・・・。

そしたらその時パパが「ゴメン!ビックリした?」って。

急に覗かれたら当たり前だろって思ってたんだけど、パパがティッシュでズボンや手に付いたオシッコを拭取ろうとしてくれて。

「いいですよ」って言ったんだけど「俺のせいだから、拭かせてよ」って言って拭いてくれて。

自分でも何故その時怒りが湧かなかったのかとっても不思議なんだけど、パパに対して何だか妙な安心感があったの。

そしたら拭き終わり際に、パパがオシッコの付いた僕の手を舌で「ペロッ」って舐めたんだよ。

その時ハッキリ憶えてるのが、頭の中を電気が「ビリッ!」って走って・・・。

目が飛んでたんだろうね。パパはきっとそれに気づいたんだろう。

すぐに僕のオチンチンをナメナメしてくれたんだよ。

とっても気持ち良くって直ぐにパパのお口の中に射精した。

そのときパパが「おいしい・・」って言ったこと今でも覚えてるんだけど。

母子家庭で育った僕は父に甘えることがなかったので・・・そういうことも安心感を煽ったのかなぁ・・

パパのも舐めたいなぁと思っていると、察してくれたのか「おじさんのも少しでいいから舐めて・・・」って言われた時には、夢中で舐めてた。

今パパに聞いたら、その時目がイってたらしいけど・・(笑)

パパは今55歳。僕は28歳。

某会社でかなりの立場があるパパ。

僕の為に1DKのマンション借りてくれてて、週に3回はパパと愛し合ってる。

今では完全に僕がウケ。キスから始まるパパの愛撫でトロトロになって・・・。

最後は必ずアナルマンコに中出ししてもらってるよ。

洗浄できない時はセーフで挿入してもらって、イク時はお口の中で。

もうパパの大事な精子は一滴もこぼしたくない!くらいに愛してる。

何もしていないけど最近胸がふっくらしてきたような気がするし・・・。

パパと結婚したいなぁ・・って思ってるくらい大好きだよ。

今日この掲示板見てくれるって言ってたから、帰ってきたらイッパイ愛してもらう約束してるんだよ。

今日は洗浄もしておくけど、始めはお口に出してね。

ずっとパパの精子お口に含んだまま愛して欲しいから。

後は全てアナルの中に頂戴ね。浮気したら絶対にダメだよ。

言っとくけど精子の量で分かるンだからねw

パパに出会えて良かったよ。本当に大好きだよパパ。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントは2件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    一途で素敵です。

  2. イケメン言われるゲイ より:

    きもい

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。