ホーム » ノンケ » 【ゲイ】会社の先輩に夜這いされたノンケの話

【ゲイ】会社の先輩に夜這いされたノンケの話

【体験談】新潟県在住の会社員さんからの投稿。社員寮で暮らす投稿者が飲み会終わりに部屋で休んでいると下半身に違和感を感じる。目を開けるとなんと会社の先輩が自分に覆いかぶさって体を弄っているのだ。大声で助けを求めるも・・・

先輩に夜這いされた体験談

電気関係の仕事してます。

会社の旅行にて宴会で飲み過ぎ自室で休んでいた所を先輩に襲われました。

酔っておかしくなっていたのか又はゲイだったのか冗談では済まない域でした。

僕は泥酔していたので思う様に抵抗もできずキスされ挿入手前まで持っていかれました。

吐き気を忘れて全力で助けを求めました。

それを聞きつけた同僚がドアを開けると先輩はすぐさまズボンを履き僕に布団を被せます。

同僚は部屋を間違えたのかと言い先輩を連れていきました。

その時に自分が男に・・・なんて言えるはずもなく見送りました。

当時、常々男性に抱かれたいという欲求が多少はありました。

それでも僕は女性が好きだったので自分はゲイではないと感じていたんですが旅行後、先輩に襲われたことを思い出してはドキドキしてました。

押し倒された感覚と蹂躙されるであろう未来を肌で感じたあの時のことが忘れられずいつしか抱かれたいと強く思うようになり自身が世間で言うバイ、もしくはゲイであることを確信しました。

ちなみにバイという言葉は腐女子っていう男で言うレズに興奮を覚えるそれの女性版の従妹から教えてもらいました。

ちなみに従妹は僕がそういう性癖であることを知っています。

身近に理解者がいると心強いです。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。