ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】優等生(12)が押さえつけられてフェラ強要された話

【ゲイ】優等生(12)が押さえつけられてフェラ強要された話

【体験談】群馬県在住の吉岡さんからの投稿。小学生時代、友達の家で初めてエロビデオを見せられた時だった。悶々とする友達が我慢できずに投稿者に馬乗りになってくる。振り払って逃げようとするも・・・

優等生のゲイ体験談

小学校の時、中村と林と田中というとてもエロい友達がいた。

田中はずっと同じクラスでよく遊んでいたが林は5年までは違うクラスだった。

中村は同じクラスだったけど、どちらかというといじめられっ子だった。

でも中村の家は金持ちで、新しいゲームなんかが出るとすぐに買うような家だったので、

みんなそれにつられて中村の家で遊んでいた。

6年になってこの3人がよくエロい話をしていた。といっても小学生だから、チンコがどうしたとか、オッパイがどうとか、そんなレベルだった。

中村には当時高校生の兄がいて、その兄が持ってるエロ本やビデオを見せてもらったと3人が話してた。

そして彼らのエロさもだんだんレベルを上げていった。

ぼくはそういう話には興味がない純情な男の子のふりをしていたけど、本当はエロ本を見てみたかったし、彼らが「チンコが気持ちいい」とか話してたことを詳しく知りたいと思っていたが、恥ずかしくてできなかった。

ところが夏休みの近づいたある日、田中に一緒に宿題やろうと誘われた。

宿題を一緒にやることはよくあったので、いつものように教科書やノートを持って田中の家に行き宿題をやった。

宿題が終わって、おやつも食べ終わったら、田中が「この前中村の家でエロビデオ見せてもらった」と話し始めた。

田中はビデオに出てた女の人の動きをまねしながら詳しく話してくれた。

そして「女がさあ、男のチンコ口にくわえるんだぜ」と言い、口を大きく開きながらぼくの股間に顔をちかずけて来た。

ぼくはびっくりして逃げたけど田中は「あれってセックスと同じぐらい気持ちいいって中村の兄ちゃんが言ってたよ。」と言った。

セックスなんて恥ずかしい言葉を平気で言うなんて。ぼくの方が恥ずかしくて顔が熱くなってしまった。

田中はぼくに「なあ、ちょっとやってみようぜ」と言いながら迫ってきた。

ぼくは興味があったけど恥ずかしいし、男同士ですることじゃないと思って逃げ続けた。

しかし田中はあきらめず、床にぼくを押さえつけるようにして迫ってきた。

田中は「おれチンコ立っちゃってるからさ。しこらないとダメなんだよ。だからついでに。ね」と言った。

田中はぼくの上にまたがるようにして、ちょうどぼくの顔の前に田中の股間があった。

「おれのちんこ、中村よりは小さいけど、今勃起してるよ。」

そう言いながら田中はゆっくりとズボンの前を開き始めた。水色のブリーフの前は田中の勃起したチンコの形に膨らんでいた。

そして田中はシャツを脱ぎ、下も全部脱いで全裸になった。

田中は小柄だがスポーツが得意で引き締まった体をしていた。チンコはまだ毛も生えてなくて先まで皮が被っていた。

大きさもまだ10cmぐらいだったが完全に勃起してピクピク動いていた。

田中はぼくの頭を両手でつかむと腰を突き出してチンコを顔に近づけてきた。

あの独特のにおいが鼻を突いて、ぼくは顔を背けようとしたけど田中は力強くぼくの頭をつかみチンコを顔に押しつけた。

田中は「舌出して。すぐ終わるから、お願い。舌出して。」と言ったので、舌を出せばすぐに終わるのだと思って口を開けたらそこへ田中はチンコを押し込んできた。

田中のちんこはその頃はまだそれほど大きくなかったので完全にくわえる形になってしまった。

「あぁ~、いぃ・・・舌で舐めてよ。」と田中に言われぼくは口の中の田中のものに舌をあてた。

田中は腰を前後にふってチンコを抜き差しするようにしていたが1分もたたないうちにぼくの口に射精した。

田中の精液が喉に勢いよく当たったのでぼくが咳き込むと「ごめんね吉岡くん。でもすごい気持ちよかったよ。ありがとう」と言って軽く頬と唇にキスをしてくれた。

そして田中はぼくのズボンとパンツを脱がし始めた。

ぼくのちんこは小さいままだったが田中はそれを口にくわえて舌で舐め始めた。

はじめはムズムズとした変な感じだったがだんだんと気持ちよくなり始め、チンコも大きくなっていった。

完全に勃起したところで田中は口からチンコを出し「吉岡くんのチンコおっきいね」と言うと再び口にくわえてしゃぶり始めた。

やがておしっこが出そうなチンコの奥からこみ上げてくるものを感じ「あぁ、田中くん・・・」と言ったら田中はフェラをやめて一気にしごきあげてくれた。

そしてこの時ぼくは初めての射精を経験した。

名前は一応仮名です。昔のことなので多少の演出はありますがほぼ事実です。

本当はこれ以前に少しエッチな行為がありましたがフェラの時のことだけ書きました。

この後、宿題をやろうと言っては時々田中の家に行き、お互いのものをしゃぶりあいました。

中村や林とも夏休みから関係するようになりました。

田中と林は中学校が違ったので、あまり会えなくなりました。中村はもともと好きではなかったので中村と2人だけで行為をすることはありませんでした。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。