ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】家庭教師にフェラチオ指導までされたショタの話

【ゲイ】家庭教師にフェラチオ指導までされたショタの話

お母さんには内緒だよ

秋田県在住の会社員さんからの投稿。投稿者がまだ幼かった頃、毎週のように家庭教師のお兄さんに勉強を貰っていた。ある日、家には両親が不在で2人きりだったのだが、お兄さんがいきなりキスをしてきて・・・
先生と生徒の禁断愛
僕が中2の時のことだった。

当時、全く勉強していなかった僕は、下から数えて3本の指に入る成績の悪さで、それを見かねた両親が家庭教師を雇ったんだ。

家庭教師は現役大学生で毎週来て貰うことになった。

その日は母が留守で家庭教師のお兄ちゃんが来たら、「このジュースを出すように」と、言われていた。

いつものように勉強を教えて貰ったあと、ジュースを飲みながらいろいろお話しをした。

家庭教師の大学生が「あきら君はいい男だから女子にモテるんだろうなあ」と言ってきた。

「いやぁ、全然モテないですい〜」と言ったら、突然僕を抱きしめてキスをしてきた。

僕はびっくりして逃げようとしたが、身体の大きい大学生にガッチリ抱きしめられて動けず、大学生は僕の口に中に舌を入れてきた。

女ともしたことのないキスを男からされて、僕は恐怖と同時に何とも言い表せない感覚に頭が真っ白になった。

舌で口の中を掻き回されて、気がついたら僕はパンツを脱がされていて、ペニスを握られていた。

大学生は僕のペニスを優しくしごき、僕はたちまち勃起して我慢が出来ずにどくどくと射精した。

僕の射精直前、大学生はそこへ口を持ってきて、吐き出された精液をごくごくと飲み干した。

なお、そこをきれいに舐めてしゃぶり、僕は再びむくむくと勃起した。

大学生は僕のものを舐めたり吸ったりして、僕はあまりの気持ちよさにまた、たちまち射精した。

それをまた飲み干して、あときれいになめたあと、大学生は自分のパンツを脱いだ。

彼のものは驚くほど大きく固くそそり立っていた。

「あきら君、今度は僕のを出してくれる」

僕の手を取ってそれを握らせてしごかせた。

僕は魅せられたようにそれをしごいた。間もなくそれが脈打って熱くなってきた。

彼は僕の手をはずして、それを僕の口の所へ持ってきて「これをしゃぶって」と口の中にこじ入れた。

口いっぱいに頬張った。彼は僕の頭を押さえながら腰を動かした。

彼のものがのど元まで入り、むせそうになった。

「よし、イクよー」

彼の声と共に僕の口の中に彼のペニスの先端からものすごい勢いで熱い精液がそそぎ込まれた。

思わずそれを飲み干した。変な匂いがして、かなりまずかった。

「あきらくん、ありがとう。いい気持ちだったよ。じゃあ、もう一度ずつね」

彼は僕のものを口に含み、僕はたちまち勃起して射精し、その後、僕は彼のものをくわえて口の中で受けた。

彼は「お母さんには内緒だよ」そう言って帰って行った。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。