ホーム » ノンケ » 【ゲイ】夜行バスでノンケが朝まで手コキで抜かれ続けた話

【ゲイ】夜行バスでノンケが朝まで手コキで抜かれ続けた話

【体験談】夜行バスを使って実家に帰省していた投稿者。車内で寝ていると股間に違和感を感じる。そーっと目を開けてみると・・・

ノンケが手コキされた体験談

夜行バスで東京へ行ったときです。

眠っているとなんだか変な感触で目が覚めました。

隣の席の50才くらいの男の人が僕の股間をズボンの上から触っているのです。

その手を払いのけると手を引っ込めますが、また、そろそろと触ってきます。

満員の乗客のいるバスの中で声も出せず、手で払いのけるのを繰り返していました。

ところが不思議なことに、いつの間にか私の股間のものが勃起してきたんです。

それを感じた隣の男は僕のズボンの前のファスナーを下ろして股間に手を入れてきたんです。

アッと思う間もなく勃起したモノを捕まれました。それをゆっくりしごきました。

僕はなんだか夢の中の気分で抵抗することなく身を任せていました。

やがて我慢できなくなってどくどくと放出してしまいました。

男の人は素早くそれをハンカチで受け止めてきれいに拭いてくれました。

そのまま再びゆっくりとしごいて、僕はまたすぐ勃起して、そして射精。

それをていねいにきれいに拭き取ってくれて、そして、今度は僕の手を取って、自分の股間に導きました。

そこには勃起して熱くたぎっている大きなペニスがありました。

それを握らせて僕の手の上からしごくようにしました。

僕は夢遊病者のようにそのものをつかんでしごきました。

それがだんだん熱く硬くなり、脈打ってくるのを感じて手の動きを早めました。

やがてうめき声とともにそこからどくどくと射精されるのが分かりました。

男は自分でそれを受けて拭き取りました。僕はびんびんに勃起しました。

男はそれを握ってしごいて、射精。そして、男のものを僕がしごいて・・・・。

東京へ着くまでくりかえし、もう出なくなってもお互いのものをにぎってしごきつづけました。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。