ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】雑誌モデルが銭湯でオナニー披露会をしてみた話

【ゲイ】雑誌モデルが銭湯でオナニー披露会をしてみた話

ガタイ系のモデルやってます!

沖縄出身でモデル活動をしている投稿者。帰省した際、目の保養によく銭湯へ行くらしいのだが、その日は幼い兄弟が先客でお湯に浸かっていた。無垢で色白な兄弟の体を見て先走り汁を垂らす投稿者・・・
身体を鍛え上げた男達
俺の名前は神龍です。沖縄出身のモデル野郎です。

自慢はガタイの良さ!腕相撲も負けたことなくて右手の握力は76kgで、リンゴも余裕で握り潰せます!

そんな俺の5月からのエロ日記をこれからできるだけ更新したいと思います(笑)駄文ですが、見てやってください☆

☆5月1日☆
先月末に海外研修から帰ってきた俺は、久しぶりに近所の銭湯へ出かけた。

最近は銭湯もすっかり少なくなって、俺としては悲しい。

俺にとって銭湯とは遠慮なくチンポを拝める場所だからだ!

久しぶりに行くということもあって、俺は気合を入れた服装で行くことにした。

タンクトップと短パン。

タンクトップも弟の一回り小さいサイズを選んだ。胸板がそのタンクトップを破らんばかりにラインを強調するのが俺には快感だった。

もちろん、短パンも俺のサイズより小さいものを穿いている。下はノーパン。

ちなみにノーパンは俺のポリシーでもあった。

短パンとチンポが擦れ合うたびに快感が生まれ、俺は道端にもかかわらずギンギンに勃起させていた。

「うぃ~っす!」

銭湯へ来たらまずは親父に声をかける。

自分で言うのも変だけど、普段は爽やかな青年を装っている俺は近所の人にも受けがいい。

「おう、神ちゃん!久しぶりだな。また筋肉ついたんじゃないのか?」

「まぁな。海外研修行ってたから」

「やっぱりモデルさんは大変だなぁ」

「好きでやってるから大丈夫だよ。ハイ、入浴料」

「毎度。ゆっくりしてってくれ」

俺は親父から見えないロッカーにいつも服を入れている。ここでなら平気で変なこともできるからだ。

俺のいつものロッカーへ向かうと、そばに中学生と高校生の兄弟がいた。

二人とも俺の突然の登場に少しばかり驚いているようだった。

無理もないだろう。彼らは背がだいたい160㎝台、それに対して俺は177㎝、76kg。

撮影で日焼けしたガタイはカットが入りさらに逞しさを強調している。

そして露出度の高い服装。俺は二人に見せ付けやすい位置で脱衣を始めた。

キチキチになったタンクトップを脱いで上半身裸に。

俺はいつもココでボディビルダーが取るポーズをやっている。

ナルシストっぽいが、俺は頑張って鍛えてきた自分のガタイが好きだ。

厚い胸板、割れた腹筋。俺はひととおり筋肉を眺め終わると緊張をほぐすためにマッサージを始めた。

そして次に短パンを脱ぐ。

俺は全裸のまま兄弟の座っている隣に腰掛けた。

76kgの男の重みにイスがギシギシッ……と音を立てて軋んだ。

すね毛を剃った俺の脚は筋肉のラインがはっきりしている。それに対して股間はやりたい放題のジャングル地帯。

それもモロ見しているのは兄貴のほう。

俺はおちょくるようにチンポをボリボリ掻いた。

「シュン、入るぞ!」

顔を真っ赤にした兄貴は弟の手を強引に引っ張って浴場へ入っていった。

俺はケツを掻きながら後を追うように浴場へと向かった。

扉を開けると、どうやら客は俺と兄弟、それにおじいさんが一人。

俺にとっては、これ以上ないシュチュエーションだった。

俺は辺りを見回した。

弟の位置は確認できた。兄がどこへ行ったのかはわからない。

接しやすさから言えば、まだ中学生である弟のほうが簡単だろうと思い、俺は弟の隣に腰掛けた。

風呂屋のイスは俺にとってはおもちゃのイスのよう。

ギチギチッと音を立てて苦しそうにすら見える。

その音に驚いた弟は俺の方をモロに見た。目がバッチリ合う。

そして俺はかまわず、放尿を始めた。

溜まっていたのもあるためか、かなりの勢いで出る。

弟はかなり緊張した様子でそれをジーッと見つめている。

「人のチンポ、気になる?」

俺は弟の肩に手を当てて、問いかけた。

最初は恥ずかしそうにしていたけれど、彼は小さく頷いた。

「わかる、わかる。俺もそういうときあったから。オナニーはしてるのか?」

「……まだです」

「そっかぁ。中学1年生?」

「はい」

「じゃあ今からオナッてれば、いい物持った男になれるよ」

「本当ですか?」

「あぁ。ところで、お兄ちゃんはどこ行ったんだ?」

弟の話によると、いつも兄と風呂へ来ているが入ってすぐに下の打たせ湯の所へ行ってしまうのだという。

しかもついて行くと弟が言うと、絶対に来るなと怒り気味に言うらしい。

「ふぅ~ん……。怪しいな。ついておいで」

俺は弟の手を引いて下へ降りていった。この銭湯は3階構造になっている。

一番上が露天風呂、2階部分が普通の風呂と洗い場。

下が打たせ湯とサウナになっている。

「君、名前は? 俺は神龍」

「シュンヤって言います。シュンって呼んで下さい!」

まだ声変わりのしていないシュン君は俺の手を握りながらにこやかに言った。

打たせ湯に近づくと、湯が出ている音に混ざって明らかに人の声が聞こえる。

「ん……。……。あ……」

俺は打たせ湯に近づき、扉を開けた。

「あぁ!」

その瞬間、シュン君の兄が射精していた。

「……に、兄ちゃん…」

「シ、シュン! あっ……」

俺がいることに気まずさを覚えたのか、恥ずかしそうに勃起したチンポを隠す兄。

俺は遠慮せずに打たせ湯に入り、兄のチンポの大きさを確認に行った。

「いいモノ持ってるじゃん。恥ずかしがらなくていいよ」

「……。」

「なぁ、どうせなら一緒にオナろうぜ?」

「え?」

俺は弟の手を引いて打たせ湯に入っていった。

「一人でカイてたってつまんないじゃん! 弟にも教えてあげなよ!」

「あ、え、で、でも!」

「ほら、俺からやるから!」

俺はかなり溜まっていたのでぶっ放したくて仕方がなかった。

扱き出してすぐに最大まで勃起し、先走りが溢れ出てくる。

「すっげぇ……」

兄貴は呆然と俺のチンポを見つめていた。

シュン君は興奮が収まらないようで、チンポが勃っていた。

「はぁ…はぁ…あああ! い、いくっ! ンンンッ!」

ドピュッ! ドピュ! ドピュ! ドピュ! ドクドクドク……。

俺は久しぶりということもあって、胸板や腹筋に精液をばら撒き、湯にも白濁の液体がボタボタと垂れ流れた。

「すっごいや! お兄さん、カッコいい!」

シュン君はお湯をバチャバチャさせて喜んでいた。

兄は呆然としたままだった。

「なっ。オナニーってのはこういう風に豪快にやらないと。君も弟さんいるんだから、一緒にカイたら?」

俺は爽やかに笑いながら(というつもりで)二人の下を去った。

チンポから精液を垂らしながら……。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。