ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】巨根との生堀種付け3Pで人格崩壊した男の話

【ゲイ】巨根との生堀種付け3Pで人格崩壊した男の話

いつもはセーフな俺

都内在住の男性からの投稿。以前から巨根を求めてネット面接を繰り返していた投稿者。一ヵ月後にやっと理想の巨根男性と知り合ったので待ち合わせて会ってみたのだが・・・
体育会系男子の3P
最近、デカチンや巨根に興味を持ち始め、ネットで募集を載せていた時の話です。

ネットで募集を掛けてメールはそれなりに届きますが、結局はデカチンじゃなかったり、意味不明だったり・・・

そんなこんなで、週1で掲示板に募集を載せて1か月が過ぎたころ、その時にもいつものように複数メールが届きました。

その中で1通は俺が気づかずに、返信していたと思い込みをしていたもので2通目を読むと、1通目の続きでした。

仮にAさんとします。

A「写メも一緒に送ったんだけど無理だったかな?無理でもいいので返事がほしいな」と言うメールで俺は?でしたが探すとちゃんとAさんから届いていたんです。

A「身長*体重*年齢 写メ見て、もしよかったらどうですか?無理なら無理でいいですので返事を・・・」と書いてあり写メを見ると膝上の全裸の顔付写真、しかもへそに着くぐらい長く太く・・・顔はイケメン。

写真見ながら生唾のみこんだよw

その瞬間、もうこの人しかいないと思い返事を送信。

そのやり取りを何通かしてから、俺の写メも見たいとの事で送信。

そしたら相手も気に入ってくれたらしく、掲示板のに掲示した日はもう時間が遅かったので、次の日曜日に会うことにしました。

日曜日待ち合わせの場所に行くともう相手の人が待っていました。

そのまま駐車場へ向かい、車を走らせ、ある郊外の公園の駐車場に。

俺は『こんなところでやるのやだな』っと思っていたら、Aさんトイレに行きたかったらしく、トイレに行ってしまいました。

5分ぐらい待っても戻ってこないので、具合でも悪いのかなと思い様子を見にトイレに行ったんですが姿が見あたらない・・・・

よく見ると個室に鍵がかかっていたので、そういう事なんだっと思い車に戻ろうとしたら、Aからメールが届き「個室に来て」って。

トイレの中で音が鳴っていたので相手も気づいたのか、鍵を開け手招きされましたw

入るとジーパンをおろし赤の透けているビキニで右斜めに勃起させて、見せつけられました。

A「このチンポ欲しい?欲しかったら・・・」

俺は『あー、なんか災厄な人だなぁ、こんなところでするの嫌だなぁ・・・』なんて思いながらとりあえず言われるまま、パンツの上からしこってあげると、先からドバっと下着の中から我慢汁が出て来て、手を止められました。

A「次は君のをしてあげる」と言われ俺はここではいやだな~の雰囲気をただ漏れしていると、察してくれたのか「ここではSEXしないよ。ただ触ってみたいだけ」の言葉でしたが、俺は「それならホテル行こうよ」と言い、ホテルまでお預けさせもらうことに。

でも行った場所はホテルではなくAさんの家でした。

Aさんの家に入りホモビを見ながら少し話をし、お風呂を貸してと話すと一緒に入ろうとなり、一緒に入りました。

Aさんと体を洗っているうちにお互いムラムラとなり、正面を向き合ってキスをしながらチンコをこすり合わせ、Aさんは俺の穴に指を入れてきました。

A「君の顔もいいし、体もきれいだし、穴の中もよさそうだね」

俺はなんかわからないほどすごく感じてしまい、いつもは言わないのに「俺の中にチンポいれてほしい」とおねだりし始めました。

A「いいけど、ここにはゴムないからベットに行こうか」と言われましたが、いつもとの俺とは違い・・・

俺「このまま、ここで入れてほしい」

A「生で入れていいの?じゃあゴム持ってくるよ」

俺「い、いいから。そのまま入れて」

俺はいつもはセーフでって言うほどなのに、この時ばかりは淫らになりAとタチバックSEXが始まりました。

最初はすべてが入りきらない状態で掘られましたが、片手で腰をつかまれ、無理やり奥にねじ込まれ、ガン掘りされ俺は初めてトコロテンをしてしまいました。

A「イキそう。中出しいい?いいよね?」

俺「ダメ。外に出して。無理だから・・・」と言ったときには遅かったらしく、思いっきり奥をつつかれ、相手の荒い息が俺のほほに当たりました。

A「えへへ・・・中に出しちゃった」

ぐったりしている俺を駅弁の体制にし、そのままつながったままベットへ行くともう1人ベットで全裸になっていました。

B「風呂場で変態なことしてたね。俺も混ぜてもらうよ」

A「ホモビ見て。俺と同じように中出しされてるよ。3Pも。これからビデオを同じことしようね」

俺は抵抗できないぐらいぐったりしてしまい、言われるがままベットの上では3Pが始まり俺は2人に交互に掘られて・・・気絶しました。

気づくとベットの上でまだSEXをしていました。

A「ようやく起きた?30分程度動かなかったよ。この中にはお風呂場で出した俺の種しか入ってないよ。ここから本番」

Aは強烈なガン掘りをはじめ、俺が声を出すとBのチンポを無理やり咥えさせられ、頭を鷲掴みに。

A「イクよ。2発目。中出しするよ・・・」

体を震わせて、中に出して抜くとBがすかさず入れてきました。

B「Aよりは大きくないよ。でも1週間分の種は出すよ」

俺の腰を持ち上げ上から突くような体制で掘り始め、穴からは卑劣な音がさく裂していました。

B「スゲーゆるゆるマンコ。しかも変態な音たてて、俺のチンポにAの精液こびりついてるよ」

Bはそのまま数分掘ったぐらいで「イク」て言い、俺の中に種付けしました。

A「イクの早いよ。濃いのは出したみたいだけど」

B「スゲーいいマンコでびっくり。さて2人の精液出すところ見せて」

俺は四つん這いにされ相手に見せつけるように尻を持ち上げられ、精液を出し、2人にはいろいろ言われました。

その後はシャワーを浴びて、出会ったところで解散。

その行為が終わった後は恐怖感も出て来てゾッとしたけど、そのあとあの行為を思い出すと勃起するほどに。

今では時々予定を決めて、3Pしています。

生掘り種付けで。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。