ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】リトルリーグの補欠少年に特別指導してやった話

【ゲイ】リトルリーグの補欠少年に特別指導してやった話

野球以外の特別指導

熊本県在住の会社員さんからの投稿。付き合いでリトルリーグのコーチをすることになった投稿者。遠征先で子供達とお風呂に入っていると、一人だけ股間をおかしな目つきで見てくる少年に気づいた。あとからその少年を呼び出して・・・
調教中のショタ
僕は某リトルリーグのコーチをしています。

大会で県外に行って試合した後、監督を含め選手全員で入浴しました。

その時何人かが、僕の背中を流しに来ました。

少年ながら、幼い頃から体育会系の中で生活しているので、監督やコーチは絶対的なんですよね。

でも、中には面白いヤツがいて…

そいつはコーチ就任当時からホモッ気のあるヤツだなぁと思ってたんです。

万年補欠のおとなしい男の子なんですけど、入浴してる時に他人のチンポばかり覗き見してて、背中を流しにきたフリして僕のチンポをガン見て自分のチンポを触っていたのを見逃さなかったんですw

帰りのマイクロバスの中で最後部に座り、その子を呼んで野球のウンチクを話しながら股関に手を置いて見たんです。

で、ゆっくり擦って勃つのを待つと…もじもじしながら下を向いている。

完全勃起したチンポを半ズボンの脇から引っ張り出しました。

まだ皮が剥けて無いチンポだが硬さはあります。

皮を剥こうとすると少し亀頭が出たがそれ以上捲れ無い、他の部員や監督も爆睡中なので窓側に座らせズボンを下ろしました。

小声で「オナニーした事あるの?」って聞いたら「何それっ」て言われました。

「こうするんだよ」と擦り刺激を与えます。

「アッ」っと少年が言った途端射精しました。

前の座席の裏側に大量の精液が飛び着きました。

「コ、コーチ・・今ビリビリ感電したみたいでチンコからなんか出たけどアレ、何?」

「精液や。赤ちゃんの元になるやつや」

「ふ~ん気持ち良かったけどあんなの出してもいいの」

「ああ、皆んな出してるし1日何回もする奴もおる」

「そうなんですか・・何か僕、大人になったみたい」

「そうや、大人に成った証拠や。これがオナニーって言うんや」

「コーチもするの?」

「そりゃぁ俺もするよ」

「ふ~ん」

「家に帰ってやってみ」

「うんやってみる。コーチありがとうございます」

この少年一皮剥けたのか、レギュラーになりました。

僕の特別コーチが効いたのかもw

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。